ジョバンニ松村のブルースとキャデラックな夜。

だらだら更新していきます。アメ友はお気軽に。
日記です。
ニューオリンズの
一風変わった日常生活を味わってください。


テーマ:
$ジョバンニ松村のブルースとキャデラックな夜。-Head

何を隠そう超有名なギターメーカーG社の話である。

写真はギターのヘッドの部分であるが、まず日本人ならここの部分は一本の木で刳り貫いて、真珠貝やあわびの螺鈿を象嵌していたと思われるのが普通であろう。
しかし、違うのである。

どうやらここの部分は昔から別に作っていたらしく、ヘッドの上にあらかじめ螺鈿を入れたこういったものを(別工程でたくさん作られたようなものを)かぶせてその上にラッカーを吹き付けていたらしい。(ギブソンのヴィンテージ然りそんな類である。)

しかし、現行品とヴィンテージの違いはこのヘッドストックの部分が(オーヴァーレイと言うらしい)カエデの木か、ファイバーかの違いらしい、、、。ファイバーっておい!!プラスチックである。ヒスコレやナッシュビルモデルの方は安心する無かれ!!!ベニヤらしいですぞ!!!!

ベニヤっておい!!!!!


これでやっとなぜ地元の茶木楽器のロゴが少し手作業っぽく荒く見えるかが納得できた。なぜなら茶木は一本の木に(ネック全体の張り合わせ無しの)ロゴを象嵌しているので、非常に難しいのだ。

東海もどうかしらないが恐らく、同じような感じでは?本家G社よりはましである、、、。エレキなんて精度がよければあとは構造と塗装と木材の重量や感想度合いで決まるもの。少し軽めのほうが木が鳴って良い音がするに決まっている。電気系統なんてあとで改造すればよいのです。インチサイズとかミリサイズに翻弄されるな!!あこぎないんちき楽器屋は高い楽器をしっかりセッティングするだけ。騙されるな!!!

皆さん国産を買いましょう。

スーパー301条や米国の法律に長けておられる方。
私と一緒にG社を訴えてやりませんか?

$ジョバンニ松村のブルースとキャデラックな夜。-Chaki

P.S. 茶木のギターは本当に良い音がする。一日本のブルースマンのギターにしておくのは勿体無い。世界一のピックギターだと思うのは私だけか?
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Giovanni Matsumuraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。