早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
結構早く若狭・細野会談になったようだ。

慌ててはいけないが、決してこういうことはのんびりとやってはいけないので、慌てないで急げ、というのが大きな仕事を一定の期限までに仕上げるための要諦である。

大筋において期待通りに進んでいるようである。
私自身は盆踊りぐらいしか踊れるものがないが、優雅な踊りをするつもりだったらワルツのリズムがいい。

丁寧に協議しながら新党づくりを模索していくことを昨日の会談で確認されたようだから、多分この協議は実を結ぶ。
協議と協力がこれからの鍵である。

小さな力を足し合わせて一つの大きな力を作る。
これが協力である。

協議と協力を大事にしてほしい。
私の祈りの一つがどうやら無事に達成されたようだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります