早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
やれ、やれ、という声が聞こえる。
なんで告発しないのか、と些か非難めいた口振りで物を言う人がいる。

黙って見ているのが如何にも皆さん辛そうだ。

これではただでは済まないだろう。
選挙が終わったら嵐が吹くだろう、と思っている。

しかし、私どもは選挙違反の告発を目的とする団体ではないから、そういうことはしない。

あくまで事実を指摘しておくだけだ。
多分、公職選挙法の方がいけないのだと思う。
公職選挙法の見直しの材料にすべき事項を単に指摘しているだけだ、と理解していただければ幸いだ。

今朝の街頭演説会の告知立て看板は、参議院選挙の公示の前から立てられていた。
数日間あの状態で野晒しになっていた。
公職選挙法の規定では設置できる看板には枚数の制限があるから、違反にはなる。

しかし、どこの陣営でもこういう違反を繰り返しているから、誰かが文句を言わなければ皆、見て見ぬふりをするか、全く問題の所在に気が付かないでそのままにしてしまう。
こういう類の問題が実に多い。

かつてそれで誰も問題にしなかったからそれでいいだろう、などと軽信していると、いや、やっぱりそれは駄目だ、と突然言われることもある。
まあ、皆さん、気を付けた方がいいことは確かだ。

ちなみに、選挙期間中は警察当局も滅多に強制捜査はしない。
警察の捜査が結果的に選挙結果を左右した、などと言われると、そのこと自体が選挙妨害、選挙の自由妨害になるのではないか、という疑義を招きかねないからだ。
選挙違反の摘発は、現行犯を除いて投票箱が閉まってから、が大原則である。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

早川忠孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります