GUYのニュース斬り!

このブログはジャンル問わず、いろんな時事ニュースや出来事に対して、管理人guyが意見や感想、解説等をしていくブログです。


テーマ:

海は人類にとってまだまだ未開の地。

 

地球の大部分を占めている海ですが、21世紀になっても海にはまだまだ、人間に知られていない未知の部分が多くあります。

 

何万年も大昔に絶滅していたと考えられていた生物がまだ生き残っていたり。

例えばシーラカンス

おもしろ生物図鑑よりhttp://do-butsu.com/415/.html

 

生きた化石「シーラカンス」は、1938年、南アフリカで発見されました。

それも、3億5000万年前と変わらぬ姿のまま!とうの昔にすべて絶滅したと考えられていたため、学会および世界は騒然となりました。現在ではこれまでにアフリカ(南アフリカ、コモロ諸島、タンザニア)とインドネシアで見つかっています。

 

広い海には、まだまだ人間に発見されていない生物が多くいるでしょう。

 

 

 

2013年4月5日、南アフリカ沖で1隻の釣り船(漁船)が、行方不明になりました。

 

現地の救助隊が海を捜索し、海底に沈んでいた船を調べたところ乗員の遺体は発見来ませんでした。

驚いたのはその船体に、信じられないほど巨大な生物の歯型が残されていたことでした

海洋生物学者やサメの専門家のチームが少ない手がかりの中で事件の調査を開始。

すると船を襲ったのはメガロドンという可能性が出てきたのだ。

 

上の動画は、以前ディスカバリーチャンネルで放映されたもので、後にフィクションだということがわかりますが・・・

 

 

以下2枚の画像のサメの大きさを比べてみて下さいw

これは合成、フェイクではありません。

 

去年、日本沿岸で獲れたホオジロザメ。5メートル級

 

 

 

 

近年は日本近海にも、ホオジロザメが増えて来ているようなので、ダイビングやサーフィンが趣味な方は気をつけましょう。

 

 

この記事良いネ!いいね!と思ったら、

にほんブログ村 ニュースブログへクリックお願い致します
いいね!した人  |  コメント(0)

guyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります