久世さんの「ニホンゴキトク」 を読んだら、懐かしい言葉がいっぱいでしたけど、記事の終わりにも書いたように、最近は「ざあます言葉」なんてとんと聞きませんわね。
かろうじて使うのは、デヴィ夫人と黒柳徹子とあたくしぐらいざましょか?(笑)

あたくし、生まれも育ちもこてこての東京ざんすけど、当時はまだ、ざあます言葉のおばちゃんがいっぱい生息しておりました。

厳密には、ざあますよりも「ざあす」なんざあす。
もっとお年を召した方は、「ざんす」なんていう方もありまして、ざあすは女言葉ですけど、ざんすは殿方もつかっていたざんす。










そもそも、この古い歴史の「読書感情文」も、設立当時(2004年)は普通の文体だったのに、いつからざますになってしまったんざましょ!?

つらつら思うに、人間って年をとればとるほど、原産地に戻っていってしまうものだからだと思うんです。


子供の頃に見聞きしていたこと、食べ物、話し方、嗜好などなど。

若い頃には否定していたことや忘れていたことが、だんだんメッキが剥がれるように表れてきて、結局自分のルーツに戻っていくのざます。
だから、ざます言葉ぐらいならいいんざますけど、最近、心の中で、「シェー!」なんて叫んでいる自分がいて、密かに冷たい汗をかいているのでございます。そのうち、ポーズまでつけてしまったらどうしましょう。(嫌な汗)

もともと、ざます言葉の語源は明治の成金たちが使い始めたとか(たしかに江戸時代の言葉という気はしない)、花魁言葉だという説とか、いろいろありんすが、やはり、丁寧語の「御座います」が短縮されて「ざあます」「ざます」になった気がします。そのうち、「ざま」になるだろうと思われますざまっ!

あたくしの90歳のお祖母ちゃんに言わせると、「ざます」を使うのは、東京の田舎もんなんだそうで^^;。

そういえば、ざます言葉には、「文明開化」や「新興成金」の香りがぷんぷんするざますわね。

そもそも、東京の言葉自体、古くは徳川家康の地元、三河弁の影響が大でしょうし、明治維新には、東京を牛耳っていた薩摩や長州の言葉も混じっているだろうでごわす。

。。。あら、ごわすもなかなか素敵でごわすわね♪
(註:江戸っ子は主体性が無く影響されやすいのが特徴)








日本語検定公式領域別問題集語彙・言葉の意味
栗又 正博
4487802784





東京懐かしの昭和30年代散歩地図
ブルーガイド
4408007951





おそ松くん オリジナル版 DVDコレクション
赤塚不二夫
B00005S7CX










AD

おたおめことよい





あたくしの周りって、4月、5月生まれと11月生まれが圧倒的に多い!

ってんで、特に春先はうじゃうじゃ生まれる子が多かったらしく(笑)、お誕生日プレゼントやパーティーや春夏ののショッピングや化け~しょんシーズン到来もあって、毎年急激に貧乏になるこの季節。(汗)

お誕生日のグリーティングも、口頭陳述か電話かFAXか(今時?)電報かメールか郵便かスカイプかと、選択肢がいっぱいあって、考えるだけで疲れる不便な世の中になったもんざますわね。

で、だんだんめんどくさくなって、せめてメール文ぐらい節約できないかと、ふと考え付いたのは

「おたおめことよい♪」

おたおめ(お誕生日おめでとう♪)はよくあるけど、

ことよい(今年もよい歳になりますように♪)ってのは、なかなかなかろう!(威)

というわけで、この史上初の大発見(グーグルでは検索件数なしです)に気をよくして、久々に記事を書いてみた次第。


(そんな暇があったら、省略しないできちんとお祝いを打ちなさい!←天の声)


はいはい。
では、もうちょっと愛想良く、長文に挑戦してみましたわ。


おたおめことよいおいおたとしこればばきをつけまけないぜ!






長文読解


お誕生日おめでとうございます。

ことしもよい歳になりますようにお祈り申し上げます。
お互いにもう歳ですけどこれ以上ばばあにならないように気をつけましょうね。

負けないぜよ!









AD






毒者の皆様へ♪


更新を後進しているにもかかわらず、いつもご訪問ありがとうございます。


えっとね、今月からちょっと趣向を変えまして、「読書感情文日記」というからには、本を一冊毎に記事にするのではなくて、読書をしていてその時々に感じたことぐたぐたと書いていこうと思うんざますの。

本は毎日読んでいるのですが、やりたいことがいっぱいで、なかなかPCに向かう時間が取れないことと、本を読み終わると内容を忘れてしまうし、感情文も書く気が失せてしまうからなのです。

あとから見たときに、一冊ごとの感想は自分としても分かりやすくて参考になるのだけれど、今の状況ではますますブログ離れが進むし、無理せずに読書記録を残したいためなのです。


これからどうなるか分かりませんし、いわば「読書感情文グータ版」ですけど、しばらくお付合い願いたく、我儘をお許しくださいますよう、お願い申し上げますざます。


また、記事と一緒に載せる画像には以前から手こずっておりまして、正直言って、記事よりも、写真を撮ったり、画像を選んだり、編集に時間がかかっていたりします。(汗)

というわけで、残念ながら画像もアップしないことが多くなるかもしれませんが、そこんとこよろしくお願い致します。


それから、皆さんからのコメントはとても嬉しく、記事を書く励みになるのですが、すぐにお返事できたりもしませんので、しばらくコメント欄を閉じさせて頂きます。(謝)

とりあえず、あたくしらしく、その場限りだったり、その時気分でぐたぐたと試行錯誤していきたいと思いますので、もしよろしかったらお付き合い下さいませ。

当ブログに関するご意見ご感想、罵詈雑言、毀誉褒貶、絶賛等は、記事の下にあるメッセージの方へお願い致します。 お返事が遅れるかもしれませんが、メッセージを見つけ次第、ただじゃ済ませませんからご安心下さいませね♪(笑)



ほなまた、次回をお楽しみに♪



宮川 俊彦
読書感想文がラクラク書けちゃう本―宮川俊彦のオタスケ授業 (日本一の教え方名人ナマ授業シリーズ)
齋藤 孝
頭がよくなる必殺! 読書術 齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻


AD

ニンテンどうですか?





いまではすっかり現役から退いたものの、こう見えてもあたくしはチーマーではなくチーママでもなくゲーマーだったんざます!
注:ゲイママと間違えないように^^;(人呼んで、暗い過去を持つおんな)
なにしろ、世界初のコンピューターゲームと言われたインベーダーゲームに嵌まって以来、ゲームには数十万円も注ぎ込んで一世を風靡したのはあたくしざます。(古すぎっ!)

赤とクリーム色のファミコンを買った時のあの喜びと興奮。(エンゲージリングよりも嬉しかった♪)

本体もコントローラーも当時はすぐに故障しやすくて、何回も買い替えたものです。

そもそも、あたくしが子供の頃には、任天堂と言えば花札とかトランプの会社くらいの認識しかなかったんですのよ。(懐)
任天堂に就職するなんて言うと、「ぷぷぷ」って恥かしいような軽蔑されるような。。。
カシオとか任天堂って、当時は名前も職種もださださのイメージでしたから。(ごめんなさい!)

それが今では世界のNINTENDOですからね!

あれから色々なことがありました。(遠い目←たしかに最近目が遠い・汗)

というわけで、過去に出会ったゲームたちを語るにはあまりにも長すぎる歴史。。。

そういうあたくしも寄るシミシワぢゃなくて、寄る年波には勝てず、最終ゲームはプレステの「ドラクエV 天空の花嫁」で打ち止め。自分自身の強い決意にて、それ以降の購入は泣く泣く諦めたのでした。

だから、それ以降のゲーム機は、ヨソ様のお宅(注・ヨン様ではありません)にお邪魔したときに、ギターヒーローで指が痛くなるくらい弾きまくったり(周りも引いていたっす^^;)、ドラクエソードで筋肉痛になったり程度の軽~いお付き合い。(笑)


ところがね、そんなこんなで必死に身を慎んでいるあたくしにもまた魔の手が忍び寄って来たんざます!

その名も、じゃじゃ~ん♪

NINTENDO DS !!!
注:「ニンテンドー」じゃなくて、英語的に「ニンテンド~ディエ~ス!」と発音してくださいましね^^。





任天堂でえ~すって!?


これって、2人で対戦も出来るんですってね!(*´д`*)ハァハァハァアハァ

ぐた夫ちゃんたら、きっと自分ひとりでゲームってんのに罪悪感を感じたのね。
うふふ、こういう優しいところが大好きなのよね♪(惚)



で、一緒にプレゼントされたソフトがこれ!


任天堂
がんばる私の家計ダイアリー


がるるる。。。
え~え~、どうせあたくしはどんぶり勘定女ですよ!(怒)

算数だって子供んときから苦手だったし。。。

宵越しの金は持ってはならないとご先祖さま代々の家訓だし。。。

ぶつぶつぶつぶつがさごそがさごそ。。。

(文句を言いつつ開けてみる)


んまっ!

