2016-02-07 17:29:23

ストラト大改造SP #9

テーマ:ブログ

こんにちは!ギターワークスです!やまちゃんです!
今日もやっていきます!
前回の記事はこちら!ストラト大改造SP #8

ついにネックのすり合わせが完了しました!
...正直大変でした。。。
うん、次からは素直にプロに頼みましょ!w
ギターワークスではリペアもやっておりますのでぜひ!(僕は一切手を触れませんのでご安心を!!)

今回はネックと並行して作業していたボディーをご紹介!
専門学生の頃リペア科の友人に頼んでマット加工をしてもらったボディ。
うん。完全に若気の至りw




これを耐水ペーパーを使って水研!



え?さらにマットにするつもりかって??Σ(=°ω°=;ノ)ノ



どんどんペーパーの番手を上げていきバフ掛け!!



すると,,,,


はいどーん!!




さらにさらにバフをかけて~~~~

さらにどーん!!!!!



ぴっかぴか!!!いつぶりにこんな姿を見たのだろう!!!
(ネックが塗装前なのはご愛嬌)




これで満足~^^!

じゃない!!まだ攻めます!!

リアハム仕様にしようと思います!
ってことは...そうです。ザグリます!!!!


ネックを取り付けて~



センターを確認する為線を描きたいのでマスキングテープを張ります!

大体で大丈夫です^^!



ブリッジビスのビス穴6つの中心とネックの中心を線でつなげます!








実際にピックガードを当ててピックアップ位置を書き込みます。




さらにザグリ用の型を使ってザグるラインを記入!
ハムバッカーだとビスを止める位置(ミミって呼んでます)を別でザグルのでそれも記入!

けっこう広めにマスキングテープを張ってます!!




        では...いざ!勝負!!!!!



このルータめちゃくちゃ重たいのとルーターの力がすごいので気を抜くと持って行かれそうになります。。。
なのでいきなり深く削ろうとせず、徐々に深くしていくのがコツです!

ミミの部分の深さは30mmにしました。
そんなこんなでミミの部分完了!



そんで次はピックアップのキャビティー
キャビティーの深さは20mmにしました。





結構うまくできた!(通称おっちゃんこと、職人さんが横に居てくれたからね 笑)




そして導電塗料を塗りました!この導電塗料というのはノイズ対策に塗るもので、、、
説明すると長くなるので商品ページでチェックしてみてください!!
水性導電塗料 50cc ELECTRODAG112 




長くなりましたが、以上ボディー編でした!
どんなギターに仕上がるのだろう、、、楽しみ!!


1年近くやってきたこの連載ですが次回で完成予定!!
て こ と は

次回が最終回!?!?!?


お楽しみに!!

GuitarWorks Official Account
   


ギターワークスでは様々な修理を受け付けております。
リペア、オーダー、パーツに関するお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129   
問い合わせメール


ギターワークスHPはこちら!



ペタしてね
読者登録してね
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-02-01 17:00:18

ストラト大改造SP #8

テーマ:やまちゃんのリペア奮闘記

こんにちは。ギターワークスの山ちゃんです!
遅くなりましたが明けましておめでとうございます!(もう2月)
今年も宜しくお願いします!!!

てなわけで、ストラト大改造計画第8弾!

前回はネックの塗装が完了致しました!


と、ゆーこーとーは…

そう…


すり合わせでございます!


ついに来ましたよ。

この僕が一生懸命打ち込んだ凸凹のフレットをまっすぐにします!

うん、前回テレキャスのすり合わせをした際大失敗してしまったので少し不安、、、


では行って参りましょう!


まずすり合わせをする前にしっかりとマスキング!



トラスロッドの効き具合を見てストレートエッジをあてて

ストレートエッジに当たっているフレットに印をつけていきます。


この時6弦側、真ん中、1弦側の3つのラインで見ていきます。


では…いざ勝負!!


小さめのパッドに#150の紙やすりを付け印の付いている部分を削っていきます。

周辺のフレットと同じくらいの高さになればおk!

もう一度ストレートエッジで確認!

当たっていれば印をつける!

削る!確認!印をつける!削る!確認…


これをひたすらループ。

この時フレットに乗っている塗料も削ってしまいます!


ある程度同じくらいになったらすり板の登場です!

すり板に#150#320のスティキットロールをつけて削っていきます。

この時、ストレートエッジで逐一確認をしないといけないのですが僕の悪い部分が出てしまいました。

”どうにかなるさっ!!”


そしたら、ハイフレが極端に低くなってしまったのです…!!

やってしまったーーーーーー

こ…これは後であの、その、、、

見てない事にしましょう!!(後で後悔することに。。。)


#320でのヤスリがけの後台形状になってしまったフレットをフレット整形溝ヤスリを使って丸みをつけます。



この工具を使えばこんなフレットの上面が、、、



こんな感じに!!


これを21フレット分…
めげません…笑







いい感じ!!

ここから更に傷取り&バフ掛け
柔らかいパットを使って傷を取っていきます。





更にバフ掛けをしたらもうピカピカ!!



愛おしいです。。
あぁやっとできたーって達成感に浸ってます。

いやいや、まだまだです。
この後ナット製作もあるのです、、、

いや本当にこの作業ブログでやってなかったら放り出してますね。うん。
何度やってもらおうと思ったやら、、、笑


ただ完成間近です!次回もお楽しみに!!







GuitarWorks Official Account
   


ギターワークスでは様々な修理を受け付けております。
リペア、オーダー、パーツに関するお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129   
問い合わせメール


ギターワークスHPはこちら!



ペタしてね
読者登録してね
いいね!した人  |  リブログ(0)