ずっと胸に音楽を/MORE THAN GOLD

テーマ:
今日、友人が式を挙げる。
二人にとっても、僕や周りの人たちにとってもずっと大切な一日になることだろう。
おめでとう、noblynne &Tちゃん!

________________________________________


ずっと胸に音楽を/MORE THAN GOLD
Music and Lyrics written by MORE THAN GOLD


坂の上のクロスロード
片手を上げて君は現れた
夢をかき鳴らして
空の下いつまでも歌い続けた

あの頃の思いは風に乗って
何処へ辿り着いたのだろう

Ah... ずっと胸に音楽を
Ah... 奏でながら生きてほしい
大切な人と歩いてってほしい


コンクリートと空のブルー
汗と笑い声が僕らの毎日
ケンカもしたけどうまく乗り越えてきた
Working days

新しい旅の前に言っておきたい
出会えて楽しかったぜ

Ah... ずっと胸に音楽を
Ah... 奏でながら生きてほしい
祝福の笑顔に包まれてほしい

若気の至りと いつか笑って話そうか
誰もが通る道でも 俺たちの終わりはないさ
ただ心の命ずるまま そのアクセル吹かせば It's Alright
Hold on 恐くはないいつも愛するべき友がいるから



Ah... 忘れかけてた太陽が
Ah... きっと昇ってくるはずさ
Ah... ずっと胸にメロディを
Ah... 刻みながら生きてほしい
祝福の笑顔に包まれてほしい
大切な人と歩いてってほしい
祝福の笑顔に包まれてほしい
大切な人と歩いてってほしい


AD

逃飛行ブルース

テーマ:
今でも思い出すよあの夜を
俺が17でおまえがまだ15だった
夏が来る前の蒼い季節に
ずっと一緒だって決めたのさ

はじめて恋をしたあの頃の二人には
退屈な街に居場所なんてなかった

荷物をまとめてママに I said good bye
何が気に入らないのかと嘆いてたよ
待ち合わせの場所はいつものステーション
おまえは不安そうにポツンと立ってた

今夜列車に乗って知らない場所へ行こう
窓の外はとても暗かった

ビビってしまいそうになる
泣き出してしまいそうになる
この夜の向こう未来を探してる


見慣れた景色が遠ざかり
列車の音が胸に鳴り響く
肩にもたれて眠ってる横顔
きっと守るんだって決めたのさ

片道切符だけの若すぎた逃飛行
窓の外がやけに暗かった

ビビってしまいそうになる
崩れてしまいそうになる
だけどもう引き返すことはできないのさ
ビビってしまいそうになっても
逃げ出してしまいそうになっても
暗闇の中未来を探し当てる


今でも思い出すよあの夜を
あれから18年が経ったのさ
はじめて贈ったオルゴール
小さな恋のメロディを奏でてる
AD

Butterfly

テーマ:
空を舞うのはやめて
その羽を休めな
花びらの上でおやすみ
何が起こっても気にしないで

誰もがおまえを捕まえようとする
夢を振りまいてるから
どこか遠くへ消えないで

Butterfly , Butterfly , don't fly away , Butterfly...

擦り切れた羽を小さく震わせて
飛び立とうとしてるのかい?
お願いだから コワレないで

アタタカサがまだ胸に残っているけど
いつか涙に変わりそうさ
あの後ろ姿が忘れられない

Butterfly , Butterfly , don't cry , Butterfly...

おまえが向かうのは遠くにそびえるあの山なのか?
辿り着いてほしい 光に溢れた場所へ

Butterfly , Butterfly , don't cry , Butterfly...
Little Butterfly , Butterfly , fly and fly , Butterfly...


butt
(photo:Masami Ishikawa)

AD

放蕩息子

テーマ:
貧乏な息子 父親から 父親から
金をせしめたのさ 金をせしめたのさ
そして家から消えてった

そこは世界のどこだか判らない 判らない
ひとりで生きてくのさ 強く生きてくのさ
いつか金は底をついた

飢饉がその地にやってきた 飢饉が来た
誰か雇ってくれ 誰か俺に職をくれ
それしか生きられねえ

それじゃ坊や俺の豚に餌をやれ 豚に餌をやれ
そうすりゃ喰わせてやる そうすりゃ喰わせてやる
息子は泣き崩れた

もう帰ろう 旅立とう 家に戻ろう あの家に戻ろう
歩いて帰るほかねえ 歩いて帰るほかねえ
それしか生きる道はねえ

おお、放蕩息子が帰ってきた そこで父親は
手放しで喜んだ 手放しで喜んだ
神に跪いた

ねえ、父さんまだ僕は息子でしょうか?息子でしょうか?
父親は許した そしてこう言った
牛を殺し祝おう さあ家族を集めよう 
牛を殺し祝おう さあ家族を集めよう
息子が生き返った 牛を殺し祝おう

Original Song Lyric is written by Robert Wilkins
Translated by Yuichi Gunji Copyright (C)2007

今日はこれを歌います♪

テーマ:
[真実をくれ]

嫌気がさす何も見えてないくせに
ふんぞり返ってる偽善者

俺に真実をくれ
ただ真実をくれ

聞きたくないどす黒い顔した
コンプレックスの固まりの政治家のキレイ事

俺に真実をくれ
ただ真実をくれ

奴ら涼しい顔して何もかも奪い取ってく
まともなように見えたって心なんてどこにもないんだぜ
何のために 自分の金のために

イカレてるぜ些細なことでサイレン鳴らして
狂ったように追いかけ回してる奴ら

俺に真実をくれ
ただ真実をくれ

たくさんだぜ便利なように見せかけて
テクノロジーで俺たちを縛りつけようとする

俺に真実をくれ
ただ真実をくれ

奴ら涼しい顔して何もかも奪い取ってく
まともなように見えたって心なんてどこにもありやしない
すべては金のためさ

truth, truth, truth, truth, truth, truth, truth, truth !

俺に真実をくれ
ただ真実をくれ

俺に真実をくれ
ただ真実をくれ

truth, truth, truth, truth,truth, truth, truth, truth,
truth, truth, truth, truth,truth, truth, truth, truth.......


Original Song Lyric is written by John Lennon
Translated by Yuichi Gunji Copyright (C)2006

Dance Little Jack

テーマ:

Na Na Na Na Na. . . . .

こんな夜はコレしかない
スリルに身体まかせて
イカレてたっていいから
快楽を盗みに行くのさ

くだらないルールはいらないぜ
すぐにはじめたい 今からここで

だからLittle Jack さあ踊りだそう
世界が終わるまで
だからLittle Jack その胸の中が
輝いてゆくとこ 見せてくれよ

目眩しそう悪魔とダンス
酔っぱらって髑髏とKiss
真夜中加速するSpeed
だれも時間を止められない

はじめからルールなんてないさ
すぐにキマってくこんなfeeling

だからLittle Jack さあ踊りだそう
世界が終わるまで
だからLittle Jack その胸の中が
輝いてゆくとこ 見せてくれよ

Na Na Na Na Na. . . . .

Tee vee clash

テーマ:
[ Tee Vee Clash ]

奴らが思ってるほどあんたはバカじゃないぜ
気をつけな 嘘に飲み込まれるなよ

わかりやすい言葉でうまく釣ろうとしてやがるぜ
気がつきな イカれたテレビの中

駆け巡るダミー・ソース
壁の向こうは映さない 危ないよ

Tee vee Clash  逃げろ Tee vee trap
捨てろ Tee vee trash  壊せTee vee clash



素直に感じることがどうしても邪魔されるのさ
このままじゃ感情がひからびるよ

たとえ孤独になってくたばってもかまわないぜ
プラスチックの人形よりはましだろ

まき散らすマネー・ムード 
頭の中身まで 映せない 危ないよ

Tee vee Clash  逃げろ Tee vee trap
捨てろ Tee vee trash  壊せTee vee clash

Danger star

テーマ:
[ DANGER STAR ]

お前が現れてからどうも調子が狂うのさ
夢中になってしまったみたいなんだ

真っ暗だった夜空に光る
おまえはdanger star
明日の夜が来ても
どうか消えないでほしい


おまえを見つけてからとても気分がいいのさ
ロマンチックなhighway drive
スピードあげて

沈みかけてた心を照らす
おまえはdanger star
ナイフのように今夜も光っててほしい



真夜中に輝くおまえはdanger star
名前さえ知らないおまえはmoonlight mile
眺めてるだけじゃとてもガマンできない
ロケットに乗っていますぐ
飛んでいきたい


Gimmie Gimmie , Danger Star . . . . .

Photograph smile

テーマ:
さわがしい街を離れて車を走らせる
ざわついてる心にまかせて

ファインダ越しに見上げた空はとても高く
雲を浮かべて僕を見下ろす

やわらかくなってゆく胸の奥のほうが
心のなかに君が入り込む瞬間

溶けてしまいそうな日射しの中で
君がいてほしいのさ
力いっぱいの笑顔で

届けたいんだ今の気持ちを
こんな風に世界を眺めてるよ
だからPhotograph smile


笑い声につつまれて遊ぶ子供たち
穏やかな日曜日の午後

やさしい風にさそわれ通りを歩けば
見知らぬ花に呼びとめられる

ふるえる生命にすこし触れさせて
君とたしかにつながってる感覚

溶けてしまいそうな日射しの中で
君がいてほしいのさ
力いっぱいの笑顔で

届けたいんだ今の気持ちを
こんな風に世界を眺めてるよ
だからPhotograph smile