1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-09-28 00:00:24

Gibson L-6s 配線修理 ビフォー&アフター

テーマ:リペア


Gibson L-6s 配線のビフォー&アフターです。
今回はボリューム交換とオリジナルのスイッチセレクタになるよう配線やり直し。





l-6はロータリースイッチを使用して直列・並列、フェイズイン・アウトの組み合わせにより6通りの切り替えが可能となっています。
本来コントロール部にコイルが1つ入っているのですが、欠損の為それに関連した真ん中のポットはダミーの状態で配線を行いました。


Before ビフォー




まずはボリュームポットの交換。
上写真のようにポットを金属パネルにツバをかしめた状態で取付しているため、
一旦金属パネルをボディから取り外します。



スイッチ配線など途中の作業写真を撮っておらず申し訳ありませんが・・・
スイッチ部分での線が多いため、配線図を元に以下のようななぐり書きをした上で配線。



配線後は以下の状態です。

After アフター



新しいボリュームポットにはオリジナルと同様なツバはないため、ナットが緩んでも
大きく動かないようにアース線を取り付けておきました。

すっきりと、後々のトラブルを防ぐ事も考えて配線しています。

配線料金についてはこちらをご参照ください。



ギターワークスでは様々な修理を受け付けております。
リペアに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129    
お問い合わせメール 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-18 07:21:49

『Young Guitar』10月号

テーマ:オーダー
『Young Guitar』10月号に新バンドDREAMSTORIAのギタリスト、綿貫 正顕さんのインタビューが掲載されています。アルバム全編でギターワークスでオーダー頂いたギターを使用していて、ギターの写真も載っていますのでみなさま要チェックですよ!
綿貫 正顕さんの今後の活躍にも乞うご期待!


ドリームストーリア/DREAMSTORIA
¥2,700
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-09-09 20:32:57

かわいいポット

テーマ:ブログ

近なかなか楽器屋さんに行く機会も減り、CDもネット通販を利用する事が多くたくさんのCDを手に取りながら探すということが私自身なくなってきました。

そんな中、先日久しぶりに楽器屋さんへ。

そこではジャガー・ジャズマスターの今まではあまり見かけなかったカラーも豊富に並ぶようになっており見ていても楽しかったです。
人気の波もあるのでしょうか。
確かにプロ・アマチュアを問わずよくみかけます。
手にするミュージシャンが多いということはパーツやメンテナンスも求められるはず!!

ギターワークスでもパーツの取り揃えは充実させております。


例えばプリセットポット。

いったいどうなっているのか、コントロール部分をはずしてみたことがなかった私は、意外に普通のポッドで拍子抜け、、



http://www.guitarworks.jp/fs/guitar/c/jmjg0190
小さくてかわいいんです。普通のミニポットより一回りくらい小さいです。
あの黒いコントロールの下にこれがいます。

ガリが出てしまい困っても今まではあまり出回っておらず探していた人もいたのではと思います。
そしてあの黒いコントロール!!








↑こうやってセットされていたんですね。
残念ながら両パーツともUSA用なのでFENDER JAPANには使用できませんが、、、

こうしていろんなモデルパーツの取り扱いが増えると自分のギターも改造したくなります。
でもまずはメンテナンスをしていい状態を保ってやるのが大事ですよね。
時間があればパーツ交換してカスタマイズしてみようかな。

ギターワークスでは様々な修理を受け付けております。
リペアに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129    
お問い合わせメール   


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /