2012-06-27 03:22:14

トグルスイッチ専用レンチ! 使用方法!

テーマ:パーツ

パーツ通販で販売している工具の人気商品の1つがこちら。
トグルスイッチナット用アジャスタブルレンチ 商品番号197




レンチの内側にギザギザのスリットが入っており、こちらでナット部をしっかり掴んで
絞めつけ固定する事が可能です。
ミリ規格インチ規格を問わず使える便利な工具!

ボディへの傷を防ぎ、トグルスイッチをしっかりしめつけることが可能なため、
配線修理時などにギターワークスでも欠かせない工具の一つです。


さて実際に取り付けてみましょう。


プレートやボディに傷がつかないよう紙や薄めのビニールでさらに保護しておくと安心!


まずはナット部のギザギザ部にレンチが噛むよう
柄の下の部分を右回りに回します。


ギザギザ部分を掴んだら柄を持って絞めつけます。


トグルスイッチ本体まで回ってしまわないようスイッチ本体も手で固定をしています。



しっかり取付完了!!


大切なギターのメンテナンス時に、おすすめの工具です!



ギターワークスではギター製作工具から入手困難なレアパーツまで
多くの専門商品を取り揃えております。

GUITARWORKS ONLINESHOP 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-14 09:34:01

ピックアップ穴埋めビフォーアフター~其の2~

テーマ:リペア
いよいよ梅雨入りですが、みなさま楽器の状態はいかがですか?湿度が高くなるとネックの状態が不安定になったりしますので、弾きにくくなったり、なにか違和感を感じたりしましたら是非ギタワークスにご相談ください。



話は変わって先月のことなのですが、ジョニー・ウィンターのライブ行ってきました。

去年の初来日に続き大阪初上陸ということで期待も高まっていたわけですが、会場は予想以上にお客さんが入っていてジョニー・ウィンターの人気が伺えます。
シンプルなセットで、1曲目はバックバンドでのブルースを軽くやったあとにいよいよジョニー・ウィンターの登場です。
最近のトレードマークになっている白のレイザー・ギターを抱え全盛期の頃の早弾きフレーズは無いもののバックメンバーのはじけっぷりと相まって怒涛の火を吹くフレーズを繰り出しておりました。アンコールではジョニー・ウィンターと言えばあのファイアー・バード!を抱えてのスライド!あの姿は今目を閉じても焼き付いております。

70年代に活躍したミュージシャンはけっこう落ち着いた感じになっているのに、実際目の前に見たジョニー・ウィンターは1976年のライブアルバムからそのまま出てきた様な迫力でした。いやぁ、良いライブでした。
で、調べてみたんですがジョニー・ウィンターってエリック・クラプトンと一つ違いなんですね年齢が。それじゃぁまだまだ頑張れるじゃん。と、またの来日を期待して今日もギター制作に勤しむのでした。


では、リペアの続きです。

前回ピックアップの穴を埋めた後に今度はリッケンタイプのピックアップを取り付けるザグりをいれます。セットネックなので土台をつくり、治具をセットして、ハンドルーターでザグって行きます。


表面を整麺してから塗装に入ります。




まず、下塗りを塗ってから表面をフラットにするため、サンディングシーラーを塗って、ペーパーで整麺します。




表面がフラットになれば、今度は着色→トップコートに入ります。






トップコートが乾燥してから、表面を水研ぎします。

そしてバフがけ。黒の塗面はキズが目立つので、とくに注意しながら作業を進めていきます。





ワックスを塗って仕上げます。



そして最終段階。ピックアップ取り付けです。せっかく綺麗になったトップがキズ付かないように、細心の注意をはらって作業を進めていきます。




そして完成。



綺麗に仕上がりました!




ギターワークスではさまざまな修理に対応しております。
リペアに関すお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL:             06-6317-5129         
お問い合わせメール 


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-07 00:24:58

お気に入りのバンド「THE HEARTBRAKES」

テーマ:ブログ

ふとラジオから流れてきた音楽に新しい発見があると嬉しいですよね。いつだったか耳にして、名前だけ覚えておいて早速調べて聞いてみたバンド「THE HEARTBREAKS」。イギリスのバンドで、画像を見た瞬間も、おおーと言いたくなる私好みのルックスでした!!

 

彼らは現在一枚アルバムをリリースしており、アマゾンで注文しようとしたところ入荷未定で購入できませんでした。残念。
最近はアマゾンで購入するばかりだったので久しぶりにレコード店へ行っていろいろ探してみるのにもいい機会なので近々出向いてみようかと思います。

THE HEARTBREAKSの楽曲は、静寂的で、でもリズムや歌詞がしっかり前に出るところはやはり一聴してUKロックという感じ。
どこか懐かしさもある雰囲気やPVがまた魅力です。
しかしサウンドはシンプルなバンドサウンドから、アークティックモンキーズなんかと重なるような部分が見えたりと、スタイルは一貫したものがありつつもバンドの音づかいは広がりがあると思います。

しかし、何と言ってもこの顔ですね!!
格好いいです。



少しわかりづらいですね。。
まだネットでも情報が少なく(英語サイトばかりで意味不明。残念)とりあえずアルバムを通して聞いてみようと思います!
うーん、格好いい。


THE HEARTBREAKSのギターボーカルの彼が使用しているギターも変わってるなぁ。



わたしは見たことない形。興味ありです。
わたしの勝手な印象ですが、UKアーティストは風変わりなギターが好きだなあと思います。ギターには沢山のスイッチやワウパッド、あとはエフェクターも駆使して独自の世界を広げている。
ミューズのマシュー・ベラミーのギターはその代表ですね。
ライブでも演出にこだわっていたし、行動や言動をすべてアートととらえて結びつけてるのかな。

あれもこれもとギターを改造しすぎてもわけがわからなくなりそうですが、使いこなせるのであれば派手に改造してみるのも楽しいかもしれません。


ギターワークスではあらゆる修理に対応しております。
リペアーに関するお問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31  TEL:06-6317-5129  
お問い合わせメール

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)