今回、4回にわたってお届けしてきた

教科書販売のバイトの中で最もキツかったのが

某短大での教科書販売でやんす



前回、《地獄》と書いた中高校の教科書販売より

さらにキツイんでやんすよ、これが!!



そのキツさの理由の1つが学生の多さによる

尋常でない教科書の量でやんす!!



中高校の教科書はせいぜいでワゴン車で2~3往復すれば

辞書があろうが余裕で運べるんでやんすが


短大はそんなんじゃ全然足りず

中型トラックの荷台に山程乗せて、

やっと運べるぐらいでやんす


荷物をトラックに乗せて降ろすだけでも一苦労(-.-;)



さらに何よりキツイのが、販売の時

科目のほとんどが選択制で

学生1人1人、売る教科書が全く違うんでやんす



学生の方、元学生の方は見たこと

あるかもしれないでやんすが


学生から教科書の購入用紙を受け取って

各教科書を1冊ずつ、集めて回らなきゃ

いけないんでやんす!!



歩いて探すと学生に嫌な顔されるし

長蛇の列ができるんで、

販売時間(13~17時)終始小走りで!!



友達同士らしき学生が全く同じ科目をとってるのに

教科書購入用紙を1枚ずつ出された時は、

さすがにキレそうになったでやんすよ



販売後、短大からの帰る途中は、あまりに疲れて

本屋店長の危なっかしい運転だろうが

お構いなしにバイト全員爆睡で

翌日のバイトは人生最悪の全身筋肉痛で

仕事にならなかったでやんす




まぁでも筋肉痛になるぐらい身体動かすと

ひ弱なオイラでも筋肉がつくらしく

想像以上のパワーが勝手に出るもんで


どれほどかと言うと、深夜腹へって、

ラーメン作ろうとタマゴを冷蔵庫から

取り出すと、普通につかんだつもりが

握力でタマゴを割るぐらい
(かなり迷惑な握力でやんす)


オイラ並にひ弱な人が筋力をつけるには

いいかもしれないでやんすよ



春休みにしかこのバイトはないでやんすがf^_^;
AD