ACIM Guiding Light Okinawa

きちんとした奇跡のコース学習者でなく、単なるこの本が好きな自分が綴る、ぐだぐだ~な文章ブログ


テーマ:
「光の書 天が答えるあなたへのメッセージ アレクサンドラ・ソルナード」  イエス関連で好きな本のひとつ。

奇跡のコースに比べて、人生の状況、物事に具体的にアドバイスしている感じかな。



奇跡のコースと著者は違えども、アプローチ?は違えども、同じ人物、魂、エネルギーからのメッセージ、書物、な気がする。

実際は違ってたらすいませんな個人感想だけれど。



この本は数あるスピリチュアル、精神世界の中でもちょっと違う感じはする。

文章の言葉たちが、読む人に向けて、親身になって対応してくれているというか。

読んでいる人への優しさみたいなものも感じる。



普通のスピ精神ブックが教科書のようなら、この光の書は、友人からの気遣いと愛と存在肯定が詰まった、手紙のようなものかもしれない。

こう感じるのは、このジャンルでは滅多にないと思う。



的確な評論にはなってないかもで、後に修正したくなるかもしれないけど、今言葉として説明すれば、このような文章になった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
光の秘密 ダニオン・ブリンクリー

この本の著者は奇跡のコースを読んでいるらしく。

臨死体験や光の存在との交流したりとの体験を持っていて。



そのような体験した後にも、奇跡のコースを学ぶというのが、少し驚き感を感じたかも。



その方も赦しを重要視しているようで。

「それが起ってなかったように忘れること」と本の中で話してたと思う。

手元にない本だから、確認せずで、言葉若干違うかもしれないけれど、そのような意味合いを書いてあったと記憶している。



奇跡講座の本の中での赦しの定義?は。

あなたが兄弟からなされたことは、起こってなかったと認識すること、とのような感じで。

あなたの行為を許す、水に流すというのではなく。



普通の考えでは、そうすることは否定的に扱われたり、無理に感じたりするかな。

許されないこと、そういった何かを、罰っせず、修正せずにしておくみたいで、何かよくないことのように感じてしまうかも。





でも、「それは起こっていなかった」と心の中で言うと、少しほっとするというか、少し心が楽になる感じはする。



何か以前の記憶、こうされたああされたの記憶が思い浮かぶ時に「それは起こっていなかった」と思うと少し楽になる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前に本屋で、イマキュレー イリバギザという人の「ゆるしへの道」という本を立ち読みし
た。

内戦の中見つからないように狭い所に隠れ、生きのびたことが書かれている内容で。


きちんと読んではないけれど、印象に残ったことは。

普通なら憎む相手への、限りない赦しで。


絶えず神に、憎しみを赦さしてくだい、消してくださいと頼り委ねていた感じで。

奇跡のコースの聖霊に頼み、赦しをするのと同じなんだと思った。


自分は不登校で、あまり小学校通わなかったから、そのことで叱られ叩かれてしまうので、
押し入れに隠れたりした過去あり。
攻撃されるから、狭いとこに隠れるってことをちょっと経験した。


イマキュレー イリバギザさんの体験に比べたら苦しみ度が全然超小さいし、比較するものでもないけれど。
そのことの記憶を浮かべた。
その記憶は昨日のことのようでもあるし、前世なみに過去な気もする。


そして今現在、生きてて抱えてしまった、自分の様々な憎しみも、この本での憎しみと赦しに比べたら、とても小さい。 
と思うけれど、その小さい憎しみが自分の中で肥大させ囚われてたりする。



話し戻って、本の最後には、イマキュレー イリバギザさんが本を出版出来るようになった経緯が書かれていて。
ウェインダイアーさんとの出逢いによってみたいで、奇跡のようで良かったと感じた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画、インターステラーを見た。

愛は時間も空間も次元も越えるという感じの台詞が、なんか良かった。

との台詞はうろ覚えで、正確ではないのだけれど、そんな感じで。

ちょっと間違ってるかもだけれど。



愛は胸にわく、エネルギーかも。

そのエネルギーを発するとして、なんらかの人物、対象、好きな人に対しての価値判断を失ってしまうような。



例えば、好きだった人がいて、なんらかの理由でその相手を嫌う、憎むとしても。

かすかに残った胸の愛エネルギーを意識すれば、その相手がああしたから、そうしてくれなかったから嫌った、不信という、思考、記憶、判断が、消え。

ただ愛にだけなれるような。

憎む、嫌うもかなり味わえる?ものかもだけれど、愛が疲れず、苦しまない選択で、なにより自身を救うものかもね。



って、愛です、と声高々にあまり言えるような人物ではないけれど。

愛ってエネルギーのようなもので、否定や不信、愛されたい欲求等はの判断を緩め、ただありのままの力強いニュートラルにさせるのかもしれないと思っている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
聖霊より、神聖な魂の方がしっくりする気がする、私的に。

聖霊は妖精や悪霊的な種類のイメージに無意識化で若干なってしまうような。



ホーリースピリット、ハイヤーセルフ、潜在意識と、言葉でそれを言い表すのは様々で、人の感性で捉えるものだはすで。

言葉という形づくるもので、それが何を言い表すものか、何を意図とするか、個人で選択、思っていいものだはずね。





聖霊よ、赦さしてください、との言葉で、最近は憎しみを消している。



聖霊、自分の中の神聖な魂が、罪悪感や憎しみを薄めてゆくのは実感してきてると思う。



ほんと前より、罪悪感や憎しみの気持ちの継続度が減ってきている。



過去の、誰かにき拒絶された逆憎み?などの記憶を、現在に呼び覚まし、くそーってなったりした時に、あの人を、聖霊よ、赦さしてください、で消してゆく感じで。



日々あの人が自分に対して、このような扱いをする(もしくは勝手にそう受け取った、思い込んだ)、だから自分はよくない存在なんだと思うような時も。



彼を彼女を、誰々をあの人を、私の神聖な魂、赦さしてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。