ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
ギャスパー・ウリエル;コン・リー;リス・エヴァンス;ケビン・マクキッド;ドミニク・ウェスト, ピーター・ウェーバー
B000S6LHQC




原作を先に読んだ後、DVDの方も観たいと思っていたけど、DVDを観たときには原作の内容を忘れているという、どうにもこうにも,おめでたい性質。。。

ま、過去のことは水に流して。(流しちゃうのかよ!)


ストーリーはともかく、映像も俳優たちもこってり欧羅巴風味で素敵♪
てっきりアメリカ映画だと思っていたけど、イギリス・チェコ・フランス・イタリア合作なんですと。(驚)
俳優たち、特にレクター役のギャスパー・ウリエルやミーシャ役の女の子なんかも、アメリカ人にはない繊細で優美な魅力。


でも、レディ・ムラサキ役のコン・リーにはがっくりしてしまった。
ハンニバルシリーズには、凄惨で残酷なシーンに興味を抱く人もいるだろうけれど、あたくし個人的には、ハンニバル・レクターのインテリジェンスな魅力にぞっこんだったから。

「SAYURI」 でも日本人の芸者役で出演していたコン・リー。
こう日本人役が度重なると、コン・リー=日本女性と思われちゃうのは、ちゃきちゃきの日本女性としては片腹痛いざますわ。
それに、トマス・ハリスの日本趣味がいささか強引で笑えるとしても、やっぱりコン・リーには、大金持ちの日本人未亡人・紫婦人が持つ、優雅さや哀愁や知性はとてもとても演じ切れなかった。

最初から最後まで、メランコリーとかアンニュイではなくて、ただの不機嫌な中年女にしか見えなかったのは、きわめて残念でした。

最初の部分での、ハンニバルの回想シーンは冗漫に長いばかりで、原作を読んでいない人には退屈でわかりにくいストーリーかもしれないし、戦争映画なのかミステリー映画なのか恋愛映画なのか犯罪映画なのか猟奇サスペンスなのか、どれもこれも中途半端な印象。
原作を読んでいたので興味本位で観たけれど、映像の陰影の美しさくらいしか印象にない映画でした。

ああそうだ。

なぜ、ハンニバル・レクター役に、ギャスパー・ウリエルが選ばれたのかなとずっと考えていたんだけど、お耳がね、アンソニー・ホプキンスに似ているんだわ^^;

ただそれだけ、って気もするざますけど。(笑)

まず、原作を先に読むほうをお勧めします。
(って、原作の読書感情文を書き忘れてますけど?)

ううう、やっぱり過去のことはきれいさっぱり水に流そうっと。。。


ああ、さっぱりした♪








AD

ダヴィンチ・コード ☆☆☆☆

テーマ:
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
¥2,050
Amazon.co.jp


今頃、ひとりブームか!?(笑)


書かないうちに内容が忘れそうですが、

画面がやたらに暗かったなあ。

内容からして、ルーブル美術館や寺院のシーンをもっと期待していたんだけど。。。

メイキングビデオの方が絵が綺麗だったなあ。

今回は映画よりも先に本を読んでいたあたくしの想像力勝ち♪ってことで。


一番がっかりしたのは、大富豪のリー・ティービング男爵。

あたくしのイメージでは、レイモンド・バーみたいな貫禄ある人だったんですけど、

なんだかなあ。。。

公園で鳩に餌をやっている淋しいおじいさん的でした。

やっぱり英国人紳士ってのは、痩せたイメージなのかな。。。(←でぶ好き^^;)


って、メモ程度の下書きのつもりが長くなっちまったんで。

まっいいか。

AD

たそがれ清兵衛 ☆☆

テーマ:


http://homepage3.nifty.com/TakaHome/




たしか、この本の感情文をついこの前書いたよな。

と思って過去記事を探してみると。。。

http://ameblo.jp/gutapy/entry-10004458489.html


うううう、なんと2年も前だった!

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

ついこの前なんて思っていた自分が恐ろしい。(汗)

お年寄りの会話って、「ついこの前。。。」とかが多くて、「ついこの前っていつ?」と訊くと、

たいてい「ええっと、5年前だったか10年前だったか」という答えが返ってきてたっけ。。。(滝汗)


というわけで、またまた前髪が長くてごめんなさい。

今週こそ美容院に行こう行こうと思いつつ。。。って、おいっ!

