山口冨士夫のライブ

テーマ:
先日山口冨士夫のライブを観た。以前から観たくてかなり期待していたのだが、やはり凄かった。
パキパキ、プスプス、、、キューンキューン。こんな自然現象のようなギター聴いたことがない。一瞬たりとも目が離せないライブだった。山口冨士夫はロックンロールと同義語でした。いろいろ毒づいていたけどすごくピュアなものを感じた。あの場でみんなに愛されていたと思う。できたら今のメンバーでレコーディングしてほしいな。
ストーンズのGimmie shelterのカバーでは日本語で予言めいたことを歌っていてぞくっとした。急にみんなそれぞれが近くにいる奴らと小さな趣味や意見の違いなんかでいがみ合ったり、無関心を装ったりしないで手を取り合わないと今に取り返しがつかないことになるんじゃねぇの?もしかしたらそれは誰かの思惑通りかもしれないなんて思いが湧いて来た。戦争はごめんだ。

「いきなりサンシャイン」よかったなぁ!
AD
今日は一日中自分の部屋にいたのだが、時には飯を炊くのも買いに出るのもめんどうな時がある。

家にある適当な食材で済まそうと思ったのだがスパゲッティはあるが具材が何もない。タマネギもない。芽が生えたにんにくととうがらしだけはかろうじてあった。たしかタマネギがないとペペロンチーノにもならないような気がしたのだが、そんなことはお構いなしに3食分ぐらい作った。シンプルでなかなか美味かった!俺は音楽も料理もシンプルなものが好きなんだよな。あと人間関係もね。

最近のお気に入りはRONNIE LANEの最後のアルバム「SEE ME」
ronnie


ロニー・レイン
シー・ミー

Small Faces~Facesのベーシストで筋金入りのmod。ジャケットの写真が最高にイカしてます。スティーブ・マリオットやロッド・ステュワートの歌はもちろん強力だけど最近はロニーの歌声が沁みるんだよなぁ。。。ロック・スターな生活を嫌い田舎で牧場をやりながら病と闘い仲間達と音楽を作っていたという。派手さはないけど抜群のセンスと懐かしさがこみ上げてくる傑作です。

AD
僕の体内時計は1月の中頃なんだが世間はもう2月に入ったようだね。まさにDog Yearだ。

2週間くらい空いちゃったんで近況報告。Stonesのチケットとれたー!!(石川さんThank you~♪)

まあ当然のようにいいことばかりではなく、半年くらい前にソファベッドにしたんだけどそのせいか最近腰が重いです。腰痛になったらどうしよう。ちょっと心配です。だけどバンテリンは使いません。ヨガのチャイルド・ポーズで腰を伸ばしています。そこでみなさんに質問。やっぱソファベッドって良くないのかな?固い素材なんだけどベッド状態にした時真ん中にくぼみができるから変な風に背骨が曲がっちゃうのかもねぇ。低反発のマットと枕が欲しいのだが高い!安物だとすぐへたってしまうみたいだしなあ。。。人生の3分の1は睡眠なわけだから寝具には気を使った方がいいのかなぁ?いいアドバイスお待ちしております!

ライブドアの事件はショックだった。次から次へといろんなことが明るみにされてきてその他にもニュースを見てるとこれは尋常じゃないなと感じてしまう。4年前僕は六本木ヒルズの工事に携わっていた。1年半くらい行ってたかな。工事しているときはここに何ができるかよくわかっていなかったんだ。あまり興味もなかったんだけど。工事が終わってしばらくしたら六本木ヒルズを大々的にテレビで紹介していたので驚いた覚えがある。まさか当時通っていた現場が4年後に日本の経済とマスコミの話題の中心となるとはね。それと、ちょうどこの工事の途中の頃の話なんだけど僕が働いていた会社がつぶれたんだ。これからどうなっちゃうのかなという不安も大きかったけど不思議と仲間同士が団結してサバイバルできた。(まさに「サバイバル」という言葉がよくあてはまる状況だった。)その後都内のいろんな場所からヒルズの54階のオフィスビルを見上げるたびにあの頃のことを思い出していたんだけど今回のライブドアの事件で確実に時代というものが移り変わったんだなと肌で感じている。ともにサバイバルしてきた仕事仲間もそれぞれの事情により何人かが去っていったけど、あの頃の気持ちを忘れずにこれからも生き抜いていきたいと改めて思う2月の始めなのでありました。


AD