読書感情文日記


ご無沙汰しております。

ぐたぐたしている間に一年経ってしまいました。


ぐたピー失踪の件でご心配おかけしまして申し訳ありません。

アメブロのスパムコメント、いまだ健在なんですね。

ご迷惑をおかけしました。


Comming soon.......I hope.




必殺管理人・ぐた



AD


 


3種の神器(どれがどれやら、よく間違える・・・汗)

これにiPhoneが加わると4段重ね弁当箱みたいになるのでiphoneは買わないざます。(←見栄^^;)

てか普通の携帯電話も使いこなせてないし(大汗)



「最近ぐたさん見かけないけど、どこ行っちゃったのかしら?」

「今年のバケモノ大会はやけに長いわねえ」

「ま、ぐたがいないと靜かでいいし」


時の砂で遡ること約2週間前。。。


「ぐたちゃん、出発の準備はええか?
バッグは?お財布は?化粧品は?」

「持ちましたわっ!」(DSだけは肌身離さず)

というわけで、丸々2週間どっぷりとバケーションゲームをしていたあたくし。

妖精の森も行ったでしょ。

ラインハット城、グランバニア城、メダル王の城、天空城も行ったでしょ。

ギャンブル場だって3ヶ所も行ったし、小さな村や島や洞窟だって、世界中制覇しちゃったもんね♪

馬車に乗り船に乗り魔法のじゅうたんにも乗っちゃったし。(笑)

世界中の名産品もたくさん集めましたの。

いやあ、さすがドラクエですわ。

凝りに凝ったゲーム展開は本当にめんどくさくて素晴らしい♪

DS版だけど、グラフィックもなかなかのものでした。
全般的には、初心者向けっぽく簡単なゲーム展開や誘導だったりで、アイテムや戦闘のゲームバランスなどもかなり悪いんだけど、あまりストレスを感じずにのんびり進めることが出来ました。

お約束の号泣シーンでも一応うるうるしたし。

ラストシーンのセリフも良かったし。(再うるうる)


結婚相手はデボラ。

「あんたってよく見ると小魚みたいな顔してるのね。小魚は身体にいいし嫌いじゃないわよ」
というセリフが笑えたのでプロポーズしたんだけど、性格が悪いし人を癒す力(ベホマ)がないのは痛かった。

昔は10時間クリアとかに挑戦したものだけど、今はのんびりゆっくり、スリープ機能もついているので居眠りしながら67時間32分でクリア。
あ~のんびりした~♪(ゆとり世代。。。てか?)

さあてと、オリンピックでも見ようかな。

え?もう終わっちゃったの!? いつの間に!?(号泣)





ドラゴンクエストV 天空の花嫁
B000UTI27E












AD
ドラゴンクエスト5





1992年 ドラゴンクエストV 天空の花嫁 発売!


あれから16年の歳月が流れ。。。(遠い目=老眼)
でもまあ、あたくしったらちっとも歳をとらないわ♪(精神年齢だけは)

あのスーファミが手のひらサイズになろうとは、いったい誰が想像しただろうか。



ところで、DS版ドラクエ5はタッチペン方式じゃございません。
いつでもどこでもタッチペンで涼し気な顔をして優雅にゲームが出来るのでDSを買ったのに、

まさか妙齢のオバサンが、DSを固く握りしめて前後左右に振り回している姿は絵にもならず。。。

これだったらPSPでもWiiでも良かったぢゃんっ!

(結局、どっちも欲しいだけ^^;)

DS版ドラクエ5購入に際してはいろいろ迷ったものの、スーファミ版ドラクエ5は、ストーリーの素晴らしさに号泣した記憶があって、今回もついつい買ってしまった。

音楽はもちろんのこと、登場人物の名前もモンスターもみんな同じで懐かしい!

けれどもやっぱり、この壮大なストーリーをまた繰り返すのかと思うと

始める前からいささかうんざりして、やっぱり歳の流れを感じてしまうあたくしなのざます。

とはいうものの、一度はプレイしてみないと気が済まなかっただろうから仕方がないけれど。


よく考えてみると、このソフトはスーファミやPS2を知らない世代向けに、コスト節約も兼ねてリメイクしただけなのに、懐かしさについ飛びついて任天堂の戦略に見事ひっかかってしまったかしら?(汗)

あ~あ。歳をとるってことは、単純にゲームを娯染むことも出来なくて、余計なことばかり頭に浮かんでしまうものなのざますわね。

神様、どうかあたくしを16年前にリセットして下さいませ。










ドラゴンクエストV 天空の花嫁
B000UTI27E












AD

誘惑の暑い罠

テーマ:

多くは語る暇がありませんが、突然大変なことになっちゃってるんです!


気になりながら、これまでずっと避けてきたのに。

だから若い男は嫌だって言ってるのに!
昨日から家庭をほっぽらかして何も手につかない状態で。

罪悪感でいっぱいだけど。。。(泣)


ああ今日もまた、彼が呼んでいる!
誘惑の甘い罠♪ ワナワナワナ(((( ;°Д°))))ワナワナワナ




































































どてっ!(転)



プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX
ウェントワース・ミラー
B000NIVJ04





誰ざますっ!?

こんなものを家に置いて行くのは!!!


(頑固なわりにミーハーなので落とすのは簡単)



たしか、冬ソナの時もそうだった。

しばらく帰って来なかったよね、韓国から。。。

嘘嘘!韓国には行ったこと無いってば!

(危うく行きそうにはなったけど^^;)




注:軽~い気持ちで観始めるのは止めましょう。

  このDVDを見る場合は、3日分の食糧が必要です。(命がけ)

  面白すぎて止まりません。(いまさらマイブーム^^;)

  











  


 ジャ~ン!バーキンでっせ♪





てなわけで、昨日のお仏蘭西三昧の続きなのですが。。。

シャルロット・ゲンズブール の身元調査から、話は母親のジェーン・バーキンに移り、なおかつエルメスのバーキン誕生秘話に移ったところ。。。

「ふ~ん、ほなフランスに旅行に行ったつもりと思えば、そのバッグが買えるんとちゃう?」

ちゃうちゃうちゃうちゃう~!!!!

いったいこの男は。。。って、ぐた夫ですけど。

エルメスのバーキンをなんと心得る!

頭が高~い!

腹がでか~い!

まったく、世間知らずで困りますわ、このとっちゃん坊やは。(*^. ^*)オホホホ!
バーキンがいくらすると思うてんねん、ボク天然? ひゃほ~っ♪

ええっと、この秘話をご存じない方のためにご説明いたしますと。

むかしむかし、

ジェーン・バーキンが飛行機に乗っていると、隣りの席のおっさんが、彼女のぼろぼろのとうが立った籐のバッグをじろじろ見ているんですと。

「そりゃあね、このバッグは別名、ごみ籠とも呼ばれてますけど(ほんとかよ!?)、何でもかんでもいっぱいごちゃごちゃ入れたって、丈夫で壊れないすぐれものなのよ!」

と言い訳すると、

「失礼ですが、私にあなたの為のもっと丈夫なバッグを作らせて貰えませんやろか?」
と懇願するんですって。

(なんやねん、このおっさん。胡散臭いわぁ。。。)

「ほんまに、私の希望通りに作ってくれますのん?」

「勿論ですよ、あなたの為だけに作らさせて貰いまっさ」

「ほな、お願いするわ。 ところで、あんさんはどなたはんどすの?」

「創業1837年、馬具でおなじみのエルメス屋の旦那だす」


てなわけで、
「なんや気前のええおっさんやな」と感心したけど、後々考えてみれば、バーキンの為にと言ったって、ケリーバッグにそっくりやし^^;。 
そして、このバッグをちゃっかり全世界で販売し、その売上高たるや、たぶん物凄いに相違なく。
海老で鯛をつって、その鯛を元に鯛焼きのクローンを作り出したようなものなのざます。
ふっふっふっ、お前もワルよのう、エルメス屋。




注:よいこのみなさん、必殺管理人★ぐたさんの話は信用しないように!


さあて、今年の我が家のバケもの大会は。。。

また常磐ハワイセンターかなあ。

このくそ暑いのに暑いとこへ行くって。。。(大汗)

それとも、エルメスのエコバッグでも買おうかなあ。(いらんわっ!)