早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
うっかりするとネット住民の方々の決められない知事キャンペーンで小池さんや小池さんを応援している方々の勢いが失速するところだったと思うが、小池さんは見事に決められない知事キャンペーンを跳ね返したようである。

小池さんが現れるところにはやはり大勢の人が集まってくるようで、都民ファーストの公認候補予定者の皆さんの活動も少しづつ勢いが付いてきているようである。
もう大丈夫ですね、と言って差し上げられるような方はまだいないようが、選挙戦が始まった直後に行われる世論調査で大勢は決まってしまうのだろう。

あの難しい豊洲市場問題をあっさり解消し、豊洲移転の前提条件の大事な要素の一つであった築地市場の売却をこれまたあっさり中止する、ということになったら、決められない知事キャンペーンに血道を上げておられた方々は肩透かしにあったようなものだろう。

築地ブランドの活用を小池さんが言い出したところがいい。
築地市場の売却などしてしまうと不動産業者やゼネコンを喜ばせるだけの結果に終わっただろうが、築地の売却を中止して築地ブランドの活用を言い出すと、多くの人の夢を掻き立てるようなことになるはずだ。

豊洲市場への移転だけではまず大方の人の夢を掻き立てるようなことは出来なかっただろうが、築地ブランドの活用、などという目標を与えられたら様々なデザイナーの人たちが競って色々な夢を語るようになるはずである。

豊洲移転に何の夢も持てなくなり、将来への不安を語り始めた人も結構多かったのではないかと思うが、どうやら小池さんはそういう方々にも多少の夢を与えることが出来るようである。
まあ、窮余の一策かも知れないが、将来になにかしら希望の灯が点ることはいいことである。

小池さんは、そういうことが出来る人である。

たった一言で、風景を変える。
たった一言で、流れを変える。

まず、自民党の方々には無理だろう。
自民党の方は、しばらくの間はマイナスのイメージを引き摺らざるを得ない。

都議会議員選挙を目前にして、トンデモナイ失敗をしてしまったものだ。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります