なんなんだ?この空気は。

テーマ:
みなさん最近どうお過ごしですか?俺も虹の話を書いて以来ずいぶんたったけどいろいろありました。
忙しいとかいいたくないけど、なんか慌ただしい。俺だけか?なんかそうじゃない気がする。世間がここ一ヶ月くらい慌ただしくうごめいているように感じるんだよなぁ。まるでこれから起こる何かでかいことを待っているかのような。仕事場にあった週刊誌のページをめくってみても、ニュース番組を見ていて も世の中はここまで来たのかって改めて驚いてしまう。どこまでエスカレートするんだ?流れに身を任せるしかないのだろうか。どうあれ客観的に物事を見る眼は持っていたいものだ。こんなこと書いていいのかななんて迷いながらも、、、公開。
AD

虹を見たかい?

テーマ:
虹の橋  虹3  虹5
昨日の夕方、府中街道沿いの歩道橋にて。

こんなに絵に描いたような完璧な虹ははじめて見たかもしれない。


バイク運転してたんだけどさ思わず「うわっ!」って声をあげて

バイクを路肩に停め歩道橋に駆け上がっていたよ。

そういえばガキの頃は本気で遠くに見える虹の上を歩けるって思ってたものさ。

虹を眺めながらStonesの[She's a rainbow]を口ずさんでの

ご機嫌な帰り道だったね。

君もあの虹を見たかい?


AD

リセット

テーマ:
仕事を終えて国立インターから中央道~首都高をバイクを飛ばして今日は六本木でヨガのクラスに参加。国立から六本木まで30分だよ!さすが高速道路ははやいね。ただこれからの時期雨が心配。普通は雨の日バイクで首都高は乗らないものなのかな?知ってる人がいたら教えてほしいな。

そうそう、それで今日のクラスはAkko先生のアシスタントとして参加したんだ。アシスタントは何をやるのかというと先生が説明するときアーサナ(ヨガのポーズ)の見本を見せる役です。とは言ってもいつもと同じようにクラスを受けたんだけど。だけどちょっと身が引き締まったね。苦手なアーサナとかまだ体の中で固い部分があるからなぁ。これを機に克服しよう!

Akko先生のクラスははじめてだったんだけどTarsha(僕はまだお会いしたことがない先生の師匠)~Maiさん(僕の先生)から受け継いだDNAというか精神というべきものを感じたね。

久しぶりだったけどやっぱりいいね。リセットできたみたい。また明日からパワフルに行けそうだよ。
AD

穏やかな日曜日の午後

テーマ:
紫陽花 ハチがとぶ
ここ一年くらい今までになく体の調子が良くって、ずっと走り続けて、しばらくモチベーションが下がることもなかったんだけど、そんな僕の自信も花粉症ごときにあっけなく崩されてしまった。4月5月と憂鬱な日々が続いた。[春が過ぎてく夕暮れ時に。音も立てず電車が夏へまっしぐら。]季節はいつのまにかもう梅雨だ。
さて僕の6月はどんな展開になるのだろうか。

今日はI'M HEREの石川正己さんがギターとiBookを持って僕の部屋に遊びに来てくれた。僕の作った[Photograph smile]という曲を一緒にレコーディングすることになっているのでその打ち合わせのためだ。
さっそく石川さんのオープンGにチューニングされた「ギグバッカー 」と僕の「J165E」でジャムをはじめた。この曲にオープンGがここまでハマるとは思わなかったよ。スライドギターもいい。
その後ここ最近忙しくて箱から空けてさえいなかった僕のニューマシンをセットアップ。まるで映画でも観ているかのようなOSXタイガーの起ち上がりに思わず二人で歓声をあげてしまったよ。
G5
新しい機能をいじったり、ROD STEWART、KEB'MO'、甲斐バンドなどのDVDを観ながら酒も飲まないのにまるで中学生のようにあーだこーだしゃべって過ごした。そしてさっき石川さん、愛車POLOに乗って帰っていきました。
polo
いやぁ~久しぶりに楽しかったです。いろいろとありがとうございましたー!!

AIRHEAD

テーマ:
airhead

先日仕事の後輩のDAISUKEに「グンジさん最近ブログ更新してないねぇ。いつになったら俺のバンドのこと紹介してくれるの?」とせがまれたので今日は彼のバンドAIRHEADのことを書いてみよう。
AIRHEADはNOFXなどに影響を受けたメロコアバンド。RYO(Ba&Vo)、DAISUKE(Dr&Vo)、JUN(Gu)からなる3人組。写真は5/27新宿アンチノックで行われたライブでギターのJUNが加入して2回目のステージとなる。
一年前に前任のギタリストが脱退してから活動を停止し、オーディションを繰り返していた彼らだがなかなかいいギタリストが見つからなかったという。そこで全くギターを弾いたことのないRYOの従兄弟のJUNにギターを無理矢理教え込んでこのバンドは再始動したのだ。俺はこのエピソードがとてもパンクらしいと思うんだ。うまく弾けるギタリストならいくらでもいる。だけど自分たちと同じライフスタイルで同じ視点をもった仲間となるとハードルはグンと高くなる。ギター持ってでかい音ではじめて人前で音を鳴らしたヤツのほうがキャリアのあるやつよりも説得力がある場合だってある。ライブは一年前に見た時よりバンドとしてずっとまとまっていると思う。今後の彼らに期待だ。

AIRHEADライブスケジュール
7/5初台ウォール
7/23池袋マンホール
8/30新宿アンチノック

テープ

そしてこの日は復活後のAIRHEADの「今」を伝える音源も配布。この時代にテープかよ!?
プロデュースは世田谷のJEFF LYNNEことnoblynne が担当。レコーディング中一回目の演奏で
「いや~終わった終わった。」とビールを飲むメンバーに
noblynne 「ちょっと待てお前ら、俺が関わったからにはそんな演奏じゃだめだ。もう一回やれ!」と喝を入れたというだけあって素晴らしい仕上がりだ(笑)

daisuke

↑仕事中のダイスケ。「ライブ会場でteacup blues見たと言ってくれればテープあげますよー。」