バーチャトレーダー

新興市場銘柄の半年~数年投資が得意です。


テーマ:
2002年ころまでは100万が200万に増えて、再び100万に減らして、大きな増減を繰り返していました。運よく2003年から2006年に資産60倍以上に増やすことができました。しかし、その後は相場環境悪化もあり資産の急激な増加は止まりました。

それでも任天堂の空売りなどの成功もあり、2007年から2010年も毎年数%から十数%の年間プラスで推移させることができました。このときは相場環境に左右されずプラスにできる守備力が自分の投資スキルの自慢でした。

2011年は一転して非常に厳しく、何度も売り買いが裏目に出て、資産半減となりました。何度も大きな損失を出しました。この時期、賭けていたアドウェイズへの投資がうまくいかなければ、投資を止めようと考えました。2、3か月で1億近くから4000万に減った口座残高をみて、悔しい、減った6000万を取り返したいと思いました。しかし、このまま負けが続けば、いずれ元の投資金額100万になってしまうかもしれず、それも怖かったです。何よりも投資家として2003年から2006年の資産急増や2003年から年間だと毎年プラスで、自分には特別な投資の才能があるという自信もあったので、その自信が揺らいで自信喪失、非常につらかったです(シャープなんかを買って、さらにはナンピンしたり、今の自分から見ると下手くそも下手くそ、損するのも当たり前に見えるのですが、数年でだいぶ投資家経験値が上がりました)。

結局、口座が2000万割ったら引退と撤退ラインを決めて、アドウェイズ株で勝負しましたが、運よく引退せずに勝負に勝てました。そして、この時のアドウェイズ株への投資経験がのちのガンホーへとつながりますが、いま振り返ると、引退をかけて最後の勝負みたいなことはする必要はなくて、アドウェイズ株で勝っても負けてもその経験をのちのガンホーなどに生かすだけで十分でした。


今の自分が2011年当時の自分へアドバイスを送るとすると以下の3つです。
・相場環境が悪くなって損が続いたら、レバレッジを抑えたり口座の一部を出金して、しかし相場感覚を鈍らせないように細々と投資は続けろ
・失敗、損失を経験することで弱気になるけど気にするな。その痛い経験が、将来のより大きな失敗、損失を回避するときの助けになる。下げ相場はリスク管理の経験値をためる絶好の機会
・すぐに損失を取り戻そうとは考えず、10年に1~2回の大きな相場、自分好みの相場が来るまでは大勝負を避けろ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

4月末、約10億。現金7000万。メインはコロプラ、現物6万1千株+信用買い6千。

コロプラは5分割発表後から急騰、4月末に12900円から5月14日には41900円まで急上昇しました。

途中利確などもしていましたが、天井までコロプラ5万株程度保有していた気がします。


5月14日には資産も23億円超えました。不思議と5月14日夜には翌日から下がる気がしたので、当面の資産高値の数字はよく覚えておこうと思いました。


5月15日コロプラはストップ安33950円。

16日ストップ安26950円。ここは買いを入れようか躊躇して見送りました。

17日25450円で寄り付き、安値は24100円、高値は31300円で引け値は28770円。

20日31100円で寄り付き、終値は26800円の大幅安。

21日終値21800円のストップ安。

22日は続落。

23日の日経平均大暴落の日、17650円まで下がりました。


このときは信用取引はほとんど行わず、現物取引がメインでしたが13億まで減りました。

少し前まで億超えも出来なかったので、13億も残ったという印象でした。

しばらくはこれを減らさないように手堅く行こうと考えました。

この後にコロプラは25000円前後までリバウンドがあり、22000~25000円ですべて売り切りました。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月末には資産4億2千万くらい、うち現金8000万。現物株はネクスト6万株(6000万)、コロプラ2万4千株(1億4400万。このほかに信用買い2万6千株)。デジタルガレージ200株(6000万。他に信用買い100株、合計9000万分)。エン・ジャパン300株(3700万)。GMOインターネット4万株(3200万、信用で6万株買い、合計9000万くらいの買いポジ)。


4月末には一気に10億を超えた。現金7000万、現物はコロプラ6万1千株、13000円まで上昇(7億8000万)、ユナイテッド6万株を現引きして570円(3400万、信用で22万株、合計1億6千万買いポジ)、ブロッコリー20万株320円(6500万)、ファルコム4万株1200円(4800万)、インデックス5千株1950円(1000万弱、業績無視、傘下のゲーム会社アトラスのスマホゲーム材料なんかが出てこないかなみたいな思惑だけ。たまにこういうボロ株の短期売買もします)


ネクスト、デジタルガレージ、エン・ジャパン、GMOはいずれも数百万くらいの利益で売り切り。ガンホー、コロプラの短期数倍の急騰をみて、売ったこれらの銘柄たちの10%前後の株価上昇はぜんぜん物足りないという感じだった。コロプラ主力にして、残りもユナイテッドとゲーム株に重心を移した。


