郡山コミュニティFM
【ココラジ 79.1MHz】にて

COCOBEATの
Good morning !!
夜だけど・・・

放送開始!!
毎月第3金曜 PM10:00~


出演:Co-Bee・GUMLLA

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月04日(木) 01時14分23秒

今更ながら『レコードまつり福島』お疲れさまでした!

テーマ:お仕事ごとごと



はいどうも、ガムラでございますよ。
大変遅れてしまいましたが、先日4月15・16日S-PAL郡山さんにて、

レコードまつり福島

無事開催されました!私もTシャツとメッシュキャップの販売で参加させて戴きました。ご来場下さった皆様本当にありがとうございました。




2日間お客さんが絶えなかったレコードまつり。


初日オープン時刻からレコードをディグるお客さんがわんさか。結果2日間お客さんが絶える瞬間がありませんでした。
やはりレコードの良さを知っている方は沢山いらっしゃいますねぇ。




オールジャンルのレコード市。




ポータブルプレイヤーもボブのレコードとセットで販売!




会場ではRAS-TAKUOHさんもプレイ。




友人達も家族で来場。DJ KUROYUKIは今回もTシャツ買ってくれました!!あざす!!




主催者Co-Beeのお子ちゃま達も来場w おっきくなったねぇ♪



Co-BeeとOZAROCK!オザ結婚おめでとう!!!




アイテムも好評でした!わざわざ来てくれたAPPLETON DISCOのマチャ、DJ NOJIさん、
ご購入ありがとうございます!!




休憩中、宇都宮のDX RECORDSさんから貰ったレモン牛乳で一息。
ごちそう様です!!!ウチの幼馴染みと友達だったんだねw




顔出し不可のDJ Krow。しゃあねぇから目線入れる。




facebookにupしたら開催中にベトナムから取り置きの連絡入るって言うねw
bleem!さん!VNDで約770,000ドンですよ!? いいんですか!?ww




ディグるレコード屋の娘w さすがDNA。




通常土日の昼間は仕事なんで、ここに居る事が奇跡。
皆会いに来てくれてありがとうねw






本当に楽しい2日間でした、お越し下さった皆様、そして関係者の皆さん、お疲れさまでした!!


-Flyer-









【FLEX FRIDAY】
2017.5.19 [fri]
@郡山 DJ Bar DOOZ
door ¥1,500-[with1drink & many smile]


APPLETON DISCO主催の新しいダンスです!!

スペシャルゲストに RACY BULLETからDJ MA$AMATIXXXが登場!!
しっかりがっつりおどれるREGGAEスペシャルナイト!!5月病なんかかかってるヒマないぞ!!














【IRIE TIME vol.28】
2017.6.25 [sun]
open17:00〜22:00
@福島 AS SOON AS
前売り¥2,500-/当日: ¥3,500-
[共に別途ドリンク代]


6月入っての福島は、IRIE TIMEです!!

スペシャルゲストに、光風 さんと苧麻さんがそれぞれソロで登場!!

IRIE TIMEは今回をもって一旦活動休止!! 残念ですがその理由はとてもめでたい事なんで次のIRIE TIMEに期待しつつこの日は祝い酒でしょう!!

※前売りチケットのご予約はお早めにirietime024@gmail.comまで!!




いつも皆様ありがとうございます、今後とも宜しくお願い致します。


作品群 -gumlla's works-
http://kikyo-kobo.tumblr.com/


お仕事どしどしお寄せ下さいまし。
ちなみにA6サイズ(100/148 ハガキくらい)、表カラー/裏白黒(上のフライヤーと一緒)で、
¥7,000- (印刷代別)
で承っております。納期は御依頼から1週間前後でみてくださいまし。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月18日(火) 10時19分55秒

成田一人ぼっち『最後のイライラ』〜おでかけ三昧海外編vol.109〜

テーマ:紀行文



余談: バカに合わせる目盛り


やっと成田到着、ラゲッジ受け取り、夏服から冬服に変身。


俺「・・・あー、やっと帰って来れた。とりあえずタバコ巻いて一服してから帰ろう。」



一年ほど前から俺は巻きタバコ派なもんで、すぐさま喫煙所に向かい、室内のベンチでタバコを巻き巻き・・・するとそんなタバコを巻いてる俺の隣に若いビジネスマン二人組が現れました。

今ここで吸う分の1本と、帰りの駅で吸う1本、郡山に着いて吸う1本、と合計3本巻いてる間に、このビジネスマン二人組の会話がイヤでも耳に入ってきます。

出ました。

もう、話の内容から分かる、


バカな先輩と
利口な後輩。



もー、後輩の方気の毒だなー、この先輩ビジネスマン、よくいるタイプです。

『自身満々のバカ』
『自意識過剰』
『絶対言ってる事誰かの受け売り』
『後輩の前でしか偉そうに出来ない』


完全にこのパターンです。ちょっと二人の会話を聞いてみましょう。


バカ先輩「絶対お前分かってないよ!マジで!普段から仕事の意識が足りない!!」

利口後輩「はぁ、そうですね。本当に気を付けます。」

バカ先輩「何を?何を気を付けんの?ねぇ、何を?具体的に言ってみて!」

利口後輩「いや、あのww 具体的に、ですか?ww」

バカ先輩「そう!具体的に!言えないだろ?言えないのに何を気を付けんの?」

利口後輩「すみません・・・じゃあ、あの・・・」

バカ先輩「なに。」

利口後輩「先輩、『普段から仕事の意識を高く持つ』って、先輩は具体的にどういう風になさってるんですか?・・・俺ちょっとまだやっぱり分かんなくて。」

バカ先輩「な!! そう!! そうやって素直に分かんないなら分かんないって聞けばいいんだよ。そう言う事!

利口後輩「・・・はい。」

バカ先輩「分かった?」

利口後輩「はい、・・・え?」

俺(え?・・・まさか終わり?)

利口後輩「あの、あ、ああ、じゃあ・・・例えば、今回(海外出張で)、俺のどのへんが力不足でしたか?」

俺(お、後輩エライ。優しく先輩風吹かせられるようにナイスアシストwww)

バカ先輩「お前そんなん具体的に言わないと分かんないの?

利口後輩「!!!!
俺(!!!!! バカだ!こいつバカだ!!

バカ先輩「ほら、こないだナカムラさん達と飲んだ時もそうだよ、お前さ、あん時何の話してた?」

利口後輩「え?あ、ナカムラ主任と飲み行った時ですか?」

俺(うわ、これ多分『今回の話』じゃねぇな・・・w)

利口後輩「あー、いや、普通に。勿論仕事終わっての事ですから、ほら、あくまで『プライベートで』って話あったじゃないですか。だから、あの時は普通に、むしろビジネスの部分は極力無しにして、ホントに飲み会みたいな感じで」

バカ先輩「ほらほらほらほらそれがダメ!! 全然分かってない、そういうトコ言ってんの俺は!


利口後輩「・・・はい、すみません。」

バカ先輩「お前逆によく今までそれで来れたね、俺とそんなに歳変わんないのに。ゆるすぎじゃない?w 俺らの同期とか言っちゃなんだけどもっとピリピリしてたよw」

利口後輩「いや、でもあの時はあれで良かったと思いますけど。ナカムラ主任もシオヤ君も楽しかったって言ってましたし。」

バカ先輩「いや皆大人だもん!そりゃあの場ではそう言うよ!」

利口後輩「いや、昨日LINEで。またやりましょうって言ってましたよ。」

バカ先輩「・・・あ、昨日?確かにシオヤ君楽しそうだったもんね、でもLINEとかw それはホントにプライベートのヤツだからww」

利口後輩「あ、違います。ナカムラ主任からです。

バカ先輩「・・・え、あ、ナカムラさん?・・・へー、ナカムラさんLINEやってんだ・・・。」

俺(こいつ、そのナカムラ主任て人に全然ハマって無ぇんだなww)

バカ先輩「うん、それは別にいいんだけど。」

俺(いいんかい。)

バカ先輩「俺が言いたいのは飲み会の中身の話!例えさ、向こうが『プライベートで』とか『仕事の話抜きで』って言ってもさ、それでも相手は取引先な訳だから!鵜呑みにして全然仕事に繋がんないトークしても意味無いじゃん!って話してんの!!」

利口後輩「まあ、勿論そうですね・・・。」

バカ先輩「だろ!?そこ!俺がお前に足りないっつってんのは。プライベートな話をしつつも・・・実は相手の趣味を探ってる、みたいな!!相手の話をよく聞いてさ、あ!この人は娘さん居るんだー、とか。あー、この人は寿司好きなんだー、じゃあ次は寿司屋に誘ってみよー、とかさ!!分かる?」

利口後輩「ええ、もちろん。」

俺(このバカ先輩、凄ぇ普通の事言い始めたな。

バカ先輩「そしてさ、突然例えば『ナカムラ主任!俺美味い寿司屋知ってるんですよー!』みたいな事になったらさ、相手からしたら『あれ?俺が寿司好きなの知ってくれてたんだー』みたいに喜んでくれるわけ!分かる?」

利口後輩「・・・・ああ、そういう風にすればいいんですね、次からちゃんと意識します。

俺(偉いぞ後輩!!

バカ先輩「いやお前全然分かってないよ。」

俺(お前に合わせてくれたんだ馬鹿野郎!!!

バカ先輩「じゃあ!実際ナカムラ主任と何の話してた?こないだ。LINEしてるくらいだから仲良いんでしょ?

俺(うわ、こいつ最悪。やっぱりLINEの件ひっかかってたんだ。)

利口後輩「いや、あん時・・・あの会では、あ、ダーツですね!

バカ先輩「はいキタ。それ最悪。

利口後輩「え?
俺(え?なにが?

バカ先輩「・・・やっぱな、全然ダメ。分かってないし、もう先の事を全然意識してない結果がそれ。」

利口後輩「・・・・すみません。え?ダーツの話、駄目ですか?」

バカ先輩「ダーメに決まってんじゃん!あのさ、ダーツの話して、次何に繋がる?何に繋がる?自分が好きなもんの話したって、相手が好きな物の話探れって言ってんのに、自分の趣味の話したって次何っっにも繋がんねぇじゃん!!!

利口後輩「うーーん、でも」
バカ先輩「でもじゃなくて!でもじゃなくて!話聞けって。あのさ、もしそのダーツの話が盛り上がったとするよ?ナカムラさんもシオヤくんも『じゃあダーツ始めてみますか!』ってなってさ、それでも何になんのそれ。皆で並んでダーツやって今後何か変わるの?それ。

利口後輩「きっかけにはなりましたよ。」

バカ先輩「きっかけとか関係無いって!! 俺は『ダーツが駄目』って言ってんの!!

俺(ええええ!!!? 『ダーツそのものが駄目』って話かよっ!!

バカ先輩「いい?じゃあ教えてやるよ。仕事の相手と、もっと密に信頼関係を結びたいって時は、お互いがプライベートって言うか中身?中身まで見透かして、『あ、信頼出来るな』って思わせる付き合い方しなきゃ駄目なんだよ。ダーツなんか横に並んで的に皆で矢ぁ投げてって、そんなのその時だけの単なる遊びで終わっちゃうんだよ。お互いの目を見るような付き合い方じゃないだろ!!

利口後輩「・・・・そう、ですね。じゃあ先輩はどんな付き合い方で、こう、ビジネスに繋げてきたんですか?」

バカ先輩「麻雀。」

利口後輩「・・・・?」
俺(・・・・・あ?)

利口後輩「・・・・麻雀。」

バカ先輩「麻雀が一番いいんだよ。ほら、相手の目を見て、相手の心を探って、その人の風って言うか流れを読むわけ。ホントに麻雀て人間出るからね。マジでビジネスと一緒だよ。」

利口後輩「あのー・・・」

バカ先輩「今俺の麻雀仲間になってる人って、やっぱりビジネスで繋がった人ばっかりだよ。ダーツにそれある?個人競技じゃ仲間は出来ないんだよ。

利口後輩「先輩、あの、ダーツが好きなのはナカムラ主任です。で、俺も好きなんでその話で盛り上がったんですよね。で、先週、香港行く前、ナカムラ主任とダーツバー行って。・・・結構、ダーツでも仲良く、って言うか信頼度上がりますよ? なんかシオヤくんもナカムラ主任に誘われた事あるらしいんですけど、シオヤくん苦手みたいでw 『最近全然シオヤ誘っても来ないんだよー』ってナカムラ主任言っててw そこで最近は俺とダーツ行けるの本人凄い嬉しいらしいんですよね。良かったら先輩も次一緒に行きます?ダーツ。ナカムラ主任マジで上手いんですよ!本気で好きみたいで、大会とかも出てたって。」

バカ先輩「・・・うーん。いや、俺の言いたい事はそういう事じゃないんだよなぁ。

利口後輩「・・・・そうですか。・・・じゃあ。うーん、すみません、気を付けて、頑張ります。

バカ先輩「だからさぁ、頑張る頑張るって具体的に言えって言ってんのにさぁ!!!!


・・・

・・・

可哀想に、利口な後輩君。

分かる、分かるよ。確実に君の方が優秀だよ。

いっぱいツッコミたい所あるよね?
『自分が具体的な事何も言わない』くせに『具体的に言え』は無いよね。
『心構えの話』かと思って聞いてたら『ダーツよりも麻雀がいい』って、そんな単純な話無いよね。
それにさ、麻雀の方が個人競技だよね。

もう分かってるし、君の周囲もこの先輩がバカな事も気付いてるよ。

でもこう言うバカって、
自分の非を認めないんだよね。

自分より下の立場の人間に威圧的な態度をとって、
普段の憂さ晴らししてるだけだからね。


だから正論をぶつけても流されるだけなんだよ。
だから合わせるしか無いんだよね。

悔しいだろうね。

でも今後の付き合いもあるからね、穏便にいきたいよね。
だから後輩の君が折れるしか無いんだよね。

だからね、

これから俺がとる態度は君に対してじゃないからね。
この後の先輩の顔を目に焼き付けて、ツライ時はそれを思い出して頑張ってね。


バカ先輩「こんなに真剣に仕事のアドバイスしてくれる先輩って俺ぐらいだよ!? 先輩後輩でも実際はライバルなんだからさ!! ちゃんと話

俺「せっかく日本帰って来てタバコ吸ってんのに、何だかうるせぇなぁ・・・。

バカ先輩「はな・・・・・!!!」
利口後輩「・・・・。」

俺「うん。悪いけど、アンタうるさいすわ。



そそくさと出て行くバカ先輩と利口後輩。去り際頭を下げて行った後輩君にだけ笑顔を送っておいたけど。






で、やっと地元に着きました。

なんか、帰り道が散々だった今年の海外休暇だったけど、ベトナムの最終日までは超楽しかったです。

来年また行けるかな?なんとか行けるようにまた一年頑張ります。

では日常に戻ります。旅路で出逢った皆様、
今回も
ありがとうございました!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月17日(月) 18時22分42秒

香港一人ぼっち『帰国』〜おでかけ三昧海外編vol.108〜

テーマ:紀行文



エピローグ: 返せ!! ツナサンド!! そして帰国


香港国際空港は広い。

そして早朝だろうが深夜だろうが人がいっぱい。

手違いかました航空会社からもらった食事チケットを握りしめ、また出国審査をし、搭乗ゲートへ向かいます。


俺「っったく、遠いなぁ!! 動く歩道使っても遠いわ、出国審査バカみてぇに混んでるわ、なんだかんだともうゆっくり食事する時間も無ぇじゃねぇかっ!!

結局もう搭乗時間まで45分『空港内の飲食物なら全部に使えますよ』と渡された食事チケットも使うヒマも無さそう。

俺「もういい!! 搭乗ゲート付近の売店でパンでも買う!!」


と、己の搭乗ゲートの真ん前の売店でツナサンドとペットボトルのお茶を買う、

・・・つもりだったのだが。


売店の姉ちゃん「あ、ダメですよ。金額オーバーです。

俺「はっ?何、このチケット金額制限あるの?

姉ちゃん「はい、えっと、このチケットだと70ドル(約980円)までなんで、このツナサンド1個分です。

俺「ツナサンド980円もすんのかよ!!そんな額しかよこさなかったのかあのバカ航空会社は!!!



もういい!!とツナサンドだけ購入し、売店の中にあるテーブル席で急いでツナサンドにかぶりつく。

・・・

・・・

・・・

一口食ってパッサパサ。

俺「こんな口の中の水分全部奪うようなツナサンドが980円かよ・・・ダメだ、お茶無いと飲み込めねぇ。」

一口だけ齧ったツナサンドをテーブルに残し、目の前のレジでお茶を実費で購入。

その間ほんの10秒足らず。しかし、


俺「あ!!?


振り向くとテーブルからもうツナサンドが消えている。
そそくさと小走りで走り去ろうとする掃除のババアの背中が遠ざかって行く。



俺「やい!! ちょっと待てババアッッ!!! 俺のツナサンドここにあったろ!!

掃除婆「・・・えー、・・・知りませんよぉ・・・。」

俺「嘘つけっ!! お茶買って振り向いた瞬間ちょっと目ぇ合ったろ!!・・・さては食い残しと思って捨てたか。確かに不味いが荷物も置きっぱの席に一口だけかじっただけの食い残しがある訳無ぇだろうっっ!!!

掃除婆「知りませんてぇ・・・本当にそんなツナサンドあったんですかぁ?



なんなんだこの空港は!!!航空会社の対応悪いわ、税関の態度悪いわ、ツナサンド高ぇわ、そのツナサンド捨てるわ、

旅のラストに
気分害するんじゃねぇ!!!

しかも搭乗まで
もう20分きってんだよ!!!

モメさせんじゃねぇ!!!!!



全く納得いかないが時間が迫っている。半日予定狂わされて、与えられた飯の補償がパサパサツナサンド一口とは・・・ペットボトルのお茶は実費で400円もするし、パサパサツナサンドが無い今となっては、この未開封のお茶なんか邪魔なだけじゃないか。飛行機乗ったらビールすらタダなのに!!

と、そんな怒りに震えている俺に、予想外の所から救世主が現れた!!



売店姉ちゃん「ちょっと!! アタシ見てたよ!! この人ちゃんとツナサンド買ったもん!! お兄さん、いいよ!!
そこの棚から同じツナサンド持っていっていいよ!!


お、

おおおおお!!!

マジか!? 姉ちゃん!!!


俺「ホントに!? いいの!!?」

姉ちゃん「いいよ!! 持ってって♪」

俺「ありがとう!! 助かるよ!!!



いやぁ、最後の最後に天使遭遇。

助かったぁ、これで不味いツナサンドも美味く感じるはずだよ!
もう一度席についてツナサンドを開け・・・た瞬間、



館内放送「9時30分発、成田行き、搭乗開始致します。


俺「・・・・・・・・。」



半開きのツナサンドと、未開封のお茶を小脇に抱え、飛行機に乗り込む俺。
乗ってすぐさま始まる機内食。ただでさえ小さなテーブルに食い物の山。

俺「俺だけ『機内食じゃ少ないの分かってるんで、事前にツナサンド買っておいたんだー』みたいな食卓になっちまってる・・・・。バカデブみてぇじゃねぇか・・・。」




・・・・成田到着。



航空会社スタッフ「ガムラさま!! ガムラさまはいらっしゃいますか!! ガムラさま!!!!



降りてすぐの細い廊下で俺の名前を叫んでるヤツがいる・・・せめて入国カウンター前とかにしろよ・・・、降りた客全員に聴こえるシチュエーションで、更に本名のプラカード掲げやがって・・・。


俺「あいッ!!! 俺だよっっ!!!

スタッフ「この度は大変ご迷惑おかけ致しまして・・・約束のお金でございます!!

俺「分かってるよっ!!

スタッフ「今後はこのような事が無きよう・・・」

俺「もういい!もういい!!・・・そんなん絶対改善なんかされねぇようなレベルなんだから。」



まだなんか喋ってるスタッフを残して、


やっと帰国。

あー、今年はなんのアクシデントも起きずに帰って来れると思ってたけど、俺が甘かった。

だってこの後、
帰国してもイライラする事
出逢っちゃうんだもん。


大人しく家には帰れないのか・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月14日(金) 20時01分28秒

いよいよ明日から!!『レコードまつり福島』!!

テーマ:お仕事ごとごと


はいどうも、ガムラでございます。
とうとう明日からの2日間開催でございますよ!!

レコードまつり福島



日時:2017年4月15日(土)/16日(日)
会場:JR郡山駅ビル S-PAL郡山センターコート


旧サンシティであるS-PAL郡山さんでの開催は感慨深いものがございますなぁ。

開催日2日間は我がKikyo Koboも以下の2店を販売致します!!




frontデザイン


backデザイン

Tiger Motor Show 2017 Tシャツ
カラー : ホワイト/ブラック1種類のみ
サイズ : S/M/L/XL/XXL (※上の写真はXXLです。)
¥3,800-(税込)
(※売り切れ次第終了です。)





MYSTERIOUS DOUGHNUT メッシュキャップ
カラー : ブラック/ホワイト1種類のみ
サイズ : フリー (※スナップバックです。)
¥2,500-(税込)
(※売り切れ次第終了です。)



勿論のことレコード購入メインでお越し下さって戴きたいのですが、何となく・万が一レコード以外も欲しい気分になったらご購入下さいませ。

Tシャツは今回限りの限定生産。生地しっかりの6.2onzですし、キャップも今回5個しか出しません。思い出にうってつけです。

ちなみに私は15日は午前中しか会場におりませんが、16日は終日おりますので、かまってやって下さいませ。


どうぞ宜しく!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月12日(水) 23時04分25秒

香港一人ぼっち『チョケる。』〜おでかけ三昧海外編vol.107〜

テーマ:紀行文




真・最終章(後編): 今年で38歳の偽成功者

と、言う訳で香港国際空港で散々バトって、更に航空会社が用意したホテルに行くだけなのに、

入国審査係「決まりは決まりですから。」

と、いちいち面倒な出入国カードの記入を命じられ、

俺「めんどくせえっ!スタッフ!代わりに書けコノヤロウッッ!!!

航空会社ポンコツスタッフ「いえ・・・すみません、決まりなんで・・・」

俺「はっ!!!



と第3ラウンドを交え、到着したのが香港の某高級ホテル。同じく乗り継ぎ出来なかった男性客Sさんも一緒に。


俺「・・・うわぁ・・・でっけぇホテル・・・高級過ぎておっかねぇよぉ・・・。」


いきなりデカいロビーと、豪華なラウンジ。フロントに並んでるのは育ちがいいのが一目で分かるスーツ姿の団体。
ちなみに俺はワークシャツ、半パン、メッシュキャップに、肩からかけた手作りカメラバッグ。ドコからどう見てもセレブ狙いのパパラッチ。


俺「あのー、航空会社に言われて来たんですけどぉ。」

フロントの女性スタッフ「いらっしゃいませ。こちらがお部屋のカードキーでございます。」

俺「あのー、タバコ吸いたいんですけどぉ、喫煙ルームって・・・」

女性スタッフ「うふ♪お客様のお部屋は勿論喫煙可のお部屋ですよ♪ご自由にお吸い下さいませw」

俺「おおお。」


同じ香港なのに、もうあんな思いしなくていいのか。

↓※あんな思い↓
http://ameblo.jp/gumlla/entry-12254774244.html



俺とSさん、お世辞にもセレブ感の無い日本人のおっさん二人並んでエレベーターホールへ。もうエレベーターホールも超高級な感じね。静かに降りてきたエレベーターにおっさんs乗り込む。・・・が、


俺「あれ?ボタン押しても何にもなんない・・・。」

Sさん「え?あれ・・何でしょうこれ・・・。あ!ひょっとしてココにルームキー入れないと動かないセキュリティじゃないですか?」



エレベーターのボタンの下にあるスリットに部屋のカードキーを差し込む。


ペカッ!!



※本当はこんなランプじゃありません。


俺「おおー。」
Sさん「おおー。」



エレベーター起動。パパラッチ隊潜入成功。
静かに昇るエレベーター。さすがピンポンマンションのエレベーターのような破壊音はしないぞ


Sさん「あ、じゃあ私はこの部屋なんで。」

俺「どうします?明日。なんか早めに来いみたいな事言ってましたよね。」

Sさん「ええ、7:30には航空会社のカウンターに来てくれって言ってましたよね。もうそうなると、せめて6:20のシャトルバスで空港向かわないと・・・。」

俺「なーんかちゃんと寝れなそうですねぇw じゃ!また明日!!おやすみなさい!!」



俺の部屋はもっと奥の部屋。カードキー入れて中に入ると・・・・







俺「うーわ!すっげぇ部屋!!でも何にもやる事無ぇからつまんねぇ・・・。」




ワークデスクも完備。窓の外は海とその向こうに見える夜景。



もう正直何していいのかさっぱり見当つかない。とりあえず風呂にお湯貯めて、身体洗って、バスローブに着替えてみる。






外国人セレブのインスタまがいの写真撮ってみる。






備え付けのお菓子あるけど食べたく無いし、ベトナムみたいに食ったら後でガッツリ請求スタイルだと困るので手ぇ付けられない。実際もう香港ドル持ってないし。

・・・

・・・

・・・

いい部屋に
速攻飽きる。






俺「何やってんだ?俺。


散々空港で暴れたせいと航空会社のポンコツ対応のせいで、すでにもう結構な深夜。今から寝たら寝坊の可能性大。


俺「どーしよー・・・ヒマ過ぎるなー。」





結果一人でポケモンGOをDO。さすが香港カニだらけ。


俺「え?あ!ほらやっぱりカモネギ居んじゃん!!誰だよ日本限定レアキャラっつったの!お得意の偽モンか?」



・・・

・・・

・・・

・・・

・・・ポケモン飽きた。






俺「いえーい。」


ヒマ持て余し過ぎてワンフィンガーチャレンジ。LINEで皆に送りまくる。


『香港まで行って何やってんだ!! 今年38だろが!!』

『アンタそれベトナムでもやってたでしょ。』

『いいから早く帰って来て下さい!!!』



・・・俺だって帰りてぇよ。テレビ点けてみる。


俺「・・・・・・。」


電波レベル超悪い。高級ホテルでも電波は関係無いか・・・。
何か通販番組みたいのやってるけど広東語だからさっぱり分からん。


俺「・・・あーあ、朝まだかよ。」










朝です。



俺「・・・ダメだったか。


朝のフロントにSさんの姿はありませんでした。


俺「Sさん、寝ちゃったんだなぁ。・・・カギ返しちゃったからエレベーターも乗れないし、起こしに行けないなぁ。・・・・幸運を祈ります。」



一向に現れないもう一人のパパラッチをあっさり見捨て、朝の香港国際空港に向かうのでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。