行司のブログ

次に生まれたら行司になりたい、大相撲好きの
大相撲観戦ブログ

NEW !
テーマ:

平成29年 初場所 千秋楽

 

 

 

 

 

 

見事な千秋楽の締めくくり、優勝おめでとう!稀勢の里。

 

 

 

あの白鵬の渾身の寄りを力強い粘りと迫力のすくい投げ。

 

今までとは別人の稀勢の里を見た気がしました。

 

 

そのずっしりと重い29キロの賜杯を52代のおやっさんに見せてあげてください。

 

首を長くしてこの日を待ち続けた52代のおやっさん。

 

弱った体には何よりの薬となりますよ。

 

 

 

【通話】

舞の海「稀勢の里が優勝決めたのに、北の富士さんがいないのは寂しいですね・・・。」

吉田「ホントそうですね・・・。」

 

 

 

 

舞の海「そうだ。電話してみましょうか。」

吉田「そうしましょうか。」

 

 

 

舞の海「ルルルルル・・・・。」

 

 

 

 

北の富士「・・・ハイ、もしもし。」

舞の海「あ。北の富士さん!舞の海です。」

 

 

 

 

 

舞の海「北の富士さん今、テレビ見てました?」

北の富士「うん。見てた。」

 

 

 

北の富士「笑点見てた。」

舞の海「・・・・・・。」

 

 

 

♪パッパカ~パパパ ッパッパ パホ♪

 

 

 

元気そうで何より!!

 

きっと大阪場所にはお元気な姿を見せてくれると思います。

 

 

稀勢の里を横綱にする会はもうすぐ解散となるんですね。

 

稀勢の里にとっては嬉しくもあり鬱陶しくもある微妙な存在だったと想像します。

 

でも稀勢の里のことを始終心配していた52代。

 

気にかけていただけあって浅からぬ縁があるではないですか。

 

稀勢の里は52代からちょうど20代後の72代横綱になります。

 

まぁ大した縁でもなさそうですが、52代が感じた綱の重みを72代も感じて土俵に立つという横綱の宿命は同じです。

 

ついでに言えば62代は大乃国。

 

さて、どういう縁があるのかはわかりません。

 

 

稀勢の里の初優勝と横綱昇進のセットに私は反対していましたが、強くなった、いや強くあろうとする今場所の稀勢の里の土俵を見ていたら、私も3日前くらいから(遅いですか?)もう昇進していいんじゃないかと思いだしました。

 

今場所にかける必死の稀勢の里の姿はやはり胸を打ちました。

 

頑なに頭でっかちに横綱昇進を考えていた私も、15日間の稀勢の里の土俵に心を動かされました。

 

自身の言葉の通り今より強くなるために、努力の横綱であってください。

 

稀勢の里おめでとう。

 

そしてありがとう。

 

 

 

 

初優勝と横綱昇進の前祝。

 

とても盛大だったことでしょう。

 

 

【宴】

ガヤガヤ。

 

 

 

世話人「稀勢の里、確認をいいかな・・・。」

 

 

 

世話人「今日の祝賀会は食べ放題?」

稀勢の里「はい。食べ放題です。」

 

 

 

 

世話人「じゃぁ、時間無制限の食べ飲み放題なんだよね?」

稀勢の里「・・・・・。」

 

 

 

宴はいつまで続いたんでしょう。

 

 

 

さても新年に新たな横綱誕生となった初場所でした。

 

来場所は豪華絢爛、元禄花見踊りのような四横綱の新時代へ突入です。

 

長く頂点に君臨してきた第一人者のこれからもやはり気になるとことです。

 

 

 

 

【秘密】

グビグビ。

 

 

 

グビグビ。

 

 

 

白鵬「・・・え?」

 

 

 

 

白鵬「あら、イヤだ。」

 

 

 

「強さの秘密、バレちゃった?」

 

 

 

 

本当に日頃から飲んでいたんですね、青汁。

 

アサヒ緑健の人が見ていたらもろ手をあげて大喜びしたところでしょう。

 

あの瞬間に通販の売り上げも増えたかも。

 

 

健康になりたい人、より一層健康でいたい人。

 

健康食品は多くの人を惹きつけます。

 

 

 

【惹きつけられて】

がやがや。

御嶽海「!!」

 

 

 

御嶽海「横綱っ・・・。」

がやがやがや。

 

 

 

御嶽海「青汁を・・・。」

がやがやがやがや。

 

 

 

御嶽海「一口・・・。」

がやがやがやがやがや。

 

 

御嶽海「・・・飲ませてください!!!」

がやがやがやがやがやがや。

 

 

雑踏に打ち消された若者の願い。

 

でも若者よ。

 

君はもう十分に健康そうです。

 

青汁なんかより、好き嫌いなく何でも食べなさい。

 

そしたら来場所さらに強くなるでしょう。

 

しかし本当に雨後の筍のように伸びますね。

 

このままの勢いがずっとは続かないのかもしれませんが、この気の強さとやる気でどこまで伸びるか今年は楽しみです。

 

 

 

今場所はとても変化にとんだ15日間でした。

 

若手の台頭、三役の突き上げ、怪我との闘い、そして稀勢の里の初優勝。

 

喜ばしいことばかりでもありませんでしたが、一時のような毎場所同じような結果内容が続く膠着状態を思い出すと、明らかに力士層が厚みを増して個性的な魅力的な力士が増えました。

 

熟練や円熟期、成長期とのバトル。

 

きっとこれからは状況は目まぐるしく変わるのではないでしょうか。

 

横綱と言えども毎場所優勝争いの中心に立ち続けるのは大変なことになっていくような気がします。

 

そんな中綱を張ることになる稀勢の里。

 

稀勢の里のお父さんが仰っていたように、これからが戦いの始まりなのかもしれません。

 

負けは引退へとつながる厳しい立場に立つ稀勢の里。

 

自身でも言ったようにもっともっと強くなる努力をし続けることが、綱を張る責任であり戦いに勝つ唯一の方法なのでしょう。

 

でもそれは横綱だけに限らずすべての力士にいえることです。

 

現状に満足してしまうと成長はありません。

 

今日より明日、明日より明後日と日々の鍛錬を積み重ねて、たくさんの努力の礎の基に各々の個性を花開かせてほしいと思います。

 

 

15日間、熱戦をありがとうございました。

 

 

そして時天空が元気になって薄暗い通路奥にその姿を見れる日が早くやってきますように。

 

 

千秋楽記事は寝落ちして翌日になってしまいました(笑)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成29年 初場所 十四日目

 

 

 

 

初優勝、おめでとう!稀勢の里!!

背中で語る男の後ろ姿・・・・・・。

 

 

 

今まで背負ってきた大きな重圧をちょっと下ろせたようにホッとした様にも見えて、いい背中です。

 

 

こみ上げる気持ちをかみしめるように記者の受け答えをする稀勢の里の姿に、ちょっとジーンとしてしまいました。

 

そしてあの頬をつたう一筋の涙。

 

何度も挑戦し努力し続けることの尊さを思い出させてくれました。

 

美しい感動をありがとう稀勢の里。

 

思わず今日が千秋楽かと勘違いしてしまいそうな展開ですが、まだ明日残っていましたね。

 

明日の横綱のとの直接対決。

 

有終の美を飾れますように。

 

そして多くの稀勢の里ファンの皆さま、初優勝おめでとうございます。

 

 

 

今日の劇的な展開を予想していたかのように、今日は野球界のスーパースターが国技館に集っていました。

 

 

 

前田健太投手。

 

 

嘉風が招待したらしいですね。

 

スポーツマンシップに溢れる嘉風に大リーグで活躍するマエケン。

 

眩いばかりの組み合わせです。

 

 

 

またあの国民的スターの姿も国技館にありました。

 

 

 

【Mrジャイアンツ】

ワーワーワーワー。

 

 

 

 

Mr長嶋「春日野君・・・。」

春日ノイズ「なんスか?」

 

 

 

Mr長嶋「・・・この席・・・、見にくいねぇ・・・。」

春日ノイズ「そうスか?」

 

 

 

Mr長嶋「ほら、全く見えない・・・。」

春日ノイズ「そうスか?」

 

 

 

 

Mr長嶋「・・・・・・。」

 

 

 

Mr長嶋「・・・あ。見えたよ!春日野君。」

春日ノイズ「そうスか!」

 

 

 

 

春日ノイズはあの声で、広報担当なんですね(笑)

 

ミスターもざわめく場内でざらつく声の説明を聞くのは難儀だったことでしょう。

 

でもさすがは強運の人たちですね。

 

見に来たその日に稀勢の里が初優勝決めちゃうなんて!

 

多くの稀勢の里ファンは何度も何度も応援に足を運び続けているのに、あっさりその1回で長年待ち続けたその日にめぐり合わせるなんて!

 

やっぱり持ってる人は持ってるのかもね~。

 

そんなこんな力も今日の稀勢の里には味方したのかもしれません。

 

 

 

にしても、貴ノ岩すごい!

 

あの白鵬に相撲をとらせなかったのですから。

 

出足の良さ、寄りの強さったら大関級でした。

 

今日という日に大きな仕事をやり遂げた貴ノ岩のインタビューがなかったのは非常に残念でしたが、本当に力をつけましたね。

 

 

 

やはり力が落ちてきたように思える今場所の白鵬の土俵。

 

精密機械のように繊細な身体のバランスを保つことで、並外れた強さを発揮してきた白鵬の少しずつ現れ始めた衰えと、一場所ごとに力をつけている若手や地力を付けてきた力士の台頭。

 

このコントラストが目に見え始めた今場所だったように思います。

 

 

毎日の土俵で自身とやる気をみなぎらせる御嶽海。

 

力強さに大器も予感させる北勝富士。

 

大関を意識し始めた高安。

 

再び覚醒した逸ノ城。

 

小力と上手さが円熟味を増した蒼国来。

 

ランクアップした突き押しを身につけた玉鷲。

 

はまると強い正代。

 

もちろん貴ノ岩。

 

などなど。

 

 

思い出すままに書き綴りましたので書き損ねた力士もあるように思いますが、それだけでもこんなにいるんですね。

 

これだけいれば場所は混戦めい来るのは必定かも。

 

そしてこれに加えて来場所はまた新しい人気力士が幕内に上がってくるはずです。

 

今日は来場所を前にプレお目見え。

 

 

【初物】

宇良「これが、幕内の力水か・・・。」

 

 

 

宇良「どれどれ。」

 

 

 

宇良「ゴクン」

 

 

 

宇良「うわっ。ニガッ。」

 

 

 

 

来場所幕内に上がれますよね?

 

大砂ちゃんに千代大龍あたりは間違いがなさそうですが、この2枠では足りそうにないですか?

 

十両は時間の都合上掻い摘んでしか見ていませんが、宇良の活躍や小柳の活躍と反比例するように苦しい土俵が続いている様子の安美錦。

 

家では「今日安美錦は勝った?」と聞くのが夜の挨拶となっていますが、今場所は苦しい星になっていますね・・・。

 

足の怪我と世代交代の波が安美錦に襲い掛かっているようで、見ていて辛いものです。

 

4勝では関取りに残れそうなのでしょうかどうなのでしょうか。

 

あと1日ありますが、怪我を悪化させずどうにか1勝を上積みしてほしいと願っています。

 

 

 

そうそう明日が千秋楽。

 

なんだか今日が千秋楽気分でいるので、明日相撲見るのを忘れないようにしなければ!

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成29年 初場所 十三日目

 

 

 

 

今日世界は大きく変わり始めました。

 

 

 

【混迷の世界】

尾車「はぁぁ・・・。」

太田「あら、尾車さんどうしたんですか?」

 

 

尾車「今日、トランプ大統領の就任式でしょ。」

 

 

 

尾車「とうとうこの時が来たんだと思ったら、気分が滅入ってきちゃって・・・。」

太田「あ~。」

 

 

 

太田「トランプさんって協会で言ったら、誰が理事長に選ばれた感じなんですか?」

尾車「ええ~~!」

 

 

 

 

尾車「・・・そうねぇ~。」

 

 

 

尾車「あ・・・!ピー―親方ね。」

太田「え!ピー―親方?!」

 

 

 

 

とうとうトランプ大統領の誕生です。

 

共和党予備選挙くらいまでは面白いオッサンって感じで楽しんでみていたけれど、本選になって笑えなくなって、とうとう選挙に勝って凍り付きました。

 

でもアメリカって本当に自由の国なんですね。

 

あんな人でも大統領になれるなんて。

 

それに対してガチガチに固そうな八角理事長。

 

15日間満員札止めのこの状況に浮足立つことなく、勝って兜の緒を締めてこれからの協会運営よろしく頼みましたよ。

 

 

 

 

13日目にして平幕の2敗勢逸ノ城、そして貴ノ岩も3敗に後退しました。

 

 

 

【漂う】

「・・・・・・。」

 

 

 

 

「くさっ」

 

 

 

 

「・・・・・・・。」

 

 

 

 

貴ノ岩「ちょっと・・・・・。」

 

 

 

 

貴ノ岩「親方・・・、こきましたねっ?」

高田川「・・・・・・。」

 

 

 

 

出物腫物ところ選ばず。

 

 

地力を確実につけていた貴ノ岩でしたが、今日は大関とりに目覚めた高安に突き落とされてしまいました。

 

その際に何やら足の後ろ側を痛めた様子。

 

これは明日の白鵬戦を前にイタイ状況。

 

1敗差で追う14日目の白鵬はネジをぎゅんぎゅんに巻いてくるでしょうから貴ノ岩、さらに足を痛めないように気を付けよ。

 

 

 

そして運命に導かれるように土俵に上がる稀勢の里。

 

13日目の土俵には・・・。

 

 

【土俵の神様】

ざわざわ。

伊之助「・・・・・・。」

 

 

 

 

伊之助「稀勢の里・・・、それではいいですか。」

稀勢の里「・・・お願いします。」

 

 

 

 

伊之助「稀勢の里寛・・・」

 

 

 

 

伊之助「必勝~~ぉ。」

 

 

 

 

 

はい、必勝。

 

 

 

ここまで来たら神仏やお天道様、星の王子さま、有難そうなものすべてに祈願するのです!!

 

そして明日の逸ノ城戦は土俵にかじりついても勝つのです!!

 

 

 

ところで宮城野親方、何でもかんでも「そうですね」で答えて、詳しい説明を求められるとあまりにもあやふやすぎます。

 

あまりにあやふやすぎて振分親方を彷彿としましたが、振分さんは文法がおかしいだけで内容はわりとしっかりしています。

 

解説のキャスティングはNHKが決めるのか協会なのかわかりませんが、向こう正面に宮城野親方はもういいです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成29年 初場所 十二日目

 

 

 

 

【引率】

ざわざわ。

 

 

拓郎「はやく並んでー。」

 

 

 

拓郎「私語やめてー。」

 

 

 

 

拓郎「サッサという事聞かないと、もう土俵に連れていかないぞ!」

白鵬「ス、スミマセン・・。」

 

 

 

 

行司が先導なら、呼び出しは引率か。

 

日馬富士や鶴竜の休場で支度部屋をあっちこっちと移動したらしいですね。

 

白鵬自体は特に大変でもなかったかもしれませんが、周りの付け人は右往左往とご苦労様です。

 

いつものタライも忘れずにお引越し先まで持って行けたでしょうか。

 

 

 

 

さてもうクローズアップされることは決して避けられない稀勢の里。

 

今までのように下位に星を落とすことはもう許されません。

 

 

【抱擁】

勢「・・・あぁ~~。」

 

 

 

 

勢「とうとう・・・ここまで来たのね。」

 

 

 

 

勢「キセ・・・・・・。」

 

 

 

勢「負けないでっ!」

 

 

 

負けないで

 

もう少し

 

最後まで走り抜けて

 

どんなに離れてても

 

心はそばにいるわ

 

追いかけてはるかな夢を

 

~ZARD 負けないで~

 

勢がキセを見つめているかどうかは別として、改めて脳内再生してみるとZARDのこの曲は素直ないい曲ですね。

 

今の稀勢の里にぴったりじゃないですか。

 

これ以外の曲は見当たらないくらい。

 

NHKにtomorrow songを尋ねられたらこれだと言いなさい。

 

 

 

 

しかし稀勢の里の後ろをピタリと追走するのは、他ならぬ大横綱白鵬です。

 

 

【ハンドパワー】

白鵬「ふんっ」

 

 

 

フワッ・・・。

 

 

 

・・・ドタ。

白鵬「・・・!」

 

 

 

白鵬「・・・・・ハンドパワーが減ってる・・・。」

 

 

 

もしかしたら若干ハンドパワーが減り気味のような気もしないでもない今場所の白鵬。

 

 

こりゃ稀勢の里、千載一遇のチャンスですよ。

 

白鵬が弱っているのかどうかは置いといても、白鵬以外のに横綱はいない。

 

不謹慎ですが明日の対戦相手の豪栄道も怪我。

 

そして、期待を寄せる力士になぜか呪いをかける52代までも休場!

 

この追い風プラス5メートルの状況の下、優勝しないでいつ優勝しますか。

 

陸上だったらこの状況は公認記録には認められませんが、運も実力のうちです。

 

こうなったら、ゴールまで走り抜けるのです!

 

 

 

 

そして琴奨菊。

 

関脇陥落が決まってしまいました。

 

今の力で出来ることをやった精一杯の12日間に感じました。

 

悔しい気持ちももちろんたくさんあるでしょう。

 

でもまずは残り3日間に気持ちを注ぎきることです。

 

そして怪我を癒して新たな闘志を胸に、来場所に奮起し力の限りを出すことが何よりも大切だと思います。

 

渾身のがぶり寄りが九州を熱くしてくれる力士です。

 

それは大関だろうが関脇だろうが地位には関係ありません。

 

残り3日間、頑張れ!琴奨菊。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の取り組み相手の豪栄道が今日の取り組みで足を痛めたようです。

 

そもそも腰を痛めていた上に足までというのは大変心配なのです。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成29年 初場所 十一日目

 

 

今日から終盤戦。

 

本場所は緊張感に満ちてきました。

 

 

白崎「あ!」

 

 

白崎「また舞の海!」

 

 

 

今日のこの放送を見て「またこの組み合わせか」と、多くの相撲ファンががっかりしたことと思いますよ(舞の海調)

 

いえいえ。

 

白崎アナも舞の海さんもいいんですよ。

 

それぞれ好きなんですよ。

 

舞の海さんだってブログではひどいこと言ってますが、いないと寂しいし貴重な存在だとわかっているんですよ。

 

でもつい先日もこの二人だったじゃないですか。

 

ただでさえ今場所は舞の海の登場率が多いのに、アナウンサーとの組み合わせまで同じとなると、夕飯の残りをチンした昼食みたいに感じてねぇ・・・(失礼)

 

十両は谷川解説だったようですが、思い切って幕内正面を筋肉解説で持ってくるサプライズ起用も良かったのではないでしょうか。

 

 

 

しかし相撲中継は実況アナの存在は大きいところです。

 

白崎アナにしても温厚そうに見えて言うところはハッキリ発言される大切な存在です。

 

噂によれば藤井アナもそろそろご退職が近づいているとのこと。

 

若手のアナの育成も急務の課題です。

 

 

【呼び止める】

「よしよし。9勝目。」

 

 

 

沢田石「あの・・・。」

 

 

 

 

沢田石「スミマセン・・・。」

 

 

 

 

沢田石「トイレ・・・、どこですか?」

蒼国来「トイレ?」

 

 

 

頑張れよ。沢田石和樹!

 

 

 

蒼国来、貴ノ岩、逸ノ城、そして白鵬も9勝2敗で終盤戦を進みました。

 

そして今場所の中心の稀勢の里もまた。

 

 

【エール】

高安「あ・・・!」

 

 

 

高安「キセ兄!」

 

 

 

「そんな所で突っ立ないで。」

 

 

 

「早く土俵にあがんなよ!」

 

 

 

高安「・・・って。緊張でそれどころじゃないっか・・・。」

 

 

 

 

兄弟子・稀勢の里、遠藤を退け1敗をキープしました。

 

緊張するな、固くなるなと言ったところで所詮ガチガチになってしまうのが普通なのではないでしょうか。

 

でも今日は舞の海さんが珍しく真実を言っていましたね。

 

 

「優勝を争うのと、優勝することは違う」と。

 

 

なるほど。

 

パッと聞いてたら一緒に聞こえますが、これには大きな違いがあります。

 

毎度優勝争いに名を連ねている稀勢の里と、それを制して優勝を37回も成し遂げる白鵬とでは決定的に何かが違うのでしょう。

 

けれどその白鵬も初優勝を手にしたことで、37回の優勝という誰もなしえない大記録に名を刻むことができたはず。

 

大きなステップアップには失敗や挫折はつきものです。

 

ですが何度も失敗したという事は多くの経験を手にしたという事でもあるはずです。

 

成功体験から見えてくるもの、失敗から見えてくるものそれぞれに今後の人生に役立つものです。

 

今までに優勝を逃した失敗の経験から得たものを稀勢の里には今場所、大いに発揮し試してほしい。

 

あのときはこうだった、あの場所ではああした方がよかったなど色々あるでしょう。

 

自分なりに試行錯誤することで、自分との向き合い方やコントロールも身についていくと思います。

 

きっと力は十分にある大関ですから自分流の気持ちの持っていき方を身につけられれば、初優勝は手にすることができるはずです。

 

 

 

追い風が吹き始めた稀勢の里。

 

この追い風に背を向けて初優勝への加速せよ!!

 

 

 

ところで北勝富士いいですね!

 

勝ち越しおめでとう!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。