SOUNDABILITY

ブログの説明を入力します。


テーマ:
さて、いきなりやってきました。

D.I.Y(Do It Yourself)企画
「ボーカルブース自作への道」

まずプロローグ、序章からです。


えーあまりに急すぎてついて来れていない人がいるかもしれませんが、完全スルーします笑。



事の発端は、昨年、僕久しぶりに引っ越しまして、その時に兼ねてから念願であった「音楽部屋を作る!」という願いを叶えたのよ。

別に防音ってわけじゃないんだけど、楽器置いて、PC置いて、その部屋では音楽しかしないっていう、何ともまぁ贅沢な夢をね。

いわゆる自称自分だけの音楽スタジオって感じね!これミュージシャンの憧れだから笑。

でまぁ、去年からはその部屋で、音源作ったり、録音したり、頼まれた仕事こなしたりと、色々と活用できてるんだけど、やっぱり人間、欲というのが尽きないもので、


歌も自分の家で録れたらもっと効率良いんだけどなー


という感情がふつふつと湧いてきてしまったのよね。

ただ、さっきも言ったとおり部屋が防音ってわけではないので、電子楽器類に関してはPCに直刺し(ライン録り)で、大した音量じゃないから問題ないものの、さすがに生歌を本意気で歌うのはまずいだろうというのが最大の問題だったんですよ。

まぁ普通なら大人しく、歌くらいスタジオ入って録れやって落ち着くとは思うんだけど、やはり一度広がった夢を簡単に回収できるわけもなく…



じゃあこの部屋にボーカルブース入れたろう!



と思い始めたのが、事の始まりというわけ笑。





そんなわけで早速、自宅用でも大丈夫なボーカルブースを購入しようと探してみたところ…

まずはプロも自宅スタジオにて御用達のYAMAHAアビテックス セフィーネⅡを発見。

$SOUNDABILITY

YAMAHAアビテックス セフィーネⅡ

おーこれこれ!
めっちゃ理想やん!!と思って詳細をみてみたら…



なんと、お値段703,500円!!



鼻血があふれだすかと思ったわ笑。。。


ぼ、ボーカルブースって…こんなに高いんや。。。




てなわけでYAMAHAさんは諦め、気を取り直して他を探してみたところ、


お次はここにたどり着きました。

$SOUNDABILITY

音響システムエンジニアリングシステム

おー、見た感じはYAMAHAと同じくらい本格的でいて、さらに



お値段253,000円!!



い、いや、まぁ…半額以下にはなっていますけれども…



到底手が出るシロモンじゃねぇぜ。。。



それに値段も含めよく考えたら、ここまで本格的ある必要はないんじゃないかと。

結構家の壁厚いし、お隣さんもよく吠えるチワワを飼ってるらしいけど、鳴き声聞こえたこと一回もないし。
なんならブースなんかなくても熱唱して平気なのかも…



なんてことを考えだす僕。



いや、でもそれで苦情出たら今後やりづらいしな。




なんかここまで本格的な部屋になっていなくて良いんだけど、一応四方が壁で囲われてて、それでいて吸音してくれるような…


そんな商品、誰か作ってても良いんだけどなー。



なんてブツブツ良いながら探すこと小一時間…







すげーのあった!

$SOUNDABILITY

VERY-Q

こ、これやー!
折りたためるL字の吸音素材の壁を2つ合わせて、その上にヘッドセットのような天井をポンっ!!
まさに理想やん!!

つまり、コレ↓
$SOUNDABILITY


コレ↓
$SOUNDABILITY

をマジックテープて固定するだけで簡易的な部屋になるってことなんすわ!

やっぱり考えてる人いたわー。


しかもこちら…

お値段なんと…




111,090円!!!

VERY-Qの詳細・ご購入はコチラ





や…安い!!




のか?


いやでも前述のものに比べたら比べ物にならないくらい安いぞ!まぁこっちの方がかなり簡易的だから当たり前ではあるけど。




じゅ、10万なら、な…なんとか…




いや、ならんぞ!!笑



いかん、大分感覚が狂ってるわ。


でも他に探してみた感じ、既成品でこれより安いブース的なものはないからなぁ。





そして、自分が考えた理想のものがこの世に実在するなんて、これはある意味運命なんじゃないか…

とか、よく分からない自問自答を繰り返す僕の脳内に出た1つの答えは、





あれ、





これ…






自分で作れるんじゃね?





要は縦長の板が4枚あって、その上に天板を乗せりゃ良いんだろ?



むしろめっちゃ安上がるんじゃねーかっ!!?





よし!!いっちょやったろーやないか!!!( ー`дー´)キリッ





こうして僕は、部屋にボーカルブースを自作するという無謀な旅に出かけるのでした。



続くっ!!


次の記事
ボーカルブース自作への道-プロローグ2-はコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード