1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-12-29 15:15:36

2013年もお世話になりました!

テーマ:ブログ
こんにちはギターワークスです!


2013年の発注分の商品の梱包が終わりました!!
1年というのはあっという間に過ぎていきますね、、、


皆様はどのような正月を過ごされる予定でしょうか??
僕は鳥取の実家に帰ってのんびりしようと思います!



年始の営業についてですが
2014年1月5日(日)から営業致します。
よろしくお願い致します!



今年1年有難うございました。

来年もどうぞギターワークスをよろしくお願い致します。

では良いお年を!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-12-24 18:16:33

年末の大掃除しましたか!?

テーマ:ブログ
こんにちはギターワークスです。

2013年も過ぎようとしてますが、年末と言えば、、、



そう!!

大 掃 除 !!!









もしかして家だけではないですよね、、、?












楽器にはしないんですか、、、??











ってことで今日はギターのクリーニング特集!!!


おっちゃん「まいどー!! 久々のぶっちゃけトークやでー!」


やまちゃん「そうですねー! 今日はメンテナンス特集ってことで!」


社長「そうだね~。 じゃあそれぞれ紹介していこうかー。」

おっちゃん「まず欠かせへんのが、クロスやね!」


社長「ちょっとした汚れならこれで拭いてあげればキレイになるよー。基本的には何もつけずに軽く拭けばピカピカになるけど、 頑固な汚れならこれにポリッシュを付けて拭くといいね!


おっちゃん「ちなみによく1枚のクロスで弦を拭いたり、ボディを拭いたりしてる人がいるけど、あれはやめたほうがええでー!


やまちゃん「そうなんですか!?!? なんで(*´д`)」


社長「クロスにゴミがついたままボディなんかを拭くと、傷がついてしまうことがあるからねぇ。ちゃんとゴミを落とした状態使用してもらいたいね。」


おっちゃん「次はおなじみオレンジオイルレモンオイル!汚れを落とすものやね!」




やまちゃん「この2つの違いってなんなんですか?」


社長レモンオイルは大体指板に使って、ボディにはあんま使わないね。オレンジオイルは大体ボディに使うかな。」


おっちゃん「正直ぶっちゃけると、わてオレンジオイル使わへんねんな。。。笑」


やまちゃん「えぇ!?!?!?Σ(=°ω°=;ノ)ノ 僕匂いが好きでオレンジオイル使ってます、、、ww」


おっちゃん「それぞれ好みがあるけレモンオイルの方が粘度が弱くてサラサラしてるから乾くのが早いんよなー」



やまちゃん「まあとりあえずどっちもあったらいいってことですね(笑)」



社長「そういうこと(笑) この時期はかなり乾燥するから塗ってあげたらいいと思うよー」


おっちゃん「あ、けどベタベタに塗ったらあかんで! 汚れがひどい時はベタ塗りするけど、塗ったまま放置ってのは良くないから気を付けやー!すぐ拭き取ること!


やまちゃん「そうなんですね!!僕ベッタベタに塗って放置してましたー;;; 次は、、、」


Feeden Wax


社長「これは塗装面の保護をするものだね。保湿して、塗装のヒビ割れを防ぐものだね。」



おっちゃん「次はこれ! Willkins ギタークリーナー!」




おっちゃん「ワックスとは違って、サラサラした液体やから使いやすいとおもうで! スプレータイプやからボディに直接吹き付けて使えるでー!」


やまちゃん「あ、、、!! そういえばこんなのもありましたよね!」


FERNANDES TRIAL CARE SET 




おっちゃん「おー!ええとこに目を付けたなー! これは3本Setになってて”ギターローション” ”ファストフィンガー” ”接点復活剤”が入ってるやつやね!」


やまちゃん「これはギターケースに入れておきたいセットですね!」



社長「最後はこれ! フレット磨きクロス!」

やまちゃんこれはすごいですよね! 軽くこするだけで曇が取れて、ホント新品のフレットみたいになりますもんね!


おっちゃん「せやね!これはよくでるねー! 注意点としては
       メッキ加工されてるものには使わないこと。


    ・洗わないこと! 
クロスに染み込んでる成分が出てまうねん。
       汚れたら買い換えてなー!」



やまちゃん「これを使うとき、指板にマスキングはしなくても大丈夫なんですか??」



おっちゃん「基本的にはせんくてええよー!! けどつや消し塗装オイルフィニッシュの指板にはマスキングが必要やでー!



社長「ギターのメンテナンス用品ってのはたくさんあるけど、ラッカー塗装の物を磨く時は見えない箇所でちょっとだけ試してから使ってみたほうがいいね。物によっては塗装が曇ってしまう場合があるからね!



やまちゃん「そ、、そうなんですね(TωT)コワイ コワイ」





おっちゃん「まぁなぁ、、、、」




















おっちゃん「気を付けなはれやっ!!!( ´艸`)






















社長やまちゃん「、、、、、、、、。」







ギターワークスではパーツ通販、様々な修理を受け付けております。
リペア、パーツに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129    
お問い合わせメール 


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-12-22 17:42:26

ストラップピンのゆるみ 修理・補修方法

テーマ:リペア
こんにちは。
ギターワークスです。

よく起こる小さなギタートラブルの一つがストラップピンのゆるみ
使っている内に穴が大きくなってしまったり
交換しようとしたストラップピンの方が小さかったり。。。

ギターワークスでは以下のように大きくなった穴を一旦埋めて穴のあけ直しを行い、
再取付が出来るようにしています。
自分でやってみようかなぁという方もよろしければ参考にしてみて下さい。


-------------------------------------
●準備物
 穴埋め用木材
 プラスドライバー
 小刀orノミ
 キリ
 電気ドリル (ハンドドリル)
 ボンド

●あるとよいもの
 マスキングテープ
 マジック
------------------------------------- 



まずは穴を埋める木材を用意します。

ギターワークスでは穴埋めをする部分と同じ木材を使用しています
ホームセンターで売っている丸棒なんかでもOKです!


穴に合わせて加工していきます。
大まかに形を整えるには小刀を使ったりベルトサンダーを使ったりしています。



ザッザッザッ



紙やすりを使って埋めたい穴の大きさになるよう更に削っていきます。

何度か穴にはめてみながら大きさを調整します。
タイトボンドで接着するので、木部の間にきちんとボンドが入り込むように、
ピッタリな太さより少し余裕がある程度の細さにしておくといいでしょう!




埋木がよい感じの大きさになったら、接着。

タイトボンドを塗るときは丸棒、ボディの両方に塗ります。




ボンドを塗って木片を差し込み。
このあと1日乾燥させて飛び出したところは切ります。(写真が無くてすみませんm(__)m)
※切るときにボディに傷がいかないようにマスキングテープを貼ってボディを保護してもGOOD!


一日たったら・・・



下穴あけ。
今度はビスでとめれるように下穴をあけていきます。
下穴を開けずにネジを入れようとするとねじ切れの原因になるので要注意です。


まずは穴を開けたいところにキリなどを使って目打ちをします。



そこをドリルで下穴をあけるのですが、この時ビスの長さ(木部に入る部分)の長さを
ドリルにマーキングしておきます。

ギターワークスではマスキングテープを巻いたりしていますが
マジックで色をつけるなど、わかればOKです。





電動ドリルで穴をあけます。
電動ドリルがない場合は模型店やホームセンターで売っている手回しのハンドドリルでも
OKですよー!(す、少し大変かもしれませんが!)

ドリルビットの経(太さ)は木材によって変えていたりしますが、
一般的にはビスの経より0.5mm前後細いサイズのものを使用することが多いかと思います。




穴があいたらネジを締め込んでいき、、、、




完成!!





是非お試しあれ!





ギターワークスではパーツ通販、様々な修理を受け付けております。
リペア、パーツに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129    
お問い合わせメール 


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /