浅田次郎作品は読まず嫌いである。

読んだ事もないのに遠目で見て外見で判断して悪口を言ってみるのは、あたくしの得意とするとこ^^;

そもそも、この手の「泣かせ屋」的オヤジ連は生理的に大嫌い。

さだまさしとか武田鉄也とか島田紳介とか秋元康とか。。。
いい話をして人を感動で泣かせて自分も泣くのが、いかにもいい人みたいだけど、
(俺ってすごいだろ?いい人間だろ?)って内心ほくそえんでいるのやもしれず。
それに揃いも揃って、むくつけき中年おやじばかりというのは、どういう魂胆なわけ?

と思いつつ、いつも誰よりも号泣するのはあたくしざますけど。(笑)


で、たぶんその一味だと思われる浅田次郎の「勇気凛凛~」が、3ヶ月くらい寝室に置いてある。
とにかくこの本、ピンクと黄色と浅田次郎の似顔絵のこの装丁がまた気持ち悪い。

見るたびに不快である。

ぐた夫は本を読むのが遅い。

何故ならば「日本語は縦に書いてあるやろ。俺の目は水平についてるやろ。読みにくいねん」

ほうほうさよですか。

では英語の本やアラビックの本とかなら読むのが早いわけね。。。

ぐた夫に、この本を早く何とかしてくれと苦情を言うと、「おもろいで」の一言。
ただそれだけ???
そもそも、どこがどういうふうにおもろいのか説明できるような男じゃないんざます。

でも、彼が「おもろい」と言って面白くなかった本は一冊もなかったので、しぶしぶ読んでみた。


なんとも上っ調子でテンションの高い文章。

これは売れに売れている作家(直木賞受賞当時)特有のはしゃぎぶりとして仕方がないにせよ。
泣かせ親父たちに共通しているのは、外見に似ず感傷的であること。

ロマンチストであること。

そのくせ妙に計算高いこと。(笑)


しかし、面白い。。。(憮然)

何が面白いって?

ううう。。。

まあ騙されたと思って、読んでごらんあそばせませよ。

(似た者夫婦である)














































とはいうものの、やっぱりこの装丁は生理的に受け付けないので、うんと遠くに貼っとこうっと^^;




勇気凛凛ルリの色―福音について (講談社文庫)
浅田 次郎
4062730626








AD
princess

よんどころなき姫君ですが、なにか?
(*^. ^*)オホホホ!


前回の「やんごとなき姫君たちの寝室 パート1 」から、「処女性」という本来の話題に戻させてもらうと、姫君たちの寝室⇒結婚⇒処女性ということで、今古今東西、結婚にまつわる儀式や風習は、人生の中でもひじょうに重要視されている。
そのために奇習に思えるような風習は現代でも残っていることが多い。

ちょっと紹介すると、次のようなものである。

インドでは、夫が死ぬとその妻も殉死する風習があった。名門では家名を重んじる為に、いやがる妻をむりやり殉死させる例もあったという。

殉死の例も、エジプトを中心として、特にアジアの国々では、中国、日本も含め珍しいものではない。

奇習の中でも、もっとも罷り通っていたのは、某とらさん も述べていたように、領主や聖職者による初夜権行使である。
初夜権というのは、新郎に代わって新婦の処女を奪う風習で、これはヨーロッパに限らず、どの国の地域でもあったようだ。


その理由は、処女は汚らわしいだの、悪魔祓いだのというものだが、もちろんこれは男性が後から取ってつけたへ理屈であり、単に好色男の言い訳にすぎない!と大年増のあたくしは見ている。(爆)


身近な例では、日本の花嫁衣裳の角隠しや、中東における女性のヴェールなど、あれは宗教的な意味合い以前に、他の男性に自分の妻を見せるもんか!という単なる独占欲の表われであり、あとから宗教的な大義名分をつけたに過ぎないのではないかと思うのだけど、いかが?(笑)

そして、これまた世界中で共通している常識は、「男の浮気は許されるけど、女の浮気は許されない」

許されないんじゃなくて、許さないんだろ!と、突っ込みたくなるような常識である。(爆)

その理由は何かと考えたら、多くは「男尊女卑」に尽きるのではないか。

宗教史を紐解くまでもなく、女性は昔から男性にとって隷属的な存在であり、性や出産など、下半身の問題ぬきには考えられなかった。そのために起こるさまざまなトラブルを回避するために、ことさら結婚の儀式や掟は厳しく、それが奇習につながったのではないかと思われる。そして、この現象は国や宗教を超えて、現代でも今なお世界中に残る、人間関係のおおもとの問題なのである。

しかし、文化的に成熟していない社会においては、強姦や浮気は即、血縁の乱れにも通じ、奇習を以って、結婚生活(新婦)を守るすべがなかったのであろう。

そしてこういう奇習を設けて、これだけ苦労して結婚したのだから、安易に別れたりしないように、結婚生活を大切に送るように、という戒めでもあったに違いない。
逆にいえば、これだけのことをして縛り付けなければ、人間はとんでもねえことをしでかすもんだ!ということでもある。(爆)

現代のアメリカや日本のように、安易に結婚や離婚が出来てしまう国は、はたしていいのか悪いのか。。。
ま、それは各自の判断に任せます。(笑)





確かにジャケ買いしたい本ばかり^^;。
アヘアヘ♪


*ごめんなさ~い! この本は読んでいません^^;。
読んだ方はぜひ感想くださいね♪

桐生 操
やんごとなき姫君たちの秘め事

桐生 操
愛と残酷のギリシア神話
麗しき貴婦人たちのスカートの下―愛と性の歴史トリビア
桐生 操
エリザベート―血の伯爵夫人
桐生 操
本当は恐ろしいグリム童話
桐生 操
ラ・トラヴィアータ―運命の愛の物語



b-red

AD
princess





←可愛いなあ^^、アヘアヘ♪
 まあ、あたくしには負けてるけど。
 (*^. ^*)オホホホ!




手当たり次第の本棚 の某管理人とらさんと、
ジャンヌダルクに関する記事 で、中世ヨーロッパにおける「処女性」についてのお喋りの最中に、ふとこの本を思い出した^^;。

桐生操の本の感想は以前にも書いたことがある(迷宮への招待・世界史15の謎 )ので、懲りているはずなのに、やっぱりタイトルと宇野亜喜良さんの装画に惹かれて手を出してしまった。(笑)

ここでちょっと、桐生操のプロフィールを紹介しておく。

<女性二人の共同ペンネーム。
ともにパリ大学(ソルボンヌ大学)に留学、フランス文学および歴史を専攻。
帰国後、共同執筆を開始。西洋史を中心に、歴史の知られざるさまざまなエピソードを値紹介し、好評を得ている。>角川文庫より抜粋


「やんごとなき姫君の寝室」は、姫君シリーズ第3弾として、主に中世ヨーロッパを中心に、色々な文献から拾い集めてきた逸話の宝庫である。

というと聞こえはいいのだが、知識がだだっ広く浅いものだから収拾がつかずに、ただのゴシップ芸能雑誌みたいになってしまっているのが残念。


古代では当たり前の”花嫁オークション”
ルネサンスの珍妙な不妊治療法
ダ・ヴィンチもやっぱりパスタ好きだった

ナポレオンのグルメ嫌いが町に高級レストランを生んだ
やんごとなき貴婦人たちの”毒舌合戦”
十字軍遠征はキリストの記念品ほしさに始まった?
女好きなフランス兵とナポリの女が広めた梅毒

本のタイトルもさることながら、目次のタイトルだって、ゴシップ誌も顔負けなのである^^;。

まあ、これだけの歴史のこぼれ話を集めるのも大変だっただろうけれど、断定的に書いた記述が多かったのも「見たんかいっ!?」と気になるところ。(笑)

相変わらず、桐生操さんたちは、メディウムに徹して、著者としての声がまったく聞こえてこないところも今回は裏目に出て不満が残る。なんだか手抜きの感が否めないのだ。

歴史に興味があって、勉強した人が気休めに読むには楽しいかもしれないが、興味本位で読み始めちゃって、これらの内容を真に受けちゃうのはちょっと危険な香り^^;。

でも、これを読んでから、歴史に興味を持ち勉強を始めるひともいるかもしれぬ。(かよっ!?)


おおっと、残念ながらちょっと長くなってしまったので、後半へ続きます^^;。


☆☆

桐生 操
やんごとなき姫君たちの寝室
桐生 操
やんごとなき姫君たちの秘め事
桐生 操
やんごとなき姫君たちのトイレ b-red
AD

雪のなか ☆☆☆

テーマ:

snow








立原正秋は究極の美意識を追求した作家である。

不倫というか、よろめきというか、男女のどろどろした恋愛を独特の美意識で美しくラッピングしてしまったのが立原せんせである。

単なるよろめきだけではない、静かに揺らめくなにかが、いつも似通った男と女の物語の底にひっそりと息づいている。

そのなにかとは、

美だったり、知性だったり、快楽だったり。。。

僕たちの恋愛は、そこらへんの浮気や不倫とはちょっと違うんだぜ。

傲慢さにも似た美意識。

貪婪な美意識に対する自信と確信。

繊細でありながら、そんな力強さと頑固さが立原正秋の魅力だった。

自分とは程遠い、大人の男女の恋愛の世界に憧れがあったあの頃。

年齢を重ねるということは、

若い頃に見えていたものが見えなくなったり、

いつの間に見えてくるものがあったり。。。

立原正秋が描く

男の狡さ、エゴイズム、我儘。

見たくなかったものが、いま見えてくる。

男の気持ちが作り上げた理想の恋愛。自己陶酔。カタルシス。

見えなかったものが、ゆらゆらと文章の間から滲み出てくる。

美しい言葉をまとった生臭い恋。

あの頃見えていなかったのは、自分の中の女心だったんだ。

そして年を重ねて、作家の才能に騙されたと気づかされたいま、

私は失恋したようだ。

立原正秋というニヒルな男に。。。

平凡な恋などない。

誰だってそう思いながら恋をしているのだ。

*関連感情文 春の鐘 ☆☆☆☆

著者: 立原 正秋
タイトル: 雪のなか
coat

私が受話器をとってまず

「診療所」と告げる声が、
人の耳によっては
「死んじゃうよ」と聞こえるらしい。



タイトル通り、「ほんとにこの人、医者でだいじょぶかしら」
と読者を不安にさせるような書きっぷりが良い(笑)。

アレルギーの持病を抱え、身体も弱く、気も弱く、名医でもなく、
赤ひげ先生でもなく、せこいところもある開業医の日常生活を綴った
エッセイです。
医者だって、普通の人間なんだな~と嬉しくもあり、不安でもあり。

淡々と生真面目に語るユーモアも可笑しいけど、随所に医者としての知識や所感も散りばめられていて、結構役に立ちます。


☆☆☆☆

著者: 森田 功
タイトル: やぶ医者の言い分 b-blue