というわけで、またまた前置きが長くてごめんなさい。
(検索でいらっしゃった真面目な見知らぬ方々、ごめんなさい。ここって、こんなブログなんですわ^^;)


で、けっこう話題作でしたよね、この映画。

藤沢周平原作。

山田洋次監督。

真田広之、宮沢りえ主演。

とても評判がいい作品で、ずっと観たかったのに期待はずれでした。

やっぱり映画って、そのときのノリ(前評判とか宣伝とか)で見ないとダメなのでしょうかね。
まるで厚化粧が剥げたあとの中年女みたいでした。

まず、冒頭から岸田恵子の声を聞いた途端にげんなりしちゃって。。。

個人的な好みもあるのかもしれないけど、岸田恵子とか吉永さゆりとか、ナレーション能力もない大女優をどーんと持ってくるところがまずあざとい^^;。

どうもこの映画、内容よりも被せ物(原作者とか出演者とか宣伝とか)で見せている気がして、山田洋次監督の計算高さが見えました。

藤沢作品といっても、原作とまるで違う話だし、これなら何も藤沢周平の名前を出す必要もないほど改変。かといって、藤沢作品に拘るのなら、もっと良い作品もだくさんあるのにと思います。

暗い画面は、昔の黒沢作品のパクリみたいだし、なにしろ暗すぎて誰が誰やらわからなかったり。(笑)

今までにない時代劇の視点で撮ったのはわかるけど、貧しく悲惨な時代をことさら局部的に見せて、いったい何を訴えたかったのか。

今の豊かな日本に感謝しろという意味なのか。

それとも、こういう時代を参考にして反省せよという意味なのか。

現代にも通じる侍=サラリーマンの図で、視聴者の共感を得ようとするのは、なんだか武士の風上にもおけないあざとい方法ではありませんか。

あ、監督は侍(サラリーマン)じゃなかったでがんす。(笑)



松竹ホームビデオ
たそがれ清兵衛
AD

赤い風車 ☆☆☆

テーマ:








トゥールーズ・ロートレックの絵と言えば、最近はゴッホやセザンヌなどよりも、気軽な感じで人気がありますね。

つい最近、BSでやっていた映画「赤い風車」
観た方もあるのではないでしょうか?

この作品は1952年アメリカ映画だそうです。


テレビを何気なく観ていたら、巴里の踊り子がカンカンを踊っているシーンで、内心「これはロートレックの絵のパクリやわ!」と思ったら、この映画が当の本人ロートレックの自叙伝的作品だったんですね。(笑)

この映画では、ロートレックが自分の身体障害コンプレックスのために、いつも恋を諦め、相手も自分も傷ついて、だんだん酒に溺れて、ついに若死(享年36歳)してしまう生涯を描いています。

あたくしのイメージでは、ロートレックはもっと明るく無頼なイメージだったのでちょっと残念。

それにしても、ロートレックの絵に出てくる人物にそっくりな人間たち(俳優たち)をよく集めてきたものだと感心しました。特にロートレックと踊り子の恋人マリィはそっくりです!
ただ残念なことに、マリィ役の女優にまったく魅力がありませんでした。

55年も昔の映画だから古典的で致し方ないにしろ、俳優たちの台詞まわしも、泣きたくなるような棒読み的な喋りかた。(泣) 昔はマイクの性能が悪いから、俳優たちは声を張り上げるしかなかったんですよね。
字幕ではなくて、吹き替えだったらもっと良かったと思います。
(それに戸田奈津子大先生の迷訳のおかげで、すっかり字幕トラウマになってしまったあたくし^^;)

それはともかく、この映画はロートレックの生涯を忠実に再現した作品のようで、ロートレックが数学的記憶力に優れていたこと、ムーラン・ルージュやマキシム・ド・パリはロートレックの絵のお蔭で一流店になったこと、ロートレックは、生きているうちにルーブル美術館に収蔵された初めての画家であったことなど、初めて知るエピソードが結構ありました。

そもそも、ロートレックは人間たちを人並外れて醜くことで有名で、映画の中でも、「絵を描いてあげようか」というロートレックに対して、「あんたは醜く描くから嫌だ」みたいな台詞があった気がするけど、その理由は、人間の内面をえぐり出す才能に溢れていたなんて云われてますよね。


おおお、さすがロートレック!


と今までは素直に同感していたんですけど、この映画を観てちょっと考えが変わりました。
人間の内面云々なんていうのは、後世の評論家か誰かがつけた穿った物の見方なのかもしれないと。

ロートレックの絵のモデルたちの醜さは、自分自身の身体を醜いと思っていたコンプレックスの裏返しだったのではないでしょうか。つまり、自己を投影していたか。もしくは、美しい者は描きたくなかったのかもしれないと。。。


「ぼくは都会を描く画家です」

享楽と退廃の画家といわれたトゥールーズ・ロートレック。

この映画はロートレックの光と影の哀しい影の部分を描いています。



関連記事:

ロートレック
ムーランルージュ


ファーストトレーディング
赤い風車
マティアス アルノルト, Matthias Arnold, 真野 宏子
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック


トランスフォーマー ☆☆☆☆☆

テーマ:








まず画像ありきの「画像を愉しむべき映画」なので、こじつけっぽいストーリーには興味がなかったけど、意外や意外、高校生のサム少年を中心に初恋あり、友情あり、ユーモアありの大傑作でした。


アメリカ軍の全面協力もあったそうですが、アラブの砂漠やペンタゴン内部での政治的な場面と、主人公の少年が住む庶民的な環境との対比も素晴らしく、このふたつがどうやって繋がっていくかという過程も面白かったです。


1971年型黄色いカマロやデコトラがトランスフォーマーに変身する場面は本当にかっこよくて、CGだとわかっていても不自然さをまったく感じさせません。その上、トランスフォーマーたちが人間よりも緻密に動き回るアクションなんざ、ロボット好きのあたくしにとっては、もう大興奮の極致で、機械油汗が滴っちまいました。(笑)

こんな、おもちゃ箱をひっくり返したようなハチャメチャな目にも止まらない場面は、スピルバーグ映画の醍醐味ですね。


観終ってみて、この映画はアメリカの愛国心そのものだと思いました。

映画の中の駐留軍のシーンは、現在進行中の現実の戦争を彷彿とさせ、最新の軍用機やマシンで戦争の是非や悲惨さよりもかっこよさを徹底的にアピール。

多分にプロパガンダっぽいのが気になるところだけど、長引く戦争で、アメリカ国民からもブーイングの世情をよく反映していて、これって、ブッシュが蔭で手を廻したんじゃない? 
この映画にコロッと騙されて、アーミーに入隊しちゃうバカモノ、じゃなかった、ワカモノも結構いそうですわね。

一方、トランスフォーマーに使われた車はほとんどがGM車。(笑)

これがトヨタやニッサンだと、興行収入にも多少影響してくるのかも^^;


さてさて、キャストの方はと申しますと。。。

主人公のシャイア・ラブーフ     

高校生という中途半端な年齢で活躍できる男優というのは本当に少ないのですが、役柄にぴったりでいい味出していました。


ガールフレンドのミーガン・フォックス

初め見たときは、いかにもアメカジブランドのイメージガールのモデルみたいだし、どうみたって高校生には見えないだろ!と思ったけど、だんだんしっくりしてきました。最後は髪振り乱しての大アクション。

レイチェル・テイラー

これもねえ、絶対場違いな人選で。どの映画にも必ずこういう感じの”大抜擢”されちゃったみたいな女優がいるよなあ。。。と思っていたら案の定、スピルバーグのお気に入りみたいです。(苦笑)


ジョシュ・デュアメル

めちゃめちゃカッコイイ兵隊さんです♪

というわけで、でぶ症のあたくしが映画を観に行くなんざ、よっぽどのことなんざます。

それだけ観たかった映画でもあり、期待以上の素晴らしい映画でした!




トランスフォーマー公式サイト



トランスフォーマーG1キャラクター大全集―トランスフォーマー生誕20周年記念 (別冊宝島 (996))
Chris Sarracini, James Raiz, 石川 裕人
トランスフォーマーアルマダ (Volume1) (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)