作家とは、言葉を自由自在に扱う言葉の魔術師ざます。


特に、久世光彦や向田邦子などのテレビ業界出身の作家連は、言葉遣いに実に鋭敏。

限られた時間枠の中で、いかに凝縮された言葉で表現すべきかを熟知していたからに違いないけれど、こういう職業の人たちは、言葉を読ませるのではなく、言葉を見せる商売ですから。
昭和の「叩き上げ」、そんな言葉が似合うお二人も、もう鬼籍に入ってしまった。

この本を読むと、いかに多くの言葉が月日と共にフェードアウトしていったかがよくわかる。

古い言葉や表現のほうが良かったと嘆くのは、どんな時代でも、<お年寄りの主張>なのだけれど、置き換える言葉が見つからないまま消えていってしまうのは、人間の感性や感覚も共に消えていくような不安にも繋がるのではないかしら。

<要はそれを見た人が、『恥ずかしそうに』という言葉で感じるか、『きまり悪そうに』感じるかなのだ。
感じるときに、まず言葉は選ばれる。
次に、それを人に伝えるときに、もう一度選ばれる。
えてして私たちは、言葉というものを伝達のためだけのものと考えがちだが、実は多くの場合、言葉で感じているものなのだ。>

そういえば最近、「恥ずい~!」という感覚はあっても、そんなことを言ったことに対しては「きまり悪い」とは感じてない様子だし。(笑) 言葉ってそんなもの。
「恥ずい~!」を恥ずかしいとも思わず連呼している若者たちも、50年後には、「今どきの若けえもんは、「恥ずい」って言葉も知らねえんだぜ!まったく情けねえなあ」と嘆くに決まってる!(笑)

<(中略)そうやって平気で、コーラの缶みたいに言葉を道端に捨てたり、当用漢字を減らしたりしていると、そのうちにこの国の人たちは、みんなおなじ言葉でものを感じ、同じ言葉でしかそれを表現できなくなる―――これは恐ろしいことである。>

ノスタルジーの意味も込めて、やはり失われゆくものへの愛着と焦りは消えない。

でもね。言葉というものは何千年も何万年もこうやって変化をとげて進化してきたのだと思うのですわ。


なにはともあれ、(←こんな言葉も口に出しては言わなくなりましたよねえ^^;)

ひとつの言葉が死んでも、また新しい言葉が生まれてくる。

それとも、新しい言葉(=感性)が生まれたから、古い言葉(=感性)が消えちゃったのか。
そうやって言葉はどんどんふるいにかけられ淘汰されていく運命なのざます。
そして生き残った言葉たちが洗練されているかどうかは別として。。。


そもそも話し言葉なんてのは、いかに簡単にてっとり早くわかりやすく相手に伝えるかが重要なのだから。久世さんのおっしゃる通り、言葉は感じるものでもあるけれど、言葉は目に見えるものだとも思うのざます。(そういや、今どき、ざあます言葉を使うおばちゃん達もいなくなりましたわねえざます^^;)







ニホンゴキトク (講談社文庫)
久世 光彦
4062645734





編集後記

今月はお仏蘭西三昧だったり、FBIも顔負けの科学捜査にたいするレポートを書いたり、かと思うと、こてこての昭和時代にぼ~っと没頭したり、世界を股にかけて(勝手に)忙しいぐたさんざます!
さあてと、今度はどこへ行こうかな♪












AD

「脳」整理法 ☆☆

テーマ:

最近はTVで大活躍の茂木健一郎先生。

脳の整理法よりも、あのもぢゃもぢゃ頭はなんとかならないものかと常々思っておりますが、

このちくま新書の裏表紙を見てびっくり!
野口英世かと思ってしまいましたわ。(笑)

とにかく、面白い写真だから覗き見してきて下さいまし^^;。

そもそも、東大出は頭が良すぎて、脳から脳味噌がはみ出てることを忘れてた。

(そうか、脳味噌がはみ出てるから、もぢゃもぢゃ頭なんだ!)
科学者に何かを理路整然と説明しろという方が無理なのであるという事を忘れておりましたわ。

科学者の脳内は複雑怪奇なのだから、脳内の専門知識を総動員したくなるに決まってる。

シンプルな分かりきったことを、難しい言葉の羅列だけで、一冊の本になってしまうなんて。。。


ま、とりあえず。

「名前だけでも覚えて帰ってください。。。」


<セレンディピティ>(Serendipity)

18世紀のイギリスの作家、ホラス・ウォルポールによる造語で、

「偶然の幸運に出会う能力」と訳されることが多いんだそうな。

セレンディビティだのエランヴィタールだのクオリアだのニューロエコノミックスだの、

「なんか言ってることがよくわかんない」(笑)

最近の新書によく見られる、本のタイトルと内容のギャップが激しい部類の一冊。
だから「脳」整理法という題名に釣られて読んでも、脳が混乱するだけざます。
まず、新書ありきで、ただただ字数を埋めるために書かれたような内容に失望しました。

その上、話はあっちこっちに飛ぶし、どうもテキトーに思い浮かんだまま書いたご様子。
やっと、まともに纏めたのは最終章になってからで、つまり、この本は、目次の見出しと第10章だけを読むだけで充分なのざます。

なんのことはない。

あとがきでは、こう述べている。

<本書は構想の段階では、脳の使い方についてのノウハウ本になる予定でした。
それが、筑摩書房の増田健史さんと話しているうちに、いつの間にかこのようなかたちになりました。>

とさ。


ちょっと読者を愚弄していませんか?




茂木 健一郎
「脳」整理法 (ちくま新書)



編集後記

裏表紙の写真はわざと野口英世に似せて撮影したそうです。

そりゃそうだろわい。(笑)

しかし、よく似ています。

この姿でものまね大会に出てきて欲しい。








AD







山本夏彦は顔見知り程度である。
と言っても現実にじゃなくて、あたくしの中のバーチャルな読書世界でのこと^^;

あちこちのコラムやエッセイで時折見かけるものの、書いてある内容がネガティブというか不平不満や文句ばかりで、わざわざ本を買ってまで読むほどの興味がなかった。
辛口コラムニストなどと云われているけど、単に年寄りの「我儘」と「言いたい放題」に過ぎないなあと。。。


ところが、「何用あって月世界へ」というタイトルと単行本のシンプルな装丁になんとなく心魅かれて読んでみた。


<犬を鎖でつないでおくと、放してくれと泣き叫ぶから、放してやると狂喜してとび出すこと矢のようだが、考えてみれば犬に急いでいくところなんぞありはしない。>

ふむふむ、なるほどねえ。

鋭い!(笑)


山本氏が数年前に87歳で亡くなったと聞いたとき、一抹の寂しさと共に、これで、やっと山本作品を抵抗なく読めると安堵する心理はなんだったのかしら?

失礼ながら、故人だから微笑ましく読める。


それは、生前さんざん週刊誌を賑わせて、今の細木数子的存在のような扱いをされていた、元祖女帝芸能人、美空ひばりが、亡くなってから、あたかも神話の女王のように崇め奉られていたり、「そりゃいかんぜよ!」以降、なんとなくパッとしなくて本当に「こりゃいかんぜよ」状態だった夏目雅子が、亡くなった途端に、天逝の大女優として映画界に大打撃を与えたかのような報道をしていたマスコミと同じ心理?

いえいえ、そんなこたございません。


あれだけ言いたい放題だから90歳近くまで長生き出来たのよね。と、憎まれ口のひとつも叩きたくなるほどの小憎らしいジジイだったけど(笑)、じっくり読み返してみれば、肌で感じた大正・昭和を筆一本で描き表わせることができる貴重な存在だったし。

<ちやほやされるのは、幸福に似て不幸である>

ニヒリストと言われるその根底には、劣等感や心の傷や気の弱さが見え隠れする。

山本氏は、太平洋戦争を挟んで、過酷な時代を生き抜いてきた世代の鬱屈や哀しみの代弁者でもあった。でも代弁者であったにも拘わらず、それを意識していたのかどうか。。。

世の中に背を向けていても、作家として人生を全うすることが出来た恵まれた人だったと思う。

人は死んだら仏さまになる。

何も死して大仰に崇め奉られなくても、人びとの心の中に、苦笑いや微笑と共に、ひっそりと懐かしまれる人生があっても素敵だなと、月を見上げて思うのでした。


<何用あって月世界へ? 

 月はながめるものである。>






山本 夏彦, 植田 康夫
何用あって月世界へ―山本夏彦名言集

AD

七つの怖い扉 ☆☆☆

テーマ:




直木賞を初めとして、さまざまな文学賞を受賞した人気作家たちによるアンソロジー。
最近、出版社の陰謀で(笑)、やたらとアンソロジーが多いので、どれを読んでも驚きや感動が薄くなってしまうのがとても残念。せっかくの錚々たる有名作家たしのミステリ作品も軽く薄く、短篇の中にこそ作者の力量が問われるなんざあ、とっくに過去の話なのかもしれない。

というわけで、じっくり愉しんで読むには程遠く、いささか勿体無い気もするんだけど、旅の恥は読み捨て(おい!)ではなくて、旅行の移動中にさくっと読むとか、パックをしながら15分以内に読むとか、スタバで抹茶ラテを飲みながら読むとか、トレッドミルに乗りながら読むとか、リゾートホテルのプールサイドで読むにはいいかもしれない。
なあんて言うのは、作品にとって失礼かもしれないけどねえ。。。(複雑)


阿刀田高 「迷路」
この人の作品はいつも俯瞰的で、つきはなして無感情に語るところがいいなあ。
あっさり淡々と怖い。さすがだ。



宮部みゆき 「布団部屋」
この作品は「あやし」 にも収録されていたけど、個人的には、この話は好みではない。
怖さの種類が違う感じ。



高橋克彦 「母の死んだ家」
非常に模範的。正統派。少々できすぎ^^;。



乃南アサ 「夕がすみ」
これもまた正統派。
というか、実際によくありそうな話なので意外性はない。



鈴木光司 「空に浮かぶ棺」
この作品もどこかで読んだ。「リング」シリーズの一篇。
臨場感溢れる文章には思わず引き込まれる。



夢枕獏 「安義橋の鬼 人を噉らふ語」
お馴染みの「陰陽師」シリーズの一篇。
夢枕ワールド。大人のおとぎ話。



小池真理子 「康平の背中」
もうすっかりベテランの域に入り、この人のミステリも好きで、女性特有の心理描写とか、なにより文章が巧いよなあ。。。と感心しながら読んでいたんだけど、だんだん話の方向がずれていってしまって、最後はとても残念な結果に。
どうしちゃったんだろ。ちゃんと読み直しましたか?ご自分の作品。(苦笑)
短篇は一気に書かないと!(大きなお世話・笑)題名もいただけない。





阿刀田 高, 高橋 克彦, 小池 真理子, 乃南 アサ, 鈴木 光司, 宮部 みゆき, 夢枕 獏
七つの怖い扉

編集後記

4月27日付けの記事ざます。

blackcat


本棚の整理をしていたら、読みかけの本がたくさんあって、またまた宿題をやっていない生徒の気持ちになって憂鬱だ。。。(汗)

こんなふうにいたたまれない時は現実逃避。(笑)
で、どこに逃げたかというと娘の部屋の本棚。アヘアヘ♪(懲りない奴^^;)

そこで見つけたのは、懐かしい絵本^^♪
「のらねこ トントン」

まず、わたなべあきお氏の絵が良い!

主人公ののらねこトントンは、痩せっぽちで頭でっかちの体と、びっくりしたような大きな黄色い目の黒ちび猫。

それは、こんな物話なんです。。。
(注:ネタバレです^^;)



*****


チビで弱虫だからいじめられてばかり。。。

そんなのらねこトントンの夢は、いまに大きく強くなること!

ある日、いじめっ子から逃げて来たトントンは、動物園のカバさんと出会います。

「ぼく、おじさんみたいに おおきくなれたら いいのになあ」
「おじさんは、きみのように ちいさくなりたいね」


ふたりは仲良しになりました。

おおきな岩のようなカバさんは、とてもやさしくしてくれるのに、ちっぽけなトントンは何のお返しも出来ないことを悲しく思います。

「だって ぼく、おじさんに なんにもしてあげられないんだもの」
「とんでもない。 きみが そばにいてくれるだけで、わたしは、とてもしあわせなんだよ。。。」


こうして、ちびトントンとでかカバさんは、とても堅い友情で結ばれて、お互いになくてはならない存在になるのでした。

臆病だけど、小さいトントンだけができること。

のろまだけど、大きいカバさんだけができること。
それから、ふたりは力を合わせて、動物園の人気者になってゆきました。

「ぼく、ちびでよかった」

「わたしは、おおきくて ほんとうによかったよ」

ふたりは とっても しあわせでした。


*****



この物語を読むと思い出すのは、

「Everyone is Special」という言葉です。


誰もがひとりひとり特別な存在なんだ。

だから誰とも比べられない。


SMAPの歌に
「この世にたった一つの花」(作詞作曲:槇原敬之)

という歌がありますね。

♪そうさ僕らは 世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい♪



お互いに自分に無いものを望んでばかりいて孤独だったトントンとカバさん。

他人を羨んで、ないものねだりをして生きていくよりも、自分に誇りを持って生きて行くほうが、ずっとずっと楽しくて幸せだということに気がついたのでした。

めでたしめでたし^^♪


のらねこトントン
山崎 陽子, わたなべ あきお
のらねこトントン



SMAP, 槇原敬之, 工藤哲雄, 都志見隆
世界に一つだけの花




Sony Wonder
Rainbow Fish: Everyone Is Special


b-green
編集後記
全国の虚乳のみなさん!
勇気と誇りを持ちましょう^^;♪

(ゲホゲホゲホ。。。そりゃ、埃!)