1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011-10-25 22:44:34

リアピックアップ交換

テーマ:リペア

前回お知らせしていたピックアップ交換のストラトです。                        ナチュラルにリフィニッシュされていますが、クラプトンモデルです。

まずはパーツをはずしてもう一度ボディに取り付けします。                      ブリッジのビス穴を基準に中心を出して、ピックガードに中心線を書いていきます。

 

今回取り付けるのはGibsonのP-90です。

ピックアップが入るジグを作り、ピックガードに貼り付けます。

コロ付きのトリマーの刃をセットしてトリマー台にセットします。                    ジグにコロが当たるようにセットします。

十分刃を回転させてから慎重に削っていきます。たまに削りカスがコロに入り込んで回りが悪くなる時があります。                                              そうなるとジグが削れてしまうので、その時は一旦止めてカスをとってからやり直すようにします。

削る前から分かっていたのですが、ノブを付けるとピックアップに当たってしまいます。     

そこでほんの少し外側にずらすことにしました。                            当然ヴォリュームをずらすとフロントのトーンに近づいてしまい三つのノブのバランスが悪くなるので、フロントトーンもほんの少し外側にずらしました。                       

次はボディのザグリです。                                          ジグを貼り付けて慎重に削ります。

必要以上には削らないようにして。

ザグリはいい感じに削れたんですが、シングルのザグリが深くビスの止まるところが少ししかなく、ぐらつきそうだったのでビスの足場も付けました。                          それが下の写真です。ビスで止まっているのが足場です。                      他の所に導電塗料が塗っているのでザグったところも塗りました。  

ピックガードとP-90を配線して、ビス止めすればこんな感じ。

ブリッジ、ネックを付けて弦を張ってピックアップの高さ調整をしてバランスをとれば完成です。

少し太いシングルがアルダーボディとマッチして良い音がしてました。

ピックガード加工

ボディ加工

配線

ギターワークスではさまざまな修理に対応しております


リペアーに関するお問い合わせは、お電話かメールにて御連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL: 06-6317-5129  お問い合わせメール

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-22 17:04:09

コントロールノブの外し方

テーマ:リペア

意外と取れないのがボリュームとトーンのノブです。                          ピックガードやボディにキズをつけずに外すには布を使います。                  ギターを磨くクロスでも構いませんが、あまり強く引っ張ると破れるおそれがありますので注意して下さい。

布をピックガードとノブの間に入れます。

両端をノブに巻きつけるように包みます。

そのままひっぱり上げればすぐにとれます。もしそれでも取れない場合は、左右にゆすりながらひっぱれば取れます。

硬い場合、外れる時に軽くノブを押さえていないと抜けた瞬間に飛んでいきますので注意して下さい。 

修理に持ち込まれるピックガードやボディにノブを外す時につけたキズが付いているのがよくあるので、今回はノブの取り方を載せました。                                次回はこのギターのリアピックアップ交換を紹介します。


ギターワークスではさまざまな修理に対応しております。

リペアーのページを更新致しましたので、ぜひご覧ください。


リペアーに関するお問い合わせは、お電話かメールにて御連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL: 06-6317-5129  お問い合わせメール

         



いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-16 21:47:29

ギターワークス オーダーギター

テーマ:オーダー
こんばんは。ギターワークスです。

本日はオーダーギターの作業工程をほんの少しご紹介。




トップコートの乾燥後、水研ぎ→バフがけをしてピカピカのボディ。

ハードテイルブリッジに1シングルピックアップ1ヴォリュームという使用のストラトタイプのオーダーです。

これから組み込みに入ります。




こちらはサイドロッド仕込み中のネック。
ストラトタイプのエンド出しロッドの場合、ネック調整のためにいちいちネックを外さなければロッド調整ができないのですが、このサイドロッド加工をすれば、弦を張ったままでの調整が可能です。




  

ウィルキンソンブリッジの取り付け。

スケールポイントをしっかり出して、スタッド穴を慎重に開けていきます。組み込んだあとの見栄えとオクターブの関係上、少しのズレも許されません。

ウィルキンソンブリッジはその音質とスムーズなアーミングで評判も良いです。



ギターワークスではパーツ通販、リペアーだけでなく、オーダー製作も行なっています。
オリジナルのアイデアを盛り込んだ既製品には無いオーダーギターのお見積りなど、皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。





いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /