イベント「カックラキン大番長」のvol.20です。
場所は自由が丘のマルディグラです。
まさかこのイベントが20回目も続くとはね~。
ここまで来たらvol.50を目指して突っ走りますかね!

今日は仕事がわりかし早く終わったので高校時代の友人と自由が丘で酒を飲んだ。
彼はインテリアデザイナーをしていて、昔からセンス溢れる男だった。
「今高校時代に戻れたらどんなバンドやる?」「もちろんSMALL FACES だよ!」
「俺がロニー・レインでお前がスティーブ・マリオット」
「この年になるとロニーの歌が身に染みるよな。」
そんな話をした。
昔話も出来たし、未来の話も出来たし、とっても満足な夜だった。

そして、帰り道は最終電車には乗らず、目黒通りを歩いて帰ったよ。

teacup blues-目黒通り

イチョウの葉っぱで歩道は散らかっていたけど、それもまた気持ちのいい散歩道でした。
家に帰って来てSMALL FACESを聴いてるんだけどさ、
今You Really Got Hold On Meが流れてるよ。
John Lennonが歌うこの曲ももちろん最高だけどさ、スティーブ・マリオットはすごいね!
Soulだね!ヤバい、熱くなって来た!もう寝なきゃいけないのにね。

それじゃ、明日、自由が丘で、よろしく~。









AD

囲炉裏iroli展始まりました!

テーマ:
こんばんは。

今日はどんな一日でしたか?
もう日付も変わってしまいましたね。
夜はとても静かで、ガスストーブの音だけが部屋に響いてます。


teacup blues-囲炉裏

さて、先日お知らせしました僕らの写真展iroli展がいよいよ始まりました。
昨日写真を展示してきましたので、その様子をご報告します。


teacup blues-ギャラリースペース
こちらがギャラリールーム




teacup blues-宏美写真
宏美さん の写真はホッとするよね。絵画のようだ。

teacup blues-ひより
何気ない日常を切り取ったひよりさん のやさしい写真

teacup blues-写真集
正己さん の2冊の写真集。左は僕の写真集です。
これは一生の宝物だよ。右側は正己さん のここ3年間の集大成です。
感動しました。

teacup blues-gunjeyパネル
Still A Boy 僕が去年作った曲のタイトルと同じ作品です。

teacup blues-正己&ひより
正己さんとひよりさん。

4日間と短い間の開催ですがぜひ間近で見てほしいです。
きっと何かを感じてもらえると思うんで。
よろしくね♪








AD

ミックとキース

テーマ:
最近本を二冊買いました。
ミック・ジャガーの成功哲学 セックス、ビジネス&ロックンロール (P‐Vine Books)/アラン・クレイソン
¥2,500
Amazon.co.jp

キース・リチャーズの不良哲学 なぜローリング・ストーンズは解散しないのか (P‐Vine BOOKs)/アラン・クレイソン
¥2,500
Amazon.co.jp


teacup blues-ミック本
一冊は仕事場に

teacup blues-キース本
もう一冊は自分の部屋に置くことにした。
ミックからはビジネスを、キースからは生き様を学ぼう。
もうすぐ始まる映画が楽しみだ。


今夜は13年ぶりに再会した人が偶然近所に住んでいてお寿司を食べに行ってきました。う~ん人生はどう展開するかわからないね!

そして、明日からいよいよ世田谷233 で写真展iroliがはじまります。お時間があるかたはぜひ見に行ってください。


AD

写真展開催のお知らせ

テーマ:

囲炉裏

12月4日(木)から12月7日(日)まで世田谷区若林のスタジオ233にて
写真展「iroli展 vol.1」を開催します。

3年前、山川健一 さんを講師に迎えたワークショップ「写真と言葉は愛し合っているか?」で知り合った仲間たちと、中目黒で写真展をしました。小さなパーティを開いて、それは今でも僕の中で大切な出来事として刻まれている。
その時のメンバーが再び集まってこの度[iroli]というチームを結成しました。
囲炉裏のように集まってほっとできる暖かい場所にしよう、という気持ちを込めたんだよね。

僕は今回特に写真を展示するってわけではないんだけど、、、被写体として参加します。
石川正己 さんが僕の写真集を作ってくれたんだ。ここ何年かの僕の音楽活動を記録してくれた写真集です。
gunjey photographs / Still A Boy
WEB上でも公開しているので、よかったらご覧になってください。





スタジオ

テーマ:
今日は久しぶりのスタジオでした。12月7日に自由が丘マルディグラで歌います。それと石川さん達と写真展を12月4日からやります。また改めて告知するんで。


しかし長い1日だったな。雨の中家に帰ったらアマゾンで注文してたガンズの新譜が届いてた。明日からの楽しみがまた1つ増えたよ。

The Who

テーマ:
こんばんは。急に寒くなったよね。
今は真夜中の1時30分か。
なんだか目が冴えてしまってまだ眠れそうにないよ。

今The Whoが来日してるね。60年代イギリスで結成された最高にイカしたビートバンドさ。
今回俺は残念ながら彼らを観に行けなかった。正確に言うと観に行く心の余裕がなかった、
ってところかな。

高校の終わりくらいからThe Whoのことを好きになって最低な時代をずっと聴き続けて来た。
映画QuadropheniaにイカレてVespaを乗り回し、主人公のジミーを地でいっているつもりでいたけど、
今の俺にはあの映画をじっくり観るのは無理だろう。あの頃の自分自身と向き合うのは相当ヘビーだ。

それでもすごく気になってさ、何人かの友達のブログでThe Whoのライブに行ったっていう便りをファインダ越しに感じさせてもらってるんだ。どうやら素晴らしいShowだったみたいだね!

今[You better you bet]を聴いてるよ。
さっきスーパーマーケットで買ってきた人生初のボジョレーヌーヴォーってヤツを飲みながらね。

OK、OK、ピート!俺の人生に賭けてみるよ。


10月11日 風が吹く夜

テーマ:
4年住んでるマンションの屋上にはじめて登ってみたら見晴らしがよくて気持ちがよかった。いい場所をみつけた。
でも屋上にははしごで登ってかないと行けないし柵もないから夜酔っ払って登るのはやめといたほうがよさそうだ。
あいつ、とうとうダイブした、なんて言われたらかなわないからね。

さて、季節はもうすっかり秋だけど俺、仕事やめるんだ。12年と5カ月、ずっと同じ仕事をしてきた。土砂降りの日や真夏の炎天下、穏やかな気持ちいい陽気の中、天井裏から地下室から鼻歌や口笛を鳴らしながらなんとか今日まで生きてこれた。釘1本打てなかった俺が手先の器用な男になれたし、アクの強いいろんな人たちの人生と触れてずいぶんタフになりました。感謝します!
あと2日働いたらサヨナラだ。今はまだ実感が湧かないけど月末にはこの12年間が夢のように思えてくるのかもしれない。

来月から新しい世界に飛び込みます!teacup blues第2章に突入。どうなるかわからないけど本能を信じてロック・スピリットで駆け抜けるつもりです。
なので応援よろしく!

今夜は静かにワインを空けよう。そんな気分だ。
屋上に行くのは、ガマンしとくよ。

日本の神様カード

テーマ:
1ヵ月ぶりです。
最近はですね~。
日本の神様カードにハマってます。友達と会うたびに占い師気分でカードをめくってるよ。


カード
カード2

カード3


カード4

タロットカードを持っていたこともあったけどあまり相性がよくなかった。日本の神様はやさしいね。
これは絶対おすすめです!
この前、天照大神をひいたよ。いいな~って言われたけど、須佐之男命をいちばんひきたいぜ!ヤツはロッカーだと思うんだよね。

あと麻賀多神社の国常立之命をひいたのはうれしかった、、、ってマニアックだね!?

それじゃまた~~






JINJA TRIP !

テーマ:
お盆休みはバイクで実家に帰った。今年の夏はウクレレを持って帰って練習しようと思っていたんだけど、シートの下の収納には収まらず、断念。背負って行こうかとも考えたんだけど雨に降られるといけないからね。


僕の地元には神社がたくさんあるんだけどさ、今回は前から行ってみたかった麻賀多神社に行ってきた。
ヤマトタケルの時代にできた神社だというから相当歴史のある場所だ。
麻賀多2
本殿。
昔、成田市近辺は麻の名産地で、朝廷に衣服として献上していたらしい。

麻賀多5
麻の葉紋といわれる麻をモチーフにした紋。ダビデの星(六芒星)にとても良く似てます。
神社の造りってのは不思議な美しさだ。スターシップのように宇宙に飛んで行きそうじゃない?

麻賀多10
樹齢1700年の大杉

麻賀多3
見上げていると気が遠くなりそうだ。

麻賀多4
空気が澄んでいてさ、黒いアゲハ蝶が何匹も宙を舞っていたよ。
Natural Mysticがただよってた。

麻賀多7
そして、境内にある天之日津久神社。
ここが近年多方面で話題の日月神示が降ろされたという場所です。
おおざっぱにいうと日本版のノストラダムスみたいな感じかな。(違ってたらゴメンナサイ!)

麻賀多6
僕はi PodでPink FloydのCRAZY DIAMONDを聴き始めた。

麻賀多9
この写真すごいと思うんだけど。何か感じるかい?

麻賀多8
カミサマが舞い降りた空。


大吉
最後に、ラッキー♪

麻賀多1
ここはエネルギーに満ちあふれていてすごく居心地のいい場所だった。地元にこんなパワースポットがあったとは。ほんとはもっと居たかったんだけど暗くなりそうだったのでまた今度来ることに。

昔の人っていうのは今よりもいろんなことを感じる能力があったのかな。自然の森の中で一番気が集まる場所を神社にしたんだろうね。すごいよな。

たまには自然の神秘に触れて心をすっきりさせるのもいいなと思った夏の一日でした。







ライブが終わって

テーマ:
Acoustic Mother Fuckers、2本のライブが終わりました。

8/3自由が丘マルディグラ 「カックラキン大番長 vol.19 」
 with kazooman、noblynne、カックラオールスターズ)

セットリスト
1. SHINE A LIGHT
2. STILL A BOY
3. BUTTERFLY
4. I WAS ONLY JOKING
5. HONEST I DO
6. OOH LA LA~円舞曲(ワルツ)

毎回恒例のこのイベント。Acoustic Mother Fuckersは最初の出演でした。繊細な石川さんのギターとロックンロールなHiROのギター。正反対だけどふたりともブルースなんですよ。僕は曲によってブルースハープ、ギター、今回初登場のウクレレと持ち替えながら歌いました。
僕らの後はギタリストなべたさんとハーピストちいさんを迎えたカズーマン。盛り上げるのうまいね~。
トリはnoblynne。彼のアコースティックギターは目を見張るものがあってポップな歌の世界とマッチしてる。熱い演奏でした。最後はセッションで大円団。僕はJIMMY CLIFFの「THE HARDER THEY COME」を歌った。


8/10の吉祥寺BLACK AND BLUEはえびちゃん主催の
RED HOD ROCKIN'BLUES FES'08
 ( with ・ジャスミン@Ats 
・HERO(BRAND☆NEW★CATS)
・浜田健嗣(RAT)
・アコワラ
・The Dickels
・The CookSucker Blues Band)

セットリスト
1. NOT FADE AWAY
2. STILL A BOY
3. BUTTERFLY
4. HONEST I DO
5. SHINE A LIGHT

うちらが演奏してる時間、店の外は突然の大雨だったみたいけど、会場の中はまるでお花畑のようだった。
楽しんでもらえたみたいでうれしかったです。ありがとうございました。
ふだんはロックしてる共演者のみんなの素の演奏が聴けてよかった。


えび

えび
さいごは えびwith The CookSucker Blues Band!!
曲をリスペクトした歌いっぷり。サンキュー。


ご来場のみなさん、どうもありがとうございました。良い夏を !