長所の見つけ方から転職を成功に導く専門家 高貝 浩也です。

 

前回ブログを書いた後、48歳の誕生日を

迎えました・・・もうすぐ50歳目前です。

ラーメンばかり食べるの止めないと・・・。

 

長所の見つけ方

 

といいつつ東京に行ったら、ラーメン食べて

しまいました。↑は飯田橋・つじ田味噌の章。

スープ・麺ともに旨いです、再訪確定かな。

(→ ラーメン止めないのかよ!?)

 

食べ物つながりで?、洋食レストランの

調理担当・Mさんの長所の見つけ方を

取り上げたいと思います。

 

長所の見つけ方

初めてお会いした時から、Mさんには

優しさや謙虚さ、繊細さなどを感じて

おりました。

 

こんな具合で他者からの第一印象も、

長所を見つける上で良い参考になり、

意外と有効なのですが。

 

しかし本格的に長所を探すとなると、

これまでのその人の「歴史」を

聴いていくのが、より効果的です。

 

但し、採用面接みたいに、淡々と

事実確認していくのではなく、ホントに

興味を持って聴く必要があります。

 

※言葉にするのが難しいのですが、

 「気になるあの人の過去を知りたい!」

 みたいな感じで聴くと良いです。

 

幼少期から聴くと更に分かり易いですが

時間が掛かり過ぎるので、Mさんには

高校からの歴史を聴くことにしました。

 

以下、そのやり取りです。

 

高貝:高校時代に力を入れていた事、

良くやっていた事、印象的な出来事など

思いつくことを教えてもらえますか?

 

Mさん:普通科で、部活には入らず、

たまにバイトするくらいで、大したことは

していないんです。勉強もあまり・・・。

 

※「自分は大したことはしていない」と

言う人は非常に多く、半分以上かも。

その認識が覆るのが、面白いんです。

 

高貝:高校卒業して就職することは、

決めていたんですか? 就職に備えて

何か準備したりとかは?

 

Mさん:販売関係のバイトをやって、

多少そっちに興味は持ったんですが、

それ以外、特に準備はしませんでしたね。

 

長所の見つけ方

 

高貝:販売のバイトは、どうでしたか。

やりがいや面白さはありましたか?

逆に大変だったことは?

 

Mさん:スーパーだったんですけど、

言われたことを素直にやってまして。

そしたら褒められて、嬉しかったです。

 

大変だったのは、覚えることが多くて。

時期によって、商品の種類も置く場所も

変わるし。その都度メモって覚えましたね。

 

高貝:褒められて嬉しかったんですね。

それは認められて嬉しかったということ?

あるいは他の要素も含みますか?

 

Mさん:う~ん、どうなんだろう・・・

認められて嬉しいのもあるけど、自分が

レベルアップしたと感じられたのかも。

 

高貝:成長することが楽しかった、

ということのようですね。

 

※感情が出てきた時、理由を掘り下げて

 質問すると、強みや長所を見つける

 ヒントになり易いのです。

 

高貝:商品の場所をメモって覚えた事は

実際に仕事で役立ったのですか?

それは他の人も出来ていたのですか?

 

Mさん:バイトで新人だった頃は、メモが

役立ちましたね。ベテランなら不要だけど。

新人でメモを取らない人は苦労してました。

 

高貝:同じ新人なのに、なぜ、Mさんは

メモを取っていて、他の新人はメモを

取らなかったんでしょうね?

 

Mさん:う~ん、その人は甘くみてたかも。

自分は自信が無いので、上の人から

やれと言われたら、素直にやってました。

 

高貝:Mさんは恐らく、向上心が高くて、

かつ素直な方、だと言えそうですね。

おまけに実行力もありそうです。

 

私は採用のコンサルもやっていますが、

採用企業の殆どが、向上心の高さや

素直さ、実行力を新人に求めています。

 

Mさんはそれらを全部、満たしている。

といっても過言ではないのでは?

それらは長所や強みと言えるでしょうね。

 

Mさん:でも、高校生のバイトですから。

社会人で入社して働くのと比べると、

全然別モノでしょう?

 

高貝:まあ、責任の大きさとか役割とか

違いますけど。向上心や素直さ、

実行力を発揮したのは事実でしょ?

 

Mさん:まあ、そうかもしれませんね。

(と言って、笑顔に。素直な方です。)

長所という実感はあまり無いのですが。

 

高貝:長所の候補は他にもあるかも

しれないし、まだ断定は出来ないので、

社会人時代もヒアリングしてみましょう。

 

(次回に続く)

 

・・・・ということで、社会人時代の

ヒアリングは次回ブログで書きたいと

思います。

 

メルマガでは、長所を見つける為の

ノウハウや、更に具体的な事例など

お伝えしております。

 

 

 

 

 

友だち追加

友達追加の後にスタンプを送信してください。