ハッと気がついたんだけど、DSなんて画面が小さすぎて、

遠近両用コンタクトにしたあたくしにだって、見えないんざますっ!(号泣)

ああ、愛とはなんて儚いものなのかしら!

ささっ、ゼルダでも買いに行こうっと!(家出)
てか、大画面で遊べるWiiでも買って来ちゃおうかしら。


任天堂
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

僕たちの好きなTVゲーム '80年代懐かしゲーム編 別冊宝島 (797)

女の極楽 40禁





我ながら、記事に凄いタイトルをつけちゃったもんだけど^^;

単なる昨日の記事の続きですから、期待して訪問してくださった方は、がっかりしてお帰りください。(笑)


山口洋子の「男の極楽 」を読んでいて、気になる文章があったんだけど、長くなるのでここで引用します。


<圭太はなぜ自分が澄子に好意を持ったのかがわかった。(略)彼女の声の音色が、圭太の好みだったのだ。

(中略)ついでに思い出さなくてもいい、百合子のことや、その他の女のことも思い出す。

百合子の語尾のかったるい甘い喋りかた、モデルの女の耳ざわりな高音、スチュワーデスときたひには、ベッドにいても機内の救命器具のとりあつかいを説明しているような色気のなさだった。

俺はあの女たちの肉体に飽いたのではなくて、声に飽いたのだな。>




以前にも描いたけど、あたくしは声フェチざます^^;。 (関連記事→ふぇ~ちしょんっ!

というよりも、人間の声とか喋り方のリズムやテンポが妙に気になるんです。


常々、人間は外見の印象が50%、喋り方や声で50%

それで、一個のパーソナリティーが確立されていると思うんですの。


喋り方=文章で言うところの「文体」でもあって、同じ事を書くのでも文体によって受ける印象ががらっと変わるのは当然のこと。あたくしが記事を書くたびに文体を変えるのも、読み手にこの記事はこう読んで欲しいという意図があるからなんざます。(笑)

嘘うそ^^; その時気分で書いてるだけ!(爆)


ともあれ、あたくしにとって、自分自身に心地よい声のトーンや話し方は、実物の容姿よりも重要なんざます。

いえいえ、別に言葉遣いが丁寧とか、お上品に喋るのが良いとか、美声が良いとか言っているんじゃございませんわよ。ただ、話し方にはそれだけ個性が出るので、お気をつけ遊ばせってことざます。



ってんで、この文章をそっくりパジャマ語に翻訳いたしますと。。。



以前にも描いたけど、あたしゃ声フェチなんだよね^^;。 (関連記事→ふぇ~ちしょんっ!

っていうか、人間の声とか喋り方のリズムやテンポが妙に気になっちゃってさあ。

常々、人間は外見の印象が50%、喋り方や声で50%

それで、一個のパーソナリティーが確立されていると思ってるんだけど。

喋り方=文章で言うところの「文体」でもあって、同じ事を書くのでも文体によって受ける印象ががらっと変わるのは当然のこと。あたしが記事を書くたびに文体を変えるのも、読み手にこの記事はこう読んで欲しいという意図があるからなんだよね。(笑)

嘘うそ^^; その時気分で書いてるだけだってば!(爆)

ともあれ、あたしにとって、自分自身に心地よい声のトーンや話し方は、実物の容姿よりも重要なわけ。

いやいや、別に言葉遣いが丁寧とか、上品に喋るのがいいとか、美声がいいとか言ってるんじゃないよ。ただ、話し方にはそれだけ個性が出るので、気をつけなってことだよ。

え?文句があんなら、おととしおいで!


(江戸っ子11代目総長ぐたがお送りいたしました。)





もうひとつ、「男の極楽」の中で、おもしろい文章があったので引用。



<「だめ、よして」

だめ、よしてで腰を浮かせるのかよ。女ってやつの台詞は、いつでも詞と曲があってない。>



へええ、そうだったんですの?

あたくしは、てっきり、

「だめよ、して」だとばかり思っていましたわ。(こらっ!^^;)



上野 直樹
5分間でいい声になる本―ヴォイ・トレ・マジック
ヘンリ・J.M. ナウウェン, Henri J.M. Nouwen, 小野寺 健
心の奥の愛の声

これは面白そうですわ。




萩野 仁志; 後野 仁彦
「医師」と「声楽家」が解き明かす発声のメカニズム―いまの発声法であなたののどは大丈夫ですか
浜田 真実
声美人で愛される人になる