信用取引でコロプラ13000円で6千株買い、GCA7万株買い、ブロッコリー30万株買い。現引きしていない残りのユナイテッドは買値の倍くらいで2万株だけ利確。


短期売買で目立った取引はKlab500円5万株買い、570円売りくらい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2月末、資産3億8千万くらい、内訳は現金9300万、現物:ネクスト約1000円10万株(1億)、クルーズ16万円400株(6400万)、デジタルハーツ700円5万株(3500万)、GMOペイメント1850円1万株(1850万)、エン・ジャパン10万円700株(7000万)、信用買い:デジタルハーツ7万株(含み益なし)でした。


3月末には資産4億2千万くらい、うち現金8000万。ガンホーがうなぎのぼりだったので、この程度の資産増では納得がいかず、非常に悔しい月でした。

現物株はネクスト10万株→6万株(6000万)に減らし、コロプラは黒猫のウィズリリース前後で5400~5800円で2万4千株買い、月末6000円まで上昇(現物評価額1億4400万。このほかに信用買いにて6000円前後で2万6千株買い増しして合計5万株3億分の買いポジション)。デジタルガレージ24万~26万円で200株買い、月末30万まで上昇(6000万。他に信用買い100株あり、合計300株で9000万分の買いポジ)。エン・ジャパンは700株→300株まで減らし、月末125000円(3700万)。GMOインターネット800円で4万株買い(3200万、信用で6万株買い、合計10万株で9000万くらいの買いポジ)。


コロプラの黒猫は月1万円くらい課金していました。かなり期待していましたが、その後の運営がイマイチで夏には引退しました。


ほかの持越しはクルーズは17万前後ですべて利確、デジタルハーツは微益で利確、GMOペイメント1900円ですべて利確。短期売買でファルコム(3万から19万まで急騰はただ見ているだけで、その後の下げの12~15万円をリバ狙いで買って17万円くらいで売ったり)やマーベラス(このときは今の株数で500円台で買って600円台で売り)、スパークス(今だとこのとき130円前後、株高で追い風のはずなのに月次で資産残高が伸びずに失望して微損で買ってすぐに失望売りしたら、なぜかそのあと200円超える急騰。。。)なんかで売り買いしていました。


このほかに信用買いでユナイテッドを250円台~330円で30万株買って4月に持越しました。gumi、メタップスに子会社のベンチャーキャピタル経由で出資しているのに、うる覚えですがこのときのユナイテッドの時価総額は50億以下でした。gumi、メタップスが上場したらユナイテッドは数倍に化けるかもなんて考えて買い始めて、このあと5月の600~800円でうれしくなって1億くらいの利益で利確しました。そのあとまさかの9000円超えまで暴騰し、それをみて天井で売れば26億の利益だったなんて凹みました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1月末、資産3億4千万くらい、内訳は現金5700万、現物:ガンホー147万円50株(7300万)、ネクスト約1000円7万株(7000万)、エン・ジャパン94000円500株(4700万)、フォスター1430円5万株(7100万)、信用買い:ネクスト約1000円12万株(12000万、含み益1500万)でした。



2013年2月は、損はしていないのに非常に、非常に悔しい月になりました。不安定な精神状態を反映して、売り買いも普段の倍くらいでした。売り買いの間隔も数日が多く、この月はとくにいまの自分とはスタンスが異なるトレードスタイルです。


モバゲー、グリーと異なり、ガンホーはプラットホームではないのでパズドラがどんなにすごくても1本だけ、パズドラが飽きられた場合に再び時価総額が1000億以下になると予想していました。ガンホーは2012年12月には月の売り上げが50億以上ではないかとうわさされていましたが、すでに時価総額は2000~3000億となり株価には十分に折り込まれていると判断していました。


自分の買値からすでに5~10倍、1月の190万円台から2月の120万円台への乱高下をみて不安にもなりました。


2月の主な売買は、2月1日にガンホー150万50株買いで合計100株。6日に152万で50株売り、のこり50株は決算持越しを決意も、なぜかなんだかなんでだかどうしたのか何があったのか2月14日当日に急に不安になり後場に50株売ってしまう。引け後の決算で10分割、1月の単月売り上げ100億超えのアナウンスあり、その後はSTOP高連発。その後も200万円台で買い戻せばよかったのだけれど、直前に売った株を数日で1.5倍以上で買い戻すのは精神的にきつくて、このあとしばらくはガンホーの株価を見てはショックを受ける毎日で意気消沈して過ごしていた。仮に100株を決算持越ししていれば、この後の10分割後なのに100万超えで資産は余裕で10億超えたのにとか、もともとのホールド数を売らなければ200株で20億こえたのにとか、そんなたらればな計算をしては落ち込んでいた。


損していないのに、プラチナチケットを直前で手放して、俺は非常につらかった。


クルーズ10万円台(いまの1000円台)で300株買い、12万円台で150株売り。11万円台で100株買い、16万円で150株売り、残り100株。14万円台で50株、15万円台で200株買って、合計400株。17万円台で150株売り。19万円台で100株売り。17万前後で250株買い。クルーズはうまく売り買いしている印象。いまの自分なら当時の自分とは違って、売ったり買ったりせずに、ひたすら押し目で買って株数を増やしたことでしょう。


GMOペイメント1400円で1万株買い(信用でも1万株買い)→1700円で信用分1万株売り。日本郵船227円で30万株買い→224円で損切、ケネディクス2万6千円(今の260円)で900株買い→2万5千円で損切。横浜ゴム5万株730円買い→720円で損切。エン・ジャパン10万円以下(いまの1000円)で200株買い増し。サイバーエージェント16万円台(今の1600円)で100株買い→17万円台売り。スパークス11000円台(今の110円)で1000株買い→11000円台後半で売り。ワコム30万円台で50株買い→微損で損切。デジタルハーツ700円前後で5万株買い。ネクストの信用買いの一部現引き、一部売り。フォスター1400円台ですべて売り。


2月末、資産3億8千万くらい、内訳は現金9300万、現物:ネクスト約1000円10万株(1億)、クルーズ16万円400株(6400万)、デジタルハーツ700円5万株(3500万)、GMOペイメント1850円1万株(1850万)、エン・ジャパン10万円700株(7000万)、信用買い:デジタルハーツ7万株(含み益なし)でした。


上記のほかにコロプラを第二のガンホー候補として目をつけて、このとき初めて売り買いした。2月18日にコロプラを4800円(のちに3分割、5分割しているのでいまの株数だと320円くらい)で1万株買って、20日に5400円で5千株買い増し。しかしガンホーが暴騰するわりにコロプラはほとんど動かないので、21日に5600円で半分売って、22日には5400円で残りを売っていた。


自分の投資人生において大きな飛躍となる2013年3~5月は、このコロプラが主役になるのであった。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

12月末、資産2億5千万弱、内訳は現金3600万、現物:ガンホー86万5千円200株(1億7千万)、ネクスト840円5万株(4000万)、信用買い:ネクスト840円8万株(6700万、ほぼ含み益0)。


1月は月のあたまにガンホー90万前後で100株売り、ネクストを850円前後で2万株買い、エン・ジャパン78000円で500株買い(いまの株数だと780円で5万株に相当)


アイフル600円2万株買い、650円売りなど短期売買を交えながら、残りのガンホー100株を81万売り切り、92万であわてて100株買戻し。110万で50株買い、この時点で150株。119万で150株売り。1/17に114万で50株買い。乱高下でうまく売らされてしまい、月初の200株を50株まで持ち株を減らした。もったいない。


1/21にはガンホー急騰して145万で50株買いで合計100株、翌1/22には150万前後で100株売り切り。1/25には160万で50株買い。1/29前場は180万円台で50株売り切り、後場急落して150万で50株買戻し。急騰銘柄につきものの急落を警戒していたが、まさに待っていたとおりの急落をうまく売り買いできた。


他にはフォスター電機1350円で8万株買い、月末に1400円で3万株売り。信用買いネクスト4万株買い増し。


1月末、資産3億4千万くらい、内訳は現金5700万、現物:ガンホー147万円50株(7300万)、ネクスト約1000円7万株(7000万)、エン・ジャパン94000円500株(4700万)、フォスター1430円5万株(7100万)、信用買い:ネクスト約1000円12万株(12000万、含み益1500万)

ガンホーの乱高下で鞘を抜こうと短期で売り買いをしたり、ガンホーを利確して分散投資したのだけれど、結局はガンホーをひたすらホールドしていたほうがよかったじゃん、そんな結果だった。


自分の記憶だともっとガンホーストロングホールドだと思っていた。しかし記憶はあいまいで、実際には右往左往していた。いまの自分から見ると、ガンホーの急成長を信じ切れずに落ち着きのない売り買いが目立つ。このときの売り買いを見ていると、当時からだいぶ成長できたと実感できて感慨深い。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

11月末、現金4500万、現物:ガンホー60万円200株(1億2000万)、信用買い:クルーズ8万円300株(2400万、含み益0)、ガンホー100株(6000万、含み益1200万)、マツダ120円台40万株(5000万弱、含み益0)



12月はガンホーの信用買いを利確、ネクスト買い始めた。さすがにパズドラ一本打法は何かあった時にリスクが高いと考え分散を考えた。ネクストはこのあとに3分割と2分割して株数6倍になっているので今の時価からは1/6の株価水準、しかしこのときは儲からなかった。


現物スイング、マツダ140円→150円で20万株、+200万。ガンホー86万円50株売り、81万で100株買い、82万で50株売りで+350万、これは税金のための年末クロス取引みたいな益出しが主な目的の短期売買。


信用はガンホー60万で50株売り、88万で残りの50株売り、合計+2600万。クルーズ9万~9万5千ですべて利確、+400万。マツダ140円までに徐々に売り切り。


12月末には現金3600万、現物:ガンホー86万5千円200株(1億7千万)、ネクスト840円5万株(4000万)、信用買い:ネクスト840円8万株(6700万、ほぼ含み益0)。ガンホーのおかげで11月の億超えから12月末には2億5千万弱まで資産急増していた。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

10月、ガンホーの信用分50株現引きして、現物200株。他に現物はディーバ1万5千。


信用買いはセイコーエプソン500円で損切した分を450円で3万株買い直し。日本郵船155円で20万株。パイオニア損切400万損失。ジェイアイエヌのスイング買いやファナックスイング売りなどもしていた。


月末にはガンホー39万まで上昇し、現物株の時価合計はほぼ9000万、ほかに現金200万

ガンホー信用買いで35万50株を買い増し、持越し分と合わせて合計100株。含み益800万。合計でほぼ1億達成。


11月、現物のディーバ全部売り。上場大企業向け会計ソフトで高シェア、IFRS関連の本命と考え買っていたが、IFRSの強制適応の時期も不透明で、割安だが業績の伸びもイマイチ。微益撤退。


月末にはガンホー60万200株で1億2千万、現金4500万、信用の含み益。信用買いでクルーズ8万円(100分割する前なので、今の株数に換算すると800円)で300株、ガンホー100株(売り買いして益出ししており、含み益1200万)、マツダ120円台で40万株。合計で1億7千万超え。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

7月、ガンホー動かず100株から70株へ減らす。ディーバも10000株に減らす。

信用で小松とファナックを売り。サンリオ売りは買い戻して100万の損失。


8月末にはガンホー238000円まで動く。30株買い戻して100株。

一時25万近くなった時に信用取引で50株追加、合計150株。


8月は他に信用でミクシィを11~12万で200株買い。

セイコーエプソンを560円で2万株買い。

パイオニア213円で10万株買い。


短期売買だと、ジェイアイエヌ1650円1万株買い、1700円売り。

マツダ98円20万株買い、97円で損切。


9月末にはガンホー32万円まで上昇、この当時は値動きはこのくらいゆっくりだった。今だと2週間くらいで倍になることも多く難しい、当時は今ほど高速ではなかった。


9月の途中で一時ガンホーは300株まで買い増し。50株利確。

セイコーエプソン550円で損切。ミクシィは微損撤退。

アスクル1100円くらいですべて売却。


持越しはガンホー現物150株、信用買い100株、ディーバ10000株、パイオニアの信用買い10万株。

現金1000万+現物6000万、信用買い5000万。

こうして実際の履歴をみると、記憶の中のトレードよりもはるかに短期売買が多く、信用買いも使ってレバっていた。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月、初めてガンホーを買ったのは6月20日に168000円50株だった(今の株数に換算すると、1株たったの16円!!)。とにかく板が薄く、100株を成り行きで買うと1万円くらい値が動くような板の薄さだった。数十株ずつ182000円まで買って、現物で100株を保有した。


パズドラは登場から早い段階で売り上げ1位になったが、秋ぐらいまでは1位は盤石ではなく、他社のゲーム、特にスクエニのミリオンアーサーとは頻繁に1位を交替していたと思う。DeNAの怪盗ロワイヤルやグリーのドリランドが最盛期は月商30億超えとネットではうわさされていたので、当初はパズドラも月商10億くらいは狙えるかなと思っていた。


パズドラは自分自身では夏ころに初めてダウンロードした。はまりすぎて1週間で嫁に禁止され、すぐにゲームを削除したのであまり遊んでいない。課金する人の気持ちはわからなかったし、パズドラの運営のよさを判断する前に辞めてしまった(この苦い経験がのちに黒猫、モンストの重課金へとつながる)。


6月末の持越しは、ガンホー以外の現物株はディーバ850円12000株。

信用買いでアスクル900円で4万株、信用売りでサンリオ2600円で1万5千株。


この月は短期売買で郵船、TDK、小松、ファストリ、古河電工、DeNA、サンリオ、アドウェイズ、富士フィルムなど買いや空売りやら、とにかく忙しい。いま見るとこの月は売買がとても多く、仕事が暇だったのかもしれない。信用取引をたくさん使って買って、数日で売って、空売りして、数日で買い戻して、スイングトレードしまくっていたが、合算するとプラスマイナス0くらいだったようだ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。