1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, September 10, 2015

丸ごと玉ねぎのコンソメスープ

テーマ:粗食
どもも。
めっきりご無沙汰のぐぴさんです(・∀・)

完全放置プレイになって早一年、久しぶりに更新してみようと思ったわけで。
というのも、知人がFBで "男の10分料理" と題して簡単で美味そうな料理を
UPしてるんですが、この中で目を引くものがありまして。
それが今回ご紹介するこちら。

こんな美味そうなのが10分でΣヽ(゜Д゜;)ノ と思ったぐぴさんは
作り方を聞き出すことに成功しました。(大げさ)
という訳で久々にブログ更新してみようかと。




-作り方-
1. 玉ねぎを半分に切り、頭(か下の部分)を切り落とし皮をむく。
2. スープカップに玉ねぎと浸るくらいの水を入れる。
3. 塩コショウとコンソメ(水300ccに対して小さじ1程度)を入れる。
4. ラップしてレンジで5~7分レンチン。


レンチン時間は玉ねぎの大きさやレンジの性能によるので適当でw
コンソメの濃さはお好みでどぞ。
ただし、玉ねぎの甘味が溶けだすので、コンソメは薄味のがいいかも。
玉ねぎは立てた状態で水平に切ってください。
この切り方の方が見た目もいいし、たぶん味がしみこみやすい目だと思います。
でも、縦横両方の切り方を実験したわけじゃないので、実際はどうかわかりませんw
ここら辺がインチキ料理人のインチキたる所以(´・ω・`)

ね、見た目美味しそうなのにめっちゃ簡単でしょ。
きっと料理に縁がない独り暮らし独身男子でも作れるはずw
しかも玉ねぎの甘味がスープに溶け込んでめっちゃ美味い゜+.(・∀・).+゜



ところで。
前回も前々回も飛行機の中で更新しましたが、
今回のこれも空港のラウンジで書いております。
どうやらぐぴさんは飛行機に乗る時にブログを書きたくなるのかねw
ってそんなこと言ったら年に何十回も更新されるはずなんだけどな。
おかしいなぁ… ま、いいや。
またそのうち更新するねー。みなさん良いお年を(・∀・)ノシ
(年内は更新しない気満々)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
Wed, September 17, 2014

じゃがいもと枝豆の明太子ポテサラ

テーマ:洋食
お久しぶりのぐぴさんです。

前回からなんと半年も空いてしまいましたがみなさんお元気でしたか?
更新していない間もなんやかんやで一定数のアクセスがあり感謝感謝なのです。

という訳でここでちょっと実験。
通常、ブログを更新するとtwitter等に"ブログを更新しました"と流し、
そのおかげか更新直後は大量のアクセスがあるわけなのですが、
今回はそれをせずに無予告でコソーリと更新してみるw
果たして、どのくらいのアクセス数になるのか楽しみですwww


ってことで、今回はRSSリーダー等から来てくれる
ありがたい常連のお客さん向け先行公開記事w



といってもいつも通り大した記事ではありません(´・ω・`)




そいや前回の記事は中東に行く飛行機の機内で更新しましたが、
今回もまたもや機内で書いてます。
といっても中東ではなく東南アジアなのだが。


ってそんなことはどうでもいいね。



さて。
今回のこれ。
とある雑誌に載ってたらしいものを友人が作ってFacebookに投稿したもの。
俺も作り方を聞いて真似してみたんだけど、簡単で美味しかったのでご紹介。




-作り方-  (2人前)
1. じゃがいも中2個を良く洗い、適度な大きさに切って5分間水に浸けておく。
2. 皿に移してラップをし、4分レンチンし冷ます。
3. ゆで枝豆をお好みの量用意する。
4. ボウルにオリーブオイル大匙2杯、寿司酢大匙1杯入れる。
5. 明太子1/2腹を袋から取り出し、(4)のボウルで良く混ぜる。
6. (5)のボウルにじゃがいもと枝豆を入れ、塩コショウをし、
  よく混ぜて出来上がり。


寿司酢なんてご家庭にない(`・ω・´) という方はググれw
基本的に酢と砂糖とダシの素があれば作れます。

枝豆は冷凍のを使えば流水解凍するだけなので簡単(`・ω・´)


うちの会社にイギリス人がいるんですが、数年前に枝豆を食わせたら
なぜか異常に食いつきが良く。
それ以降、そいつと飲みに行くと必ずエダマーメーを所望するようになりまして。

後日、他のイギリス人も連れて一緒に飲みに行ったら、そいつが
"エダマーメーという美味いやつがあるんだよ、マジ食ってみろよ"
と言ってイギリス人エダマーメーファンを増やしました。

なんでそんなにエダマーメーがツボにはまったのかは謎なんですが、
そんな事も日常になっていて特に意識しなくなりました。

で、先日、そのイギリス人が突然すごく嬉しそうに俺に言ってきました。
"こないだ久しぶりにイギリスに帰ったら
エダマーメーがイギリスで大流行してたんだよ!!" と。


名前もそのまんま "EDAMAME" らしいwww


ってか何でそんなにエダマーメーがツボにはまったのか
ものすごく謎で、もうこれはこれは悩めば悩むほど
夜もグッスリな秋の夜長を過ごしている今日この頃。


ってか、ぐぴさんは今は赤道直下の某国にやってきたので
またもや真夏がやってきたわけなんだけれども。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
Tue, March 18, 2014

サーモンクリームパスタ

テーマ:洋食
どもも。
またもや多忙な旅人生活が始まったぐぴさんです(・∀・)

先日とある読者の方から
"インチキ料理人と言っておきながら全然インチキじゃねぇじゃん(`・ω・´)" 
というクレーム(!?)をいただきまして。
真似して作るのも難しいし、ご家庭に○○なんぞないわボケェ
(モコ'sキッチンへのツッコミ風) ってこともあるらしく。

そんなわけで今日は普段料理しないような独身一人暮らし男でも簡単に作れる
(であろう)パスタのご紹介(`・ω・´)
あっ、パスタを茹でられないレベルの人には無理よ、あたりまえだけどw





-作り方- (1人前)
1. サーモン一切れに強めに塩コショウをし、白ワインを大さじ1杯振りかけておく。
2. 玉ねぎ1/4玉をみじん切りにし、(1)の皿に乗せてラップする。
3. (2)を3分レンチンする。
4. サーモンをフォークでほぐし、骨を取り除く
5. フライパンに生クリーム50ccと牛乳50ccを入れて温める
6. (4)を汁ごと入れ、コンソメ小さじ半分~1杯入れて味を調える
7. 茹で上がったパスタを絡めて完成


-コツ-
白ワインなんぞご家庭にない(`・ω・´) って方は入れなければいいじゃない(・∀・)
生クリームなんぞ(以下同文
ただし生クリームがないとコクが足りないサラサラのクリームになります。
サーモンは塩鮭ではなく、味付けのしていない生サーモンを使ってください。
皮は入れても入れなくてもお好みでどうぞ。
レンチンの時点でサーモンは半生でも大丈夫です。
フライパンで温めてる時に完全に加熱されるので。
むしろチンで完全に火を通してしまうと固くなっちゃいます。
クリームチーズを入れるともっとウマァ゜+.(・∀・).+゜


ね、簡単でしょ(`・ω・´)ドヤァ
大半をレンチンで済ませるというまさにインチキ料理w




さて、今年のぐぴさんの旅人生活の一発目は中東でして。
(実はこの文章も道中の機内で書いてたりします)
現地ではいつものごとくイタリア人シェフの作るイタ飯三昧にはなるんですが、
ふと中東料理とは何だろうと思って調べてみたところ…



やつらはラクダを食べるらしく…
肉だったり、ミルクだったり。



という訳で、怖いもの見たさでラクダ料理にチャレンジしてこようと思います(`・ω・´)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。