1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-15 18:26:16

限定味噌予約受付開始のお知らせ

テーマ:ブログ

 昨日の夜のうちに朝ご飯を食べておいた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでせうか。

 

 昼食に、当店営業主任・池本が北海道のお土産で買ってきたホタテをソテーして食べたら、バキッという効果音とともに、前歯が欠けました。

「お前が買ってきたホタテを食べたら歯が欠けたぞ!」と詰めましたら、何も答えずニヤリと笑っておりました。何か仕込んでいたに違いありません。でもホタテはとても美味しかったので許すことにします。

 

 欠けた前歯を舌でさすりながら本稿を書いているわけですが、考えてみたら以前、名古屋での出張販売の帰りに満員電車に揺られていたら、電車ドア付近で後ろから押されてホームの柱に顔面から激突して反対側の前歯も欠けていたのでした。本日で『ダブルミソッパ』の完成でございます。

 

 さて、そんなわけで今年も「限定蔵出し 小県味噌」予約受付開始でございます。

 

image

  毎度ご購入いただいているお客様には上のハガキをお送りしているのですが、とにかくこの味噌はベラボーに美味しいです。厳選した大粒大豆は皮をむき、甘露煮製法にて延べ10時間、とろけるまで煮込みます。もち米麹は丸米を使い、つぶさず砕かず、独自の浮き麹に仕上げます。麹歩合(大豆に対する米麹の割合)を12割とし、厳密な管理のもと、1年以上天然熟成させます。鮮やかな色と照り、芳醇な香りは圧倒的でございます。味噌汁はもちろん、生で召し上がっていただきたい逸品です。年に一度の機会ですので、あまり商品のことを書いてこなかった当ブログをご覧いただいている皆さまにも、ご案内申し上げた次第でございます。

 

image

 もう少し鮮やかな色と照りを表現したかったのですが、いかんせん写真の腕がアレなものですみませなんです。

image

 ご希望により「小県味噌」を入れてお送りする伊賀焼きの壺。こちらも写真の腕がアレなので後ろに金屏風を立ててみました。

 

 ご注文方法は当ブログへのコメントでも結構ですが、個人情報がダダ漏れですので、

 

★メールにて

info@gunjimiso.com 又は

natsukawa@gunjimiso.com まで

 

★お電話・ファクシミリにて

03-3851-1783 まで

 

 ①お名前

 ②お届け先ご住所

 ③お電話番号

 ④ご希望数量

 

をご記入いただき、ご連絡いただければと思います。

個人的にご連絡いただいてももちろん大歓迎です。

 

 10月下旬にはお届けいたします。

 

箱を開けたらホワーンと香る「限定蔵出し 小県味噌」 1キロ入り4000円、送料も税金も込み込みでございます!是非一度召し上がってみてください!

 

 本日 夏川でした。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-09-07 16:04:18

ちょっと前の話ですが

テーマ:ブログ

 食器用洗剤「JOY」を飲んだら内臓脂肪が取れるのではないかと思う今日この頃、皆さまいかがお過ごしでせうか。

 

 9月に入りましてから連日晴れたり降ったりとよくわからない天候が続き、お客様も買い物に出づらいのか、いつにもまして静かなおかず横丁でございます。7月、8月は中元時期に加え催事出店が続き、猛暑もございまして、我々郡司味噌漬物店スタッフも全員、目をナルトのようにクルクルと回し鼻水を垂らしつつ舌を上向きに出し、アヘアへ言っても頭の上に乗せたロウソクの火を消さぬよう膝をうまく使い水平を保ちながらなんとか仕事をこなしたものですが、最近はずいぶんと落ち着いてまいりました。アヘアへ言っている間に溜まっていた、書類仕事等も全て終えましたので、書けずにいた話を書こうと思います。

 

 なんだかよく分からねぇですが今年に入りまして当店は矢鱈と取材を受ける機会が多くございまして、つい先日も有吉弘行さんが散歩番組でやってきたり、千葉の「bay-FM」の番組に電話で生出演しちまったりしました。味噌や漬物の売れ行きにさほど影響はないものの、そうしてマス・メディアの人に当店を宣伝していただくのはとてもありがたいことでございます。そんな中でも、少年時代から憧れていた「テキトー男」こと高田純次さんが「じゅん散歩」で来てくれたときは本当に嬉しかったものです。

image

 私がまだ小学生のころ、毎週見ていた「天才!たけしの元気がでるテレビ」でレポーターをしていた高田純次さんが、目の前に立ち、胡瓜につけて味噌を味見している姿には、ミーハー甚だしいですがお小水を垂れそうになったものです。本番では放映されませんでしたが、予め「高田さんが味噌をつけて食べるので胡瓜を用意しておいてください」と制作の人に頼まれ、テンパった私は胡瓜をそのままエプロンのポケットに入れていてそこから出して差し上げたのですが、「どこから出してるのよ~」と突っ込んでくれたり、私の富士額をほめてくれたりしました。そしてこちらも放送されませんでしたが、私の後ろにいる池本をみて、瞬時に池本の中世的特徴を見抜き「あちら妹さん?」と聞いてきたときには流石だなぁと思いました。そのフリに対し「男です!」と答えた池本もけっこう流石だなぁとも思いました。

 

 このように色んな方々が訪ねてくださる当店ですが、お客様皆さまのご来店ほどうれしいものはございません。そして変わらずこれからも、色んな人が来てくれるお店を守っていきたいと思います。お味噌の味見に、男らしくなった池本をご覧に、是非鳥越おかず横丁までお出かけくださいませ。お待ちしております。

 

 本日 夏川でした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-31 18:04:59

催事報告大阪の巻

テーマ:ブログ

 道を聞いてきた子供に もしかしたら間違った方向を教えてしまったかもしれない今日この頃、皆さまいかがお過ごしでせうか。

 

 出店させていただいていた日本橋高島屋さま開催の「東京賑わい市」ですが、皆さまのおかげさまをもちまして無事に終了いたしました。お越しくださいましたお客様、ありがとうございました。会期中は幾日か悪天候に見舞われましたが、それにもかかわらずご来店くださるお客様のなんと有り難いことかと、人知れず涙したものでございます。ありがとうございました。

 

 6月の大阪髙島屋さまから始まり、東急東横店さま、横浜高島屋さま、そして今回の日本橋高島屋さまと、百貨店での試食販売がジョリジョリと続きましたが、たいして痩せることもなく健康体のまま過ごすことができました。各店色々なことがございましたが、今回は大阪髙島屋さまでの恐怖の実話を綴りたいと思います。

 

 我々は本店のある東京を離れ、年に2回、大阪は難波にお邪魔しております。関西の文化に触れられることもモチロンですが、素敵なお客様ばかりで出張を楽しみにしております。本店を離れているわけですから、商品の売れ行きによって追加発注をかけます。鳥越で店を守っている池本やバークーが商品を梱包し、大阪まで送り込んでくれるのですが、まれにメッセージやお菓子などの差し入れを同送してくれるのです。

 

image

↑商品と同封されていたバークーからのメッセージ

 

 私の血のにじむような赤ペン指導の甲斐もあり、かなり字が上達しているではありませんか。筆の成長と、私達を気遣うメッセージが嬉しく、可愛い奴らめと、思わず目尻が下がりましたノチのメッセージ第二弾がコチラ↓

 

image

 

 「ラストスーパート」

 残り3日間、私達は何をかければ良かったのでしょうか。

横に描かれている、例の「画伯」による「カエルのタマゴ」か「じゅんさい」と思われるイラストも気になります。

 

 文字はソコソコ成長しましたが、根本的な国語力のなさに私がやる気をなくしつつあり、最近は熱血赤ペン指導も鳴りを潜めております。しかしそこで諦めるのではなく、明日を信じていつの日か、このオフィシャルブログの更新を一度だけ任せてみようかしらんと思っております。その際にはまたどうぞ皆さまからの厳しいご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

 

 本日 夏川でした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。