2011-10-03 19:20:26

JOE PASS Guitar Style

テーマ:ブログ

オーナーブログ|ギターパーツの通販、ギターの修理・リペア、カスタム、オーダーメイド - GUITAR WORKS(ギターワークス)


もうすっかり秋らしくなりました。 季節もんの曲は沢山有りますが秋の有名なスタンダードというとAutumn Leavesがある。。

秋は他にAutumn In New York やTis Autumn ジョニーハートマンとコルトレーンのAutumn Serenadeなんかもあるが、メロディーはどちらかと言うと押さえ気味のしっとりとした曲が秋に合っているようだ。


ただAutumn Leaves(枯葉)は秋に限らず年中聞かれる。 特にセッションでは毎回聞かれるんじゃないか、というほどのスタンダードになっているが、この曲はなかなかの曲者で良いソロをしようとすると難しい。

コード進行はそれほど複雑ではないがメロディーが綺麗なだけに曲のイメージを生かしつつアドリブをやっていくのは一筋縄では行かない。 言い方を変えると枯葉を聞くとプレーヤーの力量が分かるとも言える。

マイルスやエバンスがどのように枯葉を解釈してプレイしているかを考えると、気軽に「それじゃ枯葉を一発」なんて言えなくなる。


話は変わるがジャズのセッションでは色んなギタリスト人が来る。 まだ楽器を初めて間が無い人やジャズもかじってみたいフュージョンギター弾き、なんちゃってコンテンポラリーギターなど色々で好きにやって構わないのだが、一つだけアドバイスをするとしたら、どのようなスタイルを目指すのであっても一時期でも良いから徹底的にビバップを研究してほしい。 

フレーズをコピーしまくってフレーズが自分の体に染込んで体の一部になるぐらい弾き込む時期を作ってほしい。 この経験は必ず音楽性を広げる種となるはずである。 まあ「オレはジャズなんか関係ないぜ」というなら構わないけど、ヘビメタやるんでもビバップの基礎がもしあったら他のギタリストとは一線を画すオリジナリティーのある存在になるんじゃないかな。 (ただヘビメタ好きはビバップは聞かないわな)


そこでCDをコピーするのも良いが今回紹介するJoe Pass Guitar Styleという教則本。 かなり昔の本だが一度は手にしたことが有る人はプロでも多いのではないだろうか。

中身はまさにビバップフレーズの宝庫である。 それもそのはず、ビバップギターの巨匠であるJoe Passの書いた本であるから、「ジャズのフレーズこれで決まり」的なよくあるフレーズ集とは全く別物なのは当たり前である。


ただタブが無いので楽譜を読むのに慣れていない人はちょっと大変かもしれないが、この機会にタブなんて頼りにせずに楽譜を読む練習と思ってがんばるべきだ。 楽譜を読むうちにベストな指使いで弾けるようになる。 タブなんて見ていたらいつまでたっても自分の指使いが出来ない。


書かれているフレーズをひたすら弾いているとビバップフレーズの法則性のようなものが分かってくる。

例えばコードのアルペジオを基本としたフレーズ、テンヨンを含むお決まりのフレーズ等。 基本的なフレーズのサウンドと指板上の運指がシンクロしてきたら儲けもんである。 あとは実際に実践で使っていけばどんどん身に付いて来る。 

実際のサウンドを聞きたいのであればYouTubeで本人ではないがこの本の楽譜を弾いている動画が結構有るので参考にすると良い。







 






いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>