1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-03-21 23:37:53

ピックアップ増設(ベース編)

テーマ:リペア

今回は以前にリペアした中からベースネックの交換とピックアップの増設の紹介です。
ベースはミュージックマンのスターリングベースです。
写真に並んでいるカーボンネックに交換です。
ネックはお客様の持ち込みで、メーカーは忘れてしまいました。(すいません)
ネックは通常の木の物と同様にネジ穴を開けて取り付けて問題はありませんでした。

001

002
ピックアップはたしかダンカンだったと思います。
写真を撮り忘れたのですが、まずピックガードにピックアップの穴を開けます。
その位置を基準にボディにザグリを入れていきます。

003
ピックアップの角のアールが小さいので、今回はトリマーでザグリを入れました。

004
配線をして、ピックガードを付けるとこんな感じになりました。


最終完成が上の写真です。

このころはあまり撮っていなかったので、作業途中の写真が少なくてすいません。
ベースの修理、改造も受け付けていますのでご相談下さい。

ザグリ加工

ピックガード加工

ピックアップ交換



ギターワークスではさまざまな修理に対応しております。

リペアーに関するお問い合わせは、お電話かメールにて御連絡ください。 
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL: 06-6317-5129  お問い合わせメール  


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-03-19 10:52:56

便利なシールドアルミシート②

テーマ:パーツ
前回エントリとは別にシールドアルミシートをコントロール部分にだけ貼り付けるとこの様な感じに。

 好きな形に切り取って・・・


 ストラトピックガードの裏に。


 貼り付け完了。


使い道は様々。
ギターに合わせてご自由にお使い下さい!



ギターワークスではギター製作工具から入手困難なレアパーツまで
多くの専門商品を取り揃えております。

GUITARWORKS ONLINESHOP



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-19 00:20:34

便利なシールドアルミシート

テーマ:パーツ

ピックガードの裏やコントロールプレートの裏に貼ってノイズ軽減効果を図る
シールドアルミシート。
ピックガード貼りつけ時の一例と、ちょっとしたコツをご紹介します。

シールドアルミシート 300X250mm ¥420/1枚




 シールドアルミシートとピックガードを用意。 ◎用意する道具:カッター(デザインナイフ)


 今回は全面に貼り付けます。
 シートに収まるかどうか大きさと位置を確認。



 剥離紙を少し剥がして、まずは端を貼り付けます。
 

 端を貼り付けたところ。


 あとは剥離紙を剥がしながらそれに合わせて少しずつ貼りつけていきます。
 写真のように布などを押さえ代わりに使ってもきれいで楽に貼り付け出来ます。
 

 
 貼り付け完了。


 余分な部分をカッター(デザインナイフ)で取っていきます。
 ここでは大雑把な感じでも大丈夫です。

  

 切り取り完了。


 そして表からみると外側に少しはみ出たシートの残りが。


  このはみ出た部分は 紙やすり を使うときれいに取れます。
  少し硬めのものを紙やすりの土台にすると楽ちん。


少し擦るといらない部分が取れます。


ぺりぺり。


全て取り除いてすっきりしました。
(粗めの紙やすりでいらない部分を取った後に、細目の紙やすりを使うときれいに
仕上がります)   

  

 あとはピックアップ穴やポット・ビス穴部分を切り取ります。


 完成!



手軽に出来るので是非一度お試し下さい!


ギターワークスではギター製作工具から入手困難なレアパーツまで
多くの専門商品を取り揃えております。

GUITARWORKS ONLINESHOP


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /