2013-11-24 17:56:00

ぶっちゃけトーク ~フレットエッジやすり~

テーマ:ぶっちゃけトーク ]д・) 
こんにちは!ギターワークスです!!
今日はフレットエッジやすりについて!




おっちゃん「まいどー!! 今日はフレットエッジやすりやでー!!まゆみさん何に使うかわかるー??」



まゆみさん「うーん、、、フレットを削るものっていうのは分かるんですが、、、なんでしょう。」



おっちゃん「せやんなー(笑) フレットのエッジに付いた角(バリ)を取るヤスリやねー。こないだブログに書いたフレットエッジカットやすりってあったやん。あれでフレットエッジに角度をつけたあとに使うやすりやねんー。よう見たらわかると思うねんけどヤスリ自体のエッジにはヤスリの目がついてないんよー。せやからバリを取るときに指板に傷がつきにくいねん!」





まゆみさん「ほー!! 考えられてますね!」




おっちゃん「使いかたとしてはこんな感じで両手でコントロールしながらやるとええねぇ、、、



ほんでバリが取れたらペーパーで仕上げるとなお良しやね」




まゆみさん「なるほど! この作業の時にはマスキングはしますかー?」



おっちゃん「基本なくても大丈夫だとは思うけど、念のためしとくとええかもなー。特に最初のうちはちゃんとコントロールできひんと思からー。 けどハイポジションを削る時、セットネックのギターならボディーの保護はしといて欲しいね。」



まゆみさん「わかりました! でもこれって普通のヤスリでもできるんじゃないですかー?



おっちゃん「うーん、、、出来んことはないねんけど神経尖らせてコントロールしながらせなアカンからかなり時間がかかってしまうねんなぁ。それがこれなら綺麗に早く仕上げることができるっちゅーわけや!」



まゆみさん「ほうほう!! けど正直これは楽器作る人しかいらないですよねー」



おっちゃんそんなことないでー! 買ったのはいいけどバリがあって弾きづらかったり、古いギターなんかだと木が痩せてフレットが出てきてしまう場合があるから、メンテナンス用に持っておくと便利やで!」



まゆみさん「そうなんですね! バリを取るだけでもかなり弾き心地は変わりますもんね!」



おっちゃん「せやね! 弾き心地を良くするともっと楽器を弾くのが楽しくなると思うでー!!



フレットエッジやすりの商品ページはこちら→



twitter
https://twitter.com/guitarworks_ltd
facbook
https://www.facebook.com/pages/Guitarworks/596874467015956

ギターワークスではパーツ通販、様々な修理を受け付けております。
リペア、パーツに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129    
お問い合わせメール 

いいね!した人  |  リブログ(0)

guitarworksさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります