友よ 私が死んで土に還ったら その土で器を造ってくれ。 その器でお茶を飲む時 私の事を想い出してくれ。       

I'm just stuck with something beyond my control. Do I deserve it, called HIV?
Don't waste your time, even if the world is unfair. We were born in defferent shapes, places and times, but we were born equally. That's how we are.

いらっしゃいましぃ。 



今一度、ご確認下さーい。 HIV及び♂♂ネタ満載ですのよ。 



ちょろい肺炎にかかって、入院したら、うっかりHIVに感染してたって、よくある話よネ。 

HIV+肺炎の合わせ技で、いきなり発症、悲しいかな、流行にのってるワ。 



酸素吸入、救急車、ステロイド、アレルギー、障害認定・・・スリル満点、めくるめく禁断の日々。  

恐いもの見たさで、ちょっと覗いていって。 笑えるネタは少ないけど。 



これまでの人生があって、ここまで来たから、敢えて、後悔とか言わない。 これから先が長いのだ。 

HIVになって、ふたつ目の命が始まったのだ。 



HIVだからって、他の病気より、特別だとは思わないけど、今はこれに掛かりっきりだから。 



そんな中年オトコのぐだぐだな日常の記録。 






テーマ:

怠け者休暇も終わりが近い。

画像はまだあるんだけど、PCに取り込んで、処理してUPするのに、かなりの労力を要するので、自宅に帰ってからかな。

 

2枚買ったSIMカードを余裕で使っていたら、残高が怪しくなってきたのが本音。  フリーWiFiだって、夕方になると混み混みで読み込みできないこともある。

 

日本じゃ、月に千円のSIMでもいけるのにな。  こっちの「初めの2ヶ月分無料」の会社で契約して、すぐにキャンセルしたら、違約金取られるんだろうか。  まぁ、アタシはルールを悪用してまでゴリ押しするキャラじゃないの。

 

だって仔犬の目ビームで十分恩恵を受けてるから。  ちょっと飲みに行っても、払ったことないのよね。  白熊ちゃんたち、騙されてるわよ。

 

こっちに来て、熊髭の形に剃ってはいたけれど、伸び放題だったの。  過度の焼け、白髪の髭とピアスがギラギラ光るのって、清○番長じゃないの。  やっとトリミングしたら10才若くなった。

 

35才とかウソこいてもここなら通用しそう。  (ほんまにかぁ?)。

 

いかにもなお土産屋で実用な物がないかと物色していたら、隣から関西弁の母子。  通路が狭かったので、カンペキなカタカナの「エキスキューズミー」が聞けた。  「いいえ、どうぞ」、って返したら、目ぇ丸くして・・・・、この瞬間が堪らない。

 

「サーフィンでもしてるんですかぁ?」。  ほら来た。

ここじゃなかったら、「音楽やってます?」、だな。

 

でも、新喜劇見て育ったよしみで、「サーフボード持って裸足でバス乗って来るやろ」、とか、「スーパーでも裸足やん」、とか、「スーパーでお金払う前に食べてもええ」、とか、ありえへんネタに花が咲く。

 

お母さんと年も近いアタシがこんな出来上がりなのに驚いていたが、「アンタの娘かて、鼻ピーしてるやん」。

 

さて、旅行中の体調はと言うと、大きな不調はなかったが、トイレに洗浄器がないのがこたえた。

 

アタシはねぇ、1日に両手の回数はアレするので、いつも洗わないと、自分の通過ブツに負けてしまうの。  なんぼ紙で拭いても洗うのとは違う。  日本を離れて2日目には出口がしわくなったしまった。  思わぬ落とし「穴」。

 

これじゃぁ、使い物にならないじゃないの。  いやぁ~ん。

 

今までタイに旅行してた時は、タイの習慣で、お尻洗いホースがあったんだな。

 

10日くらいでやっと身体が野生に慣れたけど、次は簡易ビ○洗いが必要だわ。

 

回数を減らす努力はしないの。  内科の先生も、身体に不便がないなら大丈夫だって。

 

ツラの皮は丈夫なのに、アソコはデリケートなの。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
オーストラリアに来たら、カンガルーとコアラ、何十年と変わらないこのイメージはこれからも変わらないんだろうなぁ。
 
お金を払ってアニマル・パークでコアラに触ってカンガルーに餌をやる、初めて来たときはやったわよ。  オーストラリアがハネムーンのブームで沸いた頃。  おっさんにもうら若き20代があったのよ。
 
寝ているカンガルーはまるでステテコ履いたおっさんが寝っ転がっている様なぐうたら感。  コアラの毛は思いの外ゴワゴワだった。
 
でも乾いた大地を駆けるカンガルーをバスから見た時には、ただただ、「カッコえぇ~」。  やっぱ野生でなきゃ。
 
ここら辺の林でも、以前はコアラが見られたんだよ。  人が立ち止まって上を見つめているのは、コアラを見つけたから。  写真を撮っても黒い塊にしか見えない程、高い所に居ても、ライブなコアラってだけで嬉しいじゃない。
 
 
この標識を撮る為だけにバスを下車したぞ。  カンガルー注意の標識は長距離バスの中から見たけど写真は撮れなかった。  最近はコアラも環境の悪化と病気の蔓延で少なくなったそうだ。  カンガルーが駆けるとこ見たかったなぁ。
 

一方どこにでも現れるのが七面鳥。  林に入ればなんぼでも居るし、キャンプ場の中でも闊歩している。  パーティー・キャンパーどもが宴会をほったらかして寝てしまうと、朝方七面鳥が荒らしている音で目が覚める。  七面鳥は少しは飛べるので、大木に登ったりもする。  人も鳥も干渉しない距離感。
 
あいつら捕まって食べられないのかと心配だが、スーパーでもターキー・ハムは見ない、アメリカ人程食べないのかもしれない。  感謝祭もないしね。
 
 
野鳥に詳しくはないのでビノキュラスは持参しないが、鳥の鳴き声があまりにうるさいので木を見上げたら、白いオウムの群れ。  動物園でしか見ないぞ。
 
 
暫くここに居て分かったのは、オウムとかインコの類は、とにかくうるさい。  夕方になると寝床にしている大木に大挙して戻ってくる。  キャンプ場の木にも赤と黒のコンビのインコがお泊まり。  何百と居るかも。
 
日本人には野生の七面鳥やオウムなんて斬新だわ。  アメリカの街中でも公園にリスが普通に居るのとか。
 
水の音、風の音、鳥の鳴き声・・・、テレビなんかなくいい。
 
そんなとこで、夜まで爆音で音楽を流すバカもんがいたリする、子供の叫び声以外はルール違反でしょ。  大抵ヨーロッパのキャンパーらしいが、聴いているのがロクセットのベスト盤なんていつの時代じゃ~。  口ずさんじゃうけどね、♬カモン ジョイン ザ ジョイラ~イド♪
 
せっかく海超えて南の大陸まで来るなら、オペラハウスを外から眺めるような観光だけじゃなくてさ、バスにでも乗って、何にもないとこまで行ってみたらいいのに。  何にもなくはないからね。
 
20日でも旅行が短いと思う、贅沢なおっさんだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回ここでキャンプしてから、BBQキッチンはすっかりやり替えてあった。
ガスの着火に苦労してたのがウソみたい。  シンクやケトルやトースターが増えて、電子レンジも導入、共同の大型冷蔵庫も入った。
川の眺めも良いでしょ。  吹きっ晒しだけど。
 
 
バックパッカーズの冷蔵庫だとビールなんか盗られちゃうけど、盗難は無さそう。
 
 
欧米だとマイ買い物袋は大手スーパー印のが多くて、端から立体だ。
日本の2次元の袋を持って来てるんだけど、「入れ難い」って文句言って、チョコレートケーキを縦に突っ込んだおばちゃんのレジには二度と行かない。
 
バッパーとまた違うところは、料理もしたことないくせに米とか炊いて、大惨事にした挙句に、ガリガリの鍋を放置するようなアホがいないこと。  鍋も食器も自前だから、片付けまでちゃんとするよ。
 
さて、設備は整っていても、おっさんはここでは殆ど調理をしない。  共同ってのは他人の時間が読めないし、野菜が安い訳でもないので。
 
こじゃれたカフェご飯なんて一切登場しないので宜しく。
 
テントを張ったらまずスーパーヘゴー。
疲れた時や思考が鈍い時に、食べたいものを余分に買っちゃうなんて人も居るのに、そんな時おっさんは、乳とかフルーツしか買えなくなってしまう。
 

2ℓミルク、全粒粉パン、700gポテトサラダ、温いものが欲しい時の非常食5Pで1ドルのラーメン。  1日目はこれで寝てしまう。
 
 
野菜の調理に時間を掛けない代わりに、冷凍野菜で濁す作戦。  熱湯で戻してポテサラを水増し。  これでお腹いっぱい野菜を摂る。
こっちの野菜ミックスには、ブロッコリー・いんげん・人参・くわい・赤ピーマンなんかが入っている。
 
 
海外でいつも羨ましいのがひよこ豆。  99セントなんてないよね。  塩を振るだけでいくらでも食べちゃう。  豆腐の代わりってことで。
 
 
日本のパンはどうして白いふかふかのばかりなんだろう。  全粒粉パンが安いとついつい買ってしまう。
 
 
 
ここの冷蔵庫はフリーザーがないので、デカいアイスをスーパーで買って来られない。  命のチョコレートケーキで我慢しよう。
 
マッドケーキって知らないカテゴリーだったので、お店の熊ちゃんを捕まえて聞いた。  「ぎっちり濃ゆいケーキ」だそうだ。  ふかふかのスポンジより良いや。  ホールのままでばくばく直食いするのを、大人達は不思議な顔でチラッと見る。  はしたない人と思われているかも。
 
この画像のグリーク・ヨーグルトがストロー・ブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリー入りで1kg4ドル。  あぁ移住したい。
 
 
チョコレート・チーズケーキ。  確認が足らなかった。  チーズケーキの上にチョコガナッシュだった。
ここらのケーキ屋を覗いてみたが、ひとつ4,5ドルが相場。  お腹いっぱいには出来んな。
 
 
タイとは違うからフルーツ天国ってことはない。  でも基本量り売りだから、少量でも買える。  タイの市場ならキロ売りだもんね。
 
バナナはいるだけ千切って買う。  ブドウは誰もが食べてから買う。  ブドウは袋に入ってはいるが、他のから足したり減らしたり自由だ。
 
立派なプラムを見つけたので、赤いのと黒いのを一つずつ。  熊ちゃんに因ると黒い方が甘いそうだが、見た目ほどの差は無かった。
 
半分パインの2ドルはお買い得だった。  因みにおっさんは芯まで美味しく頂くぞ。
 
いやぁ、ほんとに大したもん食ってないね。  別に不満はないんだよ。
乳もチョコも野菜もフルーツも全粒粉パンもそれなりに食べてるから。
地元らしい食べ物を紹介する為に、肉や魚を食べる義理もなし。
 
 
メインのビーチ近くのセブンで飛ぶように売れるドリンクがこれ。  小僧の殆どがこれを買うんじゃないかってくらい。

窓越しに見える原色のサーバー。  4種類のカップから自分で選んで、フラッペを何種類でも自由に入れられる。  小僧等はバカでかいカップに無茶苦茶ミックスしている。  中くらいのカップは品切れだったので、小80セントにコーラとラズベリーを入れてみた。  すんごい色だけど、一口食べて納得、これ全部炭酸入りのフラッペなんだ。  ビーチの帰りに買うわな。
 
 
今はスクールホリデーって書いたけど、イースター休暇なのね。
日々子供らの奇声に血圧上げてるおっさんだが、さっきキッチンでネットしてた時に、5つくらいの男の子が、「イースターエッグ貰ってね」って持って来たの。  きっとお母さんがあげなさいって言ったんだろう。

今日は子供が天使に見える。  その後、すっごくホットなお父さんと暫くお話をするオマケ付き。  ブリスベンにお住まいならお友達になりたいわぁ。

エッグの中身は普通にチョコだけど、大事に持って帰ろうかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
祭日につき、テントのエリアが混んで来た。  テントが区画いっぱいでも水際がいいのね。  あれじゃ、夜中におならしたら、隣に聞こえちゃう。
 


なのにおっさんのエリアは、駐車枠と川の間、中央が1列空いている。  
 
 
元々電源無しのエリアでも広い区画を貰っているので、隣にでかいのが来ると、こっちの敷地に侵入する。  それ位良いスポットを貰ってる。  キャンプ代マケてくれたおばちゃんが、ここが一番いい区画って言ってた。
 
どんなに狭くてもテント暮らしがお気楽なところ。  それは片づけをしなくてもいいこと。  手を伸ばせば殆んどの持ち物に手が届く。  立ち上がるだけの高さもない。

でもルーム・クリーニングが来ない気楽さったら。
 
ホテルの部屋を空ける時は、持ち物を全部しまう。 引き出しや、洗面台に私物を放置する人の気が知れない。 
お掃除の後であれが無いとか、言わないように、スーツケースに入れ、できれば、自前の鍵でクローゼットに閉じ込める。
ベッドを軽く整え、ゴミは分別して一ヶ所に、取り替えて欲しいタオルだけそう分かるようにラフに畳んで・・・、だらしない客と思われてはいけない。  良い子にしていればこそ、頼み事もし易い。
 
それがさ、今は全然片づけなくて良い。  脱いだ服もそこらにポイ。  エアベッドは万年床。  出発の前夜までこれでいく。  厳重に施錠してるけど、吹けば飛ぶようなテントを狙う人が居るのかね。
 
シャワー棟に1ヶ所だけバス・タブのブースがあるんだけど、早い時間は子供連れが使うので、おっさんは深夜に、1時とかに、お湯を溜めてのんびり温まる。
 
シャツとパンツくらいなら風呂のついでに洗ってしまう。  ターフの内側に干せば誰も取らない。
 
荷物の軽量化にと、スウェット1本で来て正解。  カーゴパンツなんか履いてたら、重くて汗かくし、洗濯大変。
大体がねぇ、ここら辺のおっちゃんなんて、スーパーでもバスでも裸足(そうよ靴履いてないの)だったりするんだから。
 
毎日ぐうたらして年を取るって贅沢だ。  誰か死んでも、火事になっても、すぐに帰れないでしょ。 猫の世話もしないでいい、市役所やら銀行やらの野暮用もない。
 
なんにもしない。  それでいい。
 

そうしてこうなる。  サンスクリーンを持ってはいるのに、いつも忘れる。  あははは。  これじゃ、頭剃れないよぉ。
 
すぐに日焼けも取れて、次の旅が恋しくなる。
 
汚い画像だけじゃ、なんなので。
 
 
川の最前列だと、毎日夕日が見られたんだな。
 
 
朝日が上る直前に月が沈む時。  パステル色の3色アイスみたいな空。
 
 
大きな満月が川の対岸に沈む時、川にも月がもう一つ。
 
月が通る時間が、毎日こんなに変わること気づかなかったなぁ。
夜中でも何時とは無しにうろうろしているおっさんだった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーストラリアは乳が安い。  ヘビー・クリームも安い。  毎日クリーム・パスタでもいい位だ。
 
ミルクは「毎日2ドル」印の2ℓで2ドルのを愛用。 ヨーグルトもベリー・ミックスのグリーク・ヨーグルト1kgが4ドル。  ←日本なら小っちゃいカップの2個しか買えんだろ。
既に8kgの乳製品を消費した。  いったいどんな腹してるんだ。
 
さて、命のアイスクリームだが、無残に惨敗。  おっさんの底無しの欲求を満たすには高すぎる。
 
 
一番安いクラスのフルーツ系の氷菓。  3ドルと2ドル10だ。
チョコレートのアイスバーは4ドル50くらい。  特にプレミアム・ブランドでなくても普通でそう。  2ドル未満のアイスは探すのも難しい。
 
これは国民にアイスを食べさせない為の策略か。
 
ここは土地柄、ジェラート屋はなんぼでもある。
1スクープが6~7ドルから。  おいおいっ。  アイス税でも付加されてんのか。
 
中には自然食が売りのデザート屋では、「ノン・ファット、ノン・シュガー、玉子もミルクも不使用」の得体の知れないアイス擬きが14ドル。  付加価値って詐欺スレスレ。
 
14ドルあれば、エスプラネードのカフェで、ハンガーバーかシーフード・フライにチップスとサラダも付いて、お釣りが来るぞ。  アジアン・フュージョン(節操なくアジア的なら何でもありってヤツ)の店で、フォーとかナシゴレンとか食べられる。
 
てな訳で、お腹いっぱいのアイスクリームは断念したおっさんは、グリーク・ヨーグルトを乳デザートとして食べている。
 
命のチョコレートの事は今度書くとして、チョコレート・ケーキがホールで2個目に突入。  やっぱ底力あるわぁ。
 
日本を発ってから、米を一粒も食べていないけれど、不便を感じない。
乳とチョコでシアワセと体重を維持するおっさんだった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。