早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
選挙をやったことがない人にはお分かりにならないだろうが、ポスターをポスター掲示場に貼り出さないと選挙をやっているようには見えないので、まずは告示の日にポスターを張り切れる態勢が整っているか確認していただきたい。

ポスターを貼るのは、結構大変である。
ポスター貼り作業だけは人海戦術でやるしかない。
選挙区内にいくつポスター掲示場があるのか分からないが、どなたかに事前にポスター掲示場の所在を確認しておいていただく必要がある。

希望の塾生で都民ファーストの公認を得られないで無所属でこの度の都議会議員選挙に立候補される方がおられるようだが、選挙の実際をよく知っておられる方が参謀として就いておられるのならいいが、陣営の全員が選挙についてはまったくの素人、などということになると、とんでもない災難に巻き込まれてしまうことがあるから、くれぐれも注意されることだ。

高速道路の真ん中を突っ切るようなものだ、ぐらいに思っておられることだ。
備えが出来ていない人は、備えが出来るまで待った方がいい。

絶対に、選挙を甘く考えてはいけない。
こんなはずじゃなかった、と思うようなことが次々に出てくるはずである。
立候補の記者会見までやってしまうと後は惰性のようにして本番に入ってしまうのだろうが、どうも引き返した方がよさそうな人も見受けられるのが心配だ。

本当に大丈夫ですか?

くれぐれもお怪我をされないように。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります