しばらくブログを更新できていませんでした。
今は小学生にとって夏休みまっさかり!
う、今年も愛知県豊田市にあるビオトープ「カエル谷」を訪問しました。
コーディネートして下さるTさん、現地の皆さま、いつもありがとうございます!


(夏!!って感じ 楽しそうですね!)



今回は比較的大きなお子さんが多く、ほとんどが小学生以上。
その分、機動力があります。
今までにないほどの最高のお天気のもと、午前中はカエル谷で生き物採集、午後は近くの仁王川で水遊びを楽しみました。



(いつも腰や胸までつかるベテラン選手たち。)


子どもたちも何度も来ている子が多く、率先して水の中に入り生き物を捕まえます。

この日、観察できたのは、
各種のヤゴ(トンボの幼虫)、
タイコウチ、
ミズカマキリ、
ドジョウ、
メダカ、
オタマジャクシとカエル、
トンボ、
タマムシ、
ゴマダラカミキリとミヤマカマキリ、
各種のトンボ(大人たちはトンボのマニアが大結集!)
などなど・・・もう記憶があいまいです・・・


(タガメの卵 ときどき親タガメが

乾燥を防ぐため水をかけにくるそうです。)


午後からの川遊びも盛り上がり、けっこう遅い時間まで楽しみました。
改めて思ったのですが、子どもは本当に遊びが大好きですね。
お弁当を勧めても、
「後で! まずは遊びたい!」
と、夢中で川遊びに打ち興じていました。


我が家の長男も小学3年生。
昨年までは捕まえた生き物の世話もほっぽらかしでしたが、今年はちょっとずつ世話をしています。
もちろん親がうるさく言うからですが。
それでも嫌がらず一生懸命、水槽を洗う姿に成長を感じますね。

こうした生き物天国ビオトープがもっとあちらこちらにあると嬉しいです。



(「岐阜げんきキッズ」の紹介)
「岐阜げんきキッズ」は、お父さんたちが子育てを楽しもう、という趣旨で集まっているグループです。
岐阜市やその近郊の方々のご家族が集まっています。
現在、会員は15家族ぐらい。

だいたい隔月で遊び会を行なっています。
パパが中心ではありますが、もちろんママのご参加もありです。

ご興味のある方は下記までご連絡下さい!

代表 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)
090-7957-5911
guputa@fine.ocn.ne.jp

●「岐阜げんきキッズ」では、お父さんの子育て講座など、講師派遣の相談に乗っています。
お気軽にお問合せ下さい。

AD

今年の「げんきキッズ」の月例遊び会、第1回は関市の百年公園に行きました!

4組の父子が参加。(子ども6人、父親4人)



会員のTさんは昆虫写真のセミプロとも言える腕前です。
そんなTさんの写真も含めて展示されている岐阜県博物館を観覧。


なお、日本自然科学写真協会写真展
「自然を楽しむ科学の眼 2014-2015」の期間は、
2015年2月7日(土)から~3月15日(日)まで。
本当に素晴らしい写真の数々が見られますので、ぜひ皆さんお出かけ下さい。
http://www.gifu-kenpaku.jp/tenji/kikaku/19870  



参加の子どもたちは小学生から年中組と比較的大きな子が多かったせいもあり、にぎやかではありますが、手がかからなくなったものです。


館内で持参のお弁当を食べた後、公園の南側にある遊具広場までハイキングしました。
広大な公園を皆で散歩するのは楽しかったです。


遊具広場では思い思いに遊び興じ、午後の3時ごろに自由解散となりました。



なお、私の次男はこのグルグル回る遊具で回り過ぎて、後々気持ち悪くなってしまいました・・
すまん。皆さんもご用心、ご用心!


ブログを書いている私(舟橋)も、本音はインドア派。
こういう機会がないと外遊びへと重い腰を上げませんので、「げんきキッズ」は良い機会になります。

次は3月末~4月頭ごろにお花見会でもできたら良いな、と思っています。







AD

お久しぶりの更新です。いつの間にか2014年も終了し、2015年ももう2月です。
今年も子育てパパのサークル「岐阜げんきキッズ」は隔月ぐらいのペースで遊びの会を行なっていく予定です。


お知らせです。
「岐阜げんきキッズ」のメンバーも出展している写真展が開かれます。
ここ最近、ほとんど毎年の恒例行事ですね。


日本自然科学写真協会写真展
「自然を楽しむ科学の眼 2014-2015」


期間は2015年2月7日(土)~3月15日(日)

http://www.gifu-kenpaku.jp/tenji/kikaku/19870


場所は岐阜県関市にある百年公園内の岐阜県立博物館です。
写真展そのものは観覧料はかかりませんが、博物館の入場料が必要です。
(大人 330円 高校生以下は無料)


「げんきキッズ」メンバーでもあるTさんの写真は、セミプロ級です。
以下、Tさんからのご案内を転載いたします。


「写真展では、協会員のプロ、ハイアマチュアが撮影した動物、昆虫、水性生物、植物、天体などをとらえた写真が展示してあり、面白いですよ」


題目にあるように、科学の眼を通して自然を楽しめる本当に面白い写真展ですので、ぜひ皆さんおいらして下さい。


あと、百年公園には、自転車コースや大きな遊具もあります。
「げんきキッズ」でも今月の遊び会をかねて出かけます。
博物館に行ったあとは外遊びとお弁当を楽しみたいものです。


立春をすぎ、光が本当に明るくなってきました。
風が強い日はさすがに寒いのですが、子どもたちは平気で屋外遊びをしています。

子どもは風の子、と言ったものです。
この機会に写真展と、百年公園での外遊びはいかがですか?

AD