郡山コミュニティFM
【ココラジ 79.1MHz】にて

COCOBEATの
Good morning !!
夜だけど・・・

放送開始!!
毎月第3金曜 PM10:00~


出演:Co-Bee・GUMLLA

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月20日(水) 15時20分01秒

最近の事。

テーマ:日々伝(日記/コラム)


はいどうも、ガムラでございますよ。いやクソ暑いですな。
今年1月に行ったはずの海外紀行文も半年かかってやっと終わり、現在は本業に勤しんでおります。


プライベートの方では親父の新盆の準備やら一周忌の準備やらで、まーやる事いっぱいでございますよ。
しかしなんでしょう、ここ4年連続で身内の不幸が続いたもんで、お寺の行事やら役所関係の手続きしっぱなしでございますな。どうにもこうにも流石に疲れます。

本当に心と身体を休める場所がベトナムだけになってしまってますなぁ。







ここ4年で酒の量も異常に増え、家の冷蔵庫には偽ビア(糖質0の第三のビール)とテキーラが常備されるようになってしまいました。
そして酒の量が増えるにつれ、食事と言う食事も摂らなくなってきてますな。

本当にまともなメシ食う場所もベトナムだけになってしまってますなぁ。


だもんでほとんど家から出なくなっちゃってるもんで、最近会ってるって言ったら愛犬の散歩で会う愛犬の友達くらいになっちゃってます。




ウチの愛犬が片思いしてるラッキー。


その愛犬も先日病院に連れて行ったら見事に太っている事が分かりまして、空いた時間にロングお散歩と称して10kmコースのお散歩を二人で半日かけて歩くようにしました。

おかげで昼間ヒマを持て余している脱水症状一歩手前のお年寄り達との出会いばかりが増え、何だかすでに老後の気分を味わっております。

本当に若い姉ちゃんに会う場所もベトナムだけになってしまってますなぁ。219行きたい。





あまりの暑さに初めての行水に興じる愛犬。


早く色んな事片付けてまいたいんですがねぇ。中々片付きませんなぁ。
おかげさまでデザインのお仕事も10月くらいまでのご予約も入ってまして、まだまだインドア生活が続きそうです。

はー、旅に出たい。


あ、告知します。





【UNIVERSAL UNITY】
2016.7.23 [sat]
@郡山駅前 DJ Bar DOOZ
open/start 21:00
¥1,500-[with 1drink]



7月23日はDOOZにてラスタの誕生祭です!
郡山のレベルミュージックを伝えるサウンド勢揃いです、夏休み入ってすぐのこの日に皆さんで楽しみましょう!!









【ALLURE vol.3】
2016.8.27 [sat]
@郡山駅前 DJ Bar DOOZ
open/start 21:00
¥1,500-[with 1drink]
※浴衣の女の子には先着でドリンクチケットプレゼント!



ゆかりがまたDOOZで女の子だらけのパーティーを開催するそうです。
女の子だらけのイベントだのに、フライヤーデザインをおっさんの俺がやらせて戴きました。ありがとうございます。

DJもシンガーも女の子、そしてベリーダンサーのショーケース!
夏の夜が華やかになりますなぁ。楽しい夜になりますよ!皆さん遊びにいきましょ!!

俺も国内で若い女の子に囲まれたいな。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月04日(月) 19時00分09秒

台北一人旅『バイバイ台北』〜おでかけ三昧海外編 vol.73〜

テーマ:紀行文


第八章:目的地へ


台北最終日、この日も雨。今回の海外旅行の最終日であり、真の目的地へ行ってきました。



天井高い台北駅。


台北駅付近からまた地下鉄に乗り、目的地付近の駅まで。降りるとそこは静かな商店街です。平日のお昼前ですからね、そりゃあ静かでしょうよと。

ペットショップなのか猫カフェなのか分かんないお店の前を通り、大きな道を横断。左に曲がってコンビニを横目にプラプラ歩く。
観光地じゃないですからね、本当に普段の地元のそれと何ら変わらないような日常風景の中を歩きます。




薄暗い昼の道を歩く。この写真好き。



猫いた。


しばらく歩くと発見、TVで見たお店だ!!





老牌張豬腳飯

豚足の有名店です。今回の旅の目的地です。

以前日本のTVでも紹介されたこのお店、その番組を親父と観ておりまして。


親父「あー、このお店の豚足食ってみたいなぁ。」


ウチの親父はTVでグルメ番組を観るとすぐ「これ食いたいなぁ。」と言う親父でしたが、どうやらこのお店の豚足に関しては随分心に留まっていたようで、事あるごとに、

親父「あのTVで観た台湾の豚足屋さん行ってみたいなぁ。」

と、つぶやくようになりました。脳溢血と糖尿病を煩っていた親父、年々増す病院通いの金額も上がり、それでも不摂生を続ける親父。


俺「豚足食いたいじゃなくてまずは食えるような身体になれや!!」


と、いつもケンカになっておりました。

その数ヶ月後に親父は倒れました、去年の夏です。家族が病院に着いた時にはもう左の脳が完全にダメになっており、意識はあるものの言葉を忘れ、もう自分の家族の事も分からない状態になっていました。

鼻からチューブの完全流動食と点滴。あんなに、家族に止められても好きだった食事も出来ず2ヶ月が過ぎ、親父は天に旅立っていきました。


俺「親父、結局あの豚足食いに行けなかったなぁ。じゃ、今更だけど連れて行ってみっか!」


と、思い立っての今回の旅だったのです。
前半のホーチミンは、親父が死んでからの山ほど残ってたゴタゴタにやられた俺の休暇扱い、後半の台湾は『初めての親子旅行』でした。





とにかく人気店の老牌張豬腳飯。


店先に立つと日本語表記もあるメニューが並びんでます。強面のおやっさんがデカい鍋で豚足とか煮卵をかき混ぜてました。マジで美味そう。

TVで観たおやっさんは強面ながら片言の日本語でメニューを聞いてくれました、笑顔は底抜けに優しいです。
やはり笑顔の優しいおかみさんから御飯を受け取り席に着く。


俺「ほれ父ちゃん、食いたがってた豚足だぞ。」

こってり煮込んであるものの、後味さっぱり。
こりゃ美味い!!

ホーチミンの皿メシの角煮と同じような感じですが、ホーチミンの角煮や日本の角煮より甘ったるくなく、もちろん豚足なんでコラーゲンたっぷりのとろっとろの食感なんですが、飲み込んだ後の口の中はあのべったりとした砂糖のような甘さが残らない絶妙な味付けです。

俺「ははは!やっと来れたけど、父ちゃん甘いの好きやけんコレはモノ足らんじゃろww 残念やったねww」




親父念願の豚足。


親父好みの味やなかったけど、俺は好きな味でした。父ちゃん、少しは満足したかい?




台北駅前バス乗り場。トイレが古い。


第九章:バイバイ台北!冬の日本へ


さーて!行くとこ行ったし、食うもの食ったし、後は

絶望の冬の日本に
帰るだけ。


あーん、邪魔臭いなー、どうせこないだの大雪でまだ積もったまんまなんだろ?郡山。
(※この記事は2016年1月の内容です。)

俺の地元福島県郡山市は、たまーに大雪降るクセに雪国扱いになってない街だもんで、除雪は遅い、融雪はしない、電車は止まる、バスは止まる、そんななのに雪による遅刻は認められないっつう嫌な街です。

だから俺冬に東南アジアに逃げるんよね。帰った瞬間極寒だよ、地獄だよ、冬大っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ嫌い。






小雨降る中、バスで桃園空港へ。昼間見ると随分と綺麗でデッカい空港だったんですね。
お土産屋さんで可愛い豚の置物あったけど、かなり高くて買うのやめた。で、







帰国!!!!



またしても冬の日本に着いた瞬間タンクトップになってやりました。
今年も長々とお読み戴いてありがとうございました。

ホーチミンの皆さん、本当に今回も御世話になりました!ホーチミンでやり残した事いっぱい思い出しましたので、また行きます。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月02日(土) 03時25分34秒

台北一人旅『戦争反対』〜おでかけ三昧海外編 vol.72〜

テーマ:紀行文



第七章:ますますJAPAN

地下鉄で降りたった場所は西門町、アニメ・ゲームフレイヴァ満載の場所でした。
若者も多く、みんなオシャレっつうか今風で、どうにもこうにも異国感無し。

いやむしろ、普段からこう言った街の方が訪れないから俺にとっては異国感満載なのかもしれません。

青色LEDでキラキラした商店街も、道幅も、行き交う人々も、都会の若者の集う裏通りのような雰囲気。レインジャケットほっかむりしたオッサン(俺)が上のような萌え画の中に立ってると犯罪の香りがしてきます。

またしても台北駅方面に向かって雨の中を歩きます。いや本当に雨やまんな。
いくら南国とは言え冬、陽も短くあっと言う間に夜。あっと言う間って今は書いてるけどさ、ヒマでヒマで案外当時は体感時間長かったんですけどね。

俺「ん?なんだアレ?」






俺「本願寺?






なんと西本願寺がありました。
上の写真にあるように、旧日本政府の統治下にあった頃に建立されたお寺を近年復元したものだそうで。

いや本当に台湾の人って優しいよな。日本に対してだけなのか?いやいや日本に対して優しいっつう事ぁ誰にだって優しい国民性なんでしょうな。

第二次世界大戦、太平洋戦争、うーん、この呼び方好きじゃないな、大東亜戦争の方がいいかな。日本はアジア諸国にガッツリとハバ効かせました。それは『侵略』だったのか『アジアを守る為』だったのか、今となってはその真偽を語るたんびに一悶着起きちゃうもんで腫れ物に触るような話題なんですけどね。

ただ言える事はどんなに正当な理由があっても言い分があっても、
戦争で苦しむのは
そこに居る一般人

って言う事なんですよね。

だから日本が当時植民地化していた近隣アジア諸国の人にとっては、

『侵略・略奪者の日本人!』

って思える程のツライ体験をした人は少なく無いはずな訳で、逆に、

『日本に統治されて助かった!』

って人も沢山いたんです。その両方が存在したはずなのに、こうして我が国日本に優しさを向けて下さる国と、未だに言いがかりに近い戦争責任を求める国がある。何が違うんでしょうねぇ。







うちなーんちゅの方々にお話をうかがうと、今でこそ米軍基地・アメリカ軍人による問題にずっと悩まされては居ますが、戦時中の話となると、

「日本軍よりアメリカの兵隊さんの方が優しかった。」

と言う話も多く聞きます。
国内ですらそうなんです。国同士のいざこざに巻き込まれようとも、その場その場で対面する人間対人間になった場合は、その出逢った人がどういう人なのかでその後の気持ちは大きく変わります。

国同士が争っても人同士は争いたくない。

んでしょうな。当たり前です。だからそもそも戦争なんかやんなくていいんですよ。んで、戦争終わったら仲良くすればいいんです。

スリランカやミャンマーの人達には本当に日本人として感謝、そしてこの台湾の人達には

日本人として、
東北の人間として
感謝です。

戦争反対
皆選挙行きましょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月01日(金) 15時17分49秒

台北一人旅〜おでかけ三昧海外編 vol.71〜

テーマ:紀行文

クルクル回転するバスの時刻表。これ便利。

第五章:グッと来る壁

台湾まで来てバカみたいにコンビニでパン食って、コンビニ前でタバコ吸ってコーヒー飲む。
あー、ヤバいな。今回一番ヤバいな。

ホーチミンもクアラルンプールも、ノープランでも楽しい街だったのはやっぱりあの外国感なんだよな。

台湾ぜんぜん
日本と変わらんのだもん


明るくなって街を見渡せるようになればなるほど、外国居る感が全然湧かない。

台湾の人達凄いフレンドリーだし(ある意味梧洲街のおばちゃん達も)、凄く日本人に親切なんだけど、あまりに普通で、

日本の平日にやる事無い
無職の昼間


って感覚なんよねぇ今。たーだこの台北市内で『グッときた』のは街中にある
ウォールアート
でしたねぇ。




壁面ガッツリの台湾感。超おしゃれ。




不快感とオシャレさが同居したグラフィティ。


結構色んなトコに気合い入ったグラフィティアートがあって、この日はそんなん探しながらのウォーキングでした。

・・・これやっぱ台湾の遊び方やないよな・・・。







第六章:台湾でも地下鉄乗ってみたよ


グラフィティ探しにも飽き、周りのお姉ちゃんも雨のせいか寒さのせいか厚着だし、・・・

・・・そうか!!俺のこのテンションの低さは、

お姉ちゃん達の
露出度の低さが
原因か!!


おっかしいと思ったんだよ、台湾着いて一発目にモンスターシスターズの洗礼受けたのは自業自得だとして、そもそも俺が南国ばっか行くのは『夏が好きだから』と共に、

『それゆえの薄着の姉ちゃんが見たいから』

が大きな理由だったんだよなぁ。それが『アジア屈指のセクシー度』を誇るあの台湾名物ビンロウ売りの姿も見当たらず、予想外の寒さにダウンジャケットの女の子達、でもそれだけが理由じゃないな。

もう一つはこの、『ちょうどいい都会の街並』。親日国らしく日本語表記も多いし、道も綺麗でアジアの荒削りな感じが無い。同じ中華圏内だが、上海のような異様な雑さも感じられない。
オシャレな商店街、オシャレなカフェ、デパートでは『進撃の巨人展』までやってやがる・・・。





俺「仙台いるみてぇだな。」


コンビニでUCCのブラック缶コーヒー買えたって言う小さな喜びはあれど、心がウキウキしない。

思い起こせば今から18年前、東北は宮城の北仙台に住んでいた幼馴染みの若柳んちに入り浸っていた。なんかあの頃の気持ちに似ている。

俺以外は皆専門学生、昼間は若柳のアパートに一人ぽっち。ヒマを持て余して近所のパチンコ屋でモンスターハウスを打ち、帰りに今は無きスーパー『スワロー』で半額になった弁当を買って帰ってたっけ。

あの頃は2つ掛け持ちしてた仕事先が同じ日にクビになり(一つは倒産、もう一つは年齢詐称がバレて)、生まれて初めての無収入体験の時期だったなぁ。

とうとう若柳んちに帰るのも面倒臭くなって、国分町で飲んではソープ◯ンド脇の小さな公園に寝泊まりしてた。あん時ワンカップとベビースターくれたホームレスのおっちゃん、あれからどうなったんだろうなぁ。

懐かしいなぁ、仙台から北仙台までの地下鉄。そして地下鉄降りて若柳んちまでの殺人的に細い道。ドラクエばりに縦並びやないと簡単にダンプに腕持ってかれそうになってたもんな。







って

目的地も無いのに
地下鉄乗るって
いうね






俺、
どこ向かってん
だろうなー。




台湾の地下鉄のチケットはコイン。マレーシアのモノレールと同じ。




路線図。


良き所で下車してみると、

どうやら朝来た道を
楽に戻ってきただけ
のようでした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月01日(金) 02時54分45秒

台北一人旅〜おでかけ三昧海外編 vol.70〜

テーマ:紀行文


第四章:やっと見えた台北


午前8時。寝床をあとにお外に出ると、やっとこさ明るい台北の街を見渡せるようになりました。でもまたこの日も雨。凄い寒い。

これはホーチミンから北上したからギャップで寒いっつうんじゃなく、実際周りの人達もダウンジャケットとか着てましたからね、マフラーガッツリ巻いちゃったりしてさ。

俺「うーん・・・沖縄よりは南なんだけどな。」

1月の台湾は寒いんですかね、どーなんだろ。

しかしまー、那覇でも不思議に思ったんですけど、こないな南国でもダウンジャケットとかマフラーとか普通に売ってるんですね。まぁこんだけ寒くなるんだったら必要なのか。先日ナイジェリア人の友達が電気毛布買って「ナイジェリアの実家に送る」って言ってたのにもビックリしましたが。面白いですね、気候と紀行と奇行。




明るい台北を初めて歩く。


雨空とは言え明るい時間の台北市街、ぼんやり街並を眺めながら歩きます。まずは朝食を食べねば。
事前情報で、「台湾の朝飯は鹹豆漿(シェントウチャン)だ!」と聞いていたもので、そいつを是非とも食べてみたいなと。

せっかく食べるんなら名店がいいかと思い、宿のwifiで就寝前に調べたお店に行く事に。どうやら歩いて大した距離無いみたいだったんで。




華山市場にはこのお寺からすぐ近くでした。


そのお店ってのが阜杭豆漿っつうお店でして、『華山市場』って言うビル型市場の2Fのフードコートのようです。ただおっかねぇのは、


「早朝から並んでるよ。」


っつう嫌な前情報。んーーーーー、朝飯食うのに並ぶの邪魔臭いなー。
宿出て華山市場までは大きな一本道をひた歩くだけ、善導寺ってバカデカいお寺を道路挟んでのすぐ前あたりでした。

でもこの日は改装中だったのかビル自体が工業用シートに覆われてて、なんかやってなさそうな雰囲気。

俺「あのビルだよなー、何か外壁塗装でもしてんのか?って・・・・マジかい・・・。」


ビルに近づくにつれて見えてくる
気が触れそうな
長蛇の列


工業用シートに包まれたビルの根元を文字通り蛇のように人の列が巻き付いてます。

俺「ちょ待てってw 店は2階なんだろ?平日の朝から1階の通りまで列ってww」


まさかと思い列の脇を通りビルの中に入ってみる。
まだまだ続く人の蛇。そのうねりは1階裏口っぽいところから中に続き、階段をうね上り、2階のフードコートを半周してレジの受け取り口まで続いてました。


俺「うーわー・・・完全に並ぶ気起きん・・・。屋台とかでもあるって言ってたから別んトコで食べよう。」


ここに並ぶ事は断念。だってシンプルにヤダもん、並ぶの。






うんざりフェイスでまた雨のお外に出ます。

俺「・・・鹹豆漿・・・鹹豆漿・・・。」

『鹹豆漿』の文字を探しながら歩く、結構ザラに見つかります、ただどこの店も客一人とかなもんでね。いきなりあんな大行列の評判店見ちゃうと、あまりにも他の店の客の少なさに、

ひょっとして
あそこしか美味い店
無ぇんじゃねぇか?


って気になって他の店入る気分になんなくなってきちゃいましてね。

俺「んー!!出来れば評判店で食いたい!でもあれに並ぶのは死ぬほどヤダ!!かと言って閑古鳥が鳴く店では俺が鳴く!!・・・どうしたもんかね。」


と、結果
コンビニでパン買って
食いました。


なんか台湾着いてから魚のツミレとパンしか食って無ぇな、ビールは飲んでっけど。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。