2012-11-21 17:33:55

ペグブッシュの取り外しと取り付け

テーマ:リペア

気温も下がり、随分と冬らしくなってきましたね。
先日マイケルランドウの大阪公演を観に行ってきましたが・・・
プレイの凄さとそれによる多彩な音色、音作りの素晴らしさにテンションが上がるどころが
口をあんぐり開けて観てしまいました(笑)。
またの来阪を心待ちにしたいところです。


さてギターのペグにも色々形はありますが取り付け方法は大きくわけて2つあります。
ヘッド表面からナットで取付けるタイプと、先にブッシュを打ち込んでおくタイプ。
下のようなギターはブッシュ式のタイプとなります。


このブッシュの取付け取り外しも様々方法はありますが、特に問題が無い場合は
以下のような道具を使用しています。


持ち手はグリッププライヤーのような形ですが、上下から挟みこみ、
金属(ブラス色)の部分でブッシュを押し上げることによってブッシュを外します。




■取り外し

今回はギブソン部分のロゴが邪魔をして、そのままではではまっすぐ挟み込むことが出来ないため
少しロゴより厚みのあるものをかましました。



ヘッド裏側からペグ穴に工具の金属部分を入れ、ヘッドを挟み込むようにします。
(抜く前にはんだごてなどで軽くブッシュに熱を加え、外し易くする場合などもあります)





ブッシュの傾きや塗装割れなどがないか、確認しながら徐々にブッシュを
上に押し上げていきます。



取り外し完了。
ダメージなく比較的簡単にブッシュを取り外すことが出来ます。



■取り付け

この工具には以下の様な白い付属品がついています。



脱着可能なこちらを付けることで、ブッシュ取り付けも叩くことなく比較的スムーズに
行うことが出来ます。



以下のようにブッシュを外す時とは逆向きに。金属部分をブッシュにあてがい、
上から押し込んでいきます。
先ほど装着した白の平らな部分と金属部分とでヘッドを挟み込むような
形になります。



こちらもブッシュの傾きや入れ込む強さを確認しながら行います。



取り付け完了。
こちらもスムーズに取り付け出来ました。

ギターワークスでは様々な道具・ジグを使い、よりベターな状態で修理が
出来るようにしています。(上)



ギターワークスでは様々なパーツ、リペア工具の販売やリペアのご相談、オーダーメイドなどギターに関するあらゆる事に対応しております。

お問い合わせは、お電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:06-6317-5129
お問い合わせ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-04 12:13:09

ポジションマーク入れ

テーマ:リペア
あっという間に11月になってしまいました。急に寒くなってきましたね。
10月はギターワークスの中で旅行に行く人がいたり、引越しをする人がいたり、入院する人がいたりといろいろと動きのある月でございました。
今年もあと2ヶ月。はりきって行ってみましょう!

今回ご紹介するのは”指板にインレイを入れる”です。
フェンダーのストラトキャスターの指板をエボニーに張り替えて、ディッシュインレイを入れる作業をご依頼いただきました。




指板を貼り終わった後からですが、おおかたドレメルなどで深さを設定し、細かいところはノミで整形していきます。








インレイが隙間なくハマるように加工したら、フィラーカラーで着色したエポキシ樹脂で埋めて行きます。




完全硬化するまで待ったあと、サンディングしていきます。




マスキングテープをはがし細かいキズを取って、フレットを打っていきます。

今日はここまで。(小)


ギターワークスでは様々なパーツ、リペア工具の販売やリペアのご相談、オーダーメイドなどギターに関するあらゆる事に対応しております。

お問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:06-6317-5129
お問い合わせメール

いいね!した人  |  リブログ(0)