1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-08-25 05:32:25

LR.Baggs バッテリーバッグ取り付け

テーマ:パーツ
さて今回はこちらを実際に取付してみましょう。


LR.Baggs バッテリーバッグ 商品番号3187
 
アコースティックギターやエレアコに、加工要らずで簡単に取付が可能です。
今回は取付ギターの標準のバッテリーボックスに不具合があったこともあり、
こちらに変更(取付)となりました。



中には両面テープが貼られた土台となるものが入っており、こちらのテープをはあしてお好みの場所に取付することが可能です。



実際にギターに取付るとこのような感じに。





両面テープ、マジックテープとも大変しっかりしており、きちんとボディに固定出来ます。
もちろんバッグを土台から取り外すことが可能ですので電池交換も楽に行えます。



ビス止め不要で取付簡単、使用感も◎です。



ギターワークスではギター製作工具から入手困難なレアパーツまで
多くの専門商品を取り揃えております。

GUITARWORKS ONLINESHOP 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-19 10:05:52

制作記

テーマ:オーダー
8月も後半戦に突入。大阪は各地で豪雨・落雷などの影響で停電や交通機関に影響がでておりました。

ギターワークスでも、15時頃から雨足が強くなっていき、雷が近くで大きな音を立てたかと思うと停電してしまいました。
すぐ復旧するかと思っていたのですが、電気がついたのは3時間後。幸い外がまだ明るかったのでなんとか電気を使わない作業はできたのですが、木工加工や塗装ブースの換気扇など、当たり前に使っている電気が使えないとこんなに不便なものかと、あらためて電気のありがたみを知りました。

まだまだ暑い日が続きますが、ギターワークスではフル回転で制作、リペアやっておりますよ~!



ネックにロッドを仕込みます。最終的なネックの厚みからロッドの深さを割り出し、ネックエンドからロッドナットの穴をあけて仮組みをしてから仕込んでいきます。

ベースネックのオーダー。指板を貼り付けたところです。これから指板のアールをつけ、ネック裏の整形→指板の整面調整→フレット打ち→生地磨き→塗装→e.t.c.・・・・まだまだ作業は続きます。



ネックジョイントの最終調整。隙間が出ないように、センターがずれないように作業を進めていきます。このギターはセットネックのオーダーなので、ブリッジの高さにも注意して調整していきます。




こちらはネックに補強材を入れるところ。ロッドを仕込んだ後にカーボンの補強材を入れていきます。ベースや握りの薄いネックに入れることが多いです。



チェンバー加工のボディ。これにトップ板を貼り付けてから作業を進めていきます。




組み込み最終段階のネック。ペグを取り付け、弦を張ってナットの溝を調整していきます。


ギターワークスでは様々なオーダーに対応しております!
まずはお気軽にお問い合わせ





いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-08-12 22:28:12

時間が空いたときはメンテナンス♪

テーマ:ブログ
立秋を過ぎ、まだまだ蒸し暑さはありますが夕方や夜になると、少しずつでも秋がやってくるような気配を感じます。
それでも日中は厳しい残暑!!ギターもやはり涼しい部屋で弾きたいものですね。

お盆でお忙しいとは思いますが時間が少し空いたときはギターのメンテナンスはいかがでしょうか。ギターワークスではお客様自身でも気軽にメンテナンスを行えるようメンテナンス工具も多数取り揃えております!!
今回はフレットメンテ商品について。

①クリーニングオイル各種  レモンオイル
http://www.guitarworks.jp/fs/guitar/c04/216 
                  オレンジオイル
http://www.guitarworks.jp/fs/guitar/c04/215 

②フェンダー・ポリッシュ・クロス 
http://www.guitarworks.jp/fs/guitar/c01/1805 



FENDER純正の万能ポリッシュ・クロス
ボディ・指板・ハードウェアーパーツ等、気になる汚れを拭くならこれでOK!!

③フレット磨きクロス 
http://www.guitarworks.jp/fs/guitar/c04/128 



レモンオイルを軽くつけたポリッシュクロスで指板面の汚れをふき取り、その後きちんと指板が乾いたらフレット磨きクロスでフレットの曇りをピカピカに磨きます。
このフレット磨きクロス、かなり気持ちよくピカピカにしてくれます。
クロスを木片等にあてて磨くと作業しやすいです。
電気パーツの接触不良やハードパーツのがたつきに比べ、意外に気づかないフレットの曇り。気づかないうちに曇ってしまい放りっぱなしではありませんか?
ピカピカに磨かれたフレットは気持ちよくギターを弾かせてくれます。
なにより、この作業結構楽しいですよ♪

このように自分でしてあげられる簡単なメンテナンスもあります、是非お時間があるときはお手入れしてみてはいかがですか。
きちんとギターをさわってやることで気づかないうちについてしまった打痕やフレットの浮き、指板の歪みや塗装の剥がれなどギターの不調にも気づけるいい機会になります。
熟練した技術を必要とするリペアが必要な場合はいつでもお気軽にご相談ください。

ギターワークスはお盆も休まず営業しております!!
店舗前に駐車スペースもございますのでお気軽にお越しください。
大切な楽器、しっかりとお預かりさせていただきます!


ギターワークスでは様々な修理を受け付けております。
リペアに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:  06-6317-5129    
お問い合わせメール  






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /