バンコク 16-6

テーマ:

今日もお友達んちに上がり込んでいた。 ちょっとお願いがあってね。


彼らのとこのサービスト・アパートメントがチェックインから24時間というプランを出していたので、飛行機が深夜なのに合わせて、旅行の最終日だけ泊まる予定なのだ。


旅行中お土産が増えたり、冷蔵の食料もいっぱい持っているので、荷物の一部を事前に彼らの部屋で預かって貰えないかと。 これは多分OKだろうと思った通り、二つ返事で、「いつでも、なんぼでも持ってらっしゃい」。 人の好意には甘えるわ。


それとは別に、質問があって。

旅行の前に、兄やが、田舎の爺やに、たまには電話するか、手紙のひとつも出しとけよ、と言ってたので、調子こいてタイから絵葉書を送ろうと思った訳。 ところが、今じゃバンコクの街中に下世話なお土産屋なんか無くて、いかにもな絵葉書が見つからない。 金ぴかな仏像の写真の5枚でナンボのやつ。


どこで売っているじゃろう、って聞いたら、ここにあるのをあげるよって。 見れば、ちゃんとした写真家のを葉書にしたって感じのプロパーなヤツね。 やっぱりタイだから象さんの葉書を頂いたわ。


ついでに切手もあるからって、送料をネットで調べてくれて、ゴージャスな記念切手をくれようとするから、普通のタイの国旗柄の切手を貰った。


買い物する手間も、郵便局かコンビニ行く時間も省けたわ。


くれって言った訳じゃないから、アタシのせいじゃないけど、ある腫巧妙なたかり?


「仔犬の眼をして」、の件については、ビッグ・バン・セオリーのシーズン6・エピソード2をチェックして貰うとして、うちの同居人達にも、あんたコレ(仔犬の眼)やるでしょう、と言われる。


そう言えば、今泊まっているホテルで、以前、チェックアウトだけして、荷物を夕方取りに戻った時、「空港に行く前に、シャワー浴びたいでしょ」、と部屋の鍵とタオルを渡された事があった。 滅多にないラッキーでしょ。


自分でも薄々自覚はあったけど、こうやって世渡りしてきたんだな。 ガハハハハ。

AD

バンコク 16-5

テーマ:

マドラスさんは船が寄る港ごとにオンナが待っている、なんてナイ、ナイって元船乗りさんが言ってたけど。 世界の何処でも知り合いが居るって良いよ。 タダ酒、タダ飯・・・いやいや、そうじゃなくて。


日本の地方都市でヒネリのない生活をしているアタシ、予定外の知り合いが増えるよりは、減る方が早いお年頃。


なのに旅先でポチポチ知り合いができる。


だってさぁ、エレベータに乗り遭わせただけで、会話が始まると言うか、無言のエレベータに耐えられない人達は多いんだよ。 日本じゃおかしな人と思われかねない。


出会いは無限よぉ。


全くもってアタシの威力はゼロなお知り合いばかり。


オーストラリアで大手レコード会社関係者と飲みに行った時、有名なベーシストと合流したら、ボディガード付きで、バーのハシゴをして最後の店で、足元サンダルだからって入店拒否なんて。 ボディガードが熊ちゃんだったけど相手にされず。 色んな事が起きるわね。


さて、バンコクで出合った、ハワイ出身で日系の元パイロット。 米系の航空会社(チューリップ社)で、バンコク線をメインに飛んでたそうだ。 じゃぁ、アタシのフライトも彼が転がしてたかも。


でも、アタシが遊びに行くのはまた別の人。 オーストラリア人のスポーツ・ジャーナリスト、タイ人の事業家のカップル♂♀。


いつでも遊びにおいでって言うのを真に受けて、買い物の帰りとかに休憩がてら寄っている。 勿論日本からジャパネスクなクッキーを手土産に行ったわよ。


真夏のバンコクでも風が抜ければエアコンは要らない。 ベランダに椅子を並べて、何とは無い話を一頻り。


彼の専門はテニスとゴルフ。 今はフレンチ・オープンをやってるので、夕方から深夜まで試合を見るので、長居は無用。


オンラインでテレビやラジオのコメントに出たり、書き物もしてたり、バンコクに住んでいてもフリーで仕事が出来るってスゴイな。


アタシの最近の旅行は、無理しては観光はしないので、何しに行ってんのと聞かれるけど。 ベランダで風に吹かれて、ビーチで、キャンプ場でも、卑近な日本人とは違う価値観、経歴、バックグラウンドの人と過ごすだけでも良いんじゃないのと思う。


旅先で遭遇する日本人ほど、役に立たないものはない。


アタシの友人はは共通して、他人のことはジャッジしないので、リベラル、ジェネラスな人、 結果的に♂♂の組合員が多いんだけど。 各地に♂♂の彼氏が待っているという訳にはいかないわ。

AD

バンコク 16-4

テーマ:

旅の半分まで来て、ホテルの冷蔵庫の中を眺めて、既に拷問、罰ゲームの様相。


ライチ、マンゴスチン、ランブータン、ロンコン、ドラゴンフルーツ、マンゴー、メロン3腫、スイカ、グレープ、バナナ、パパイア・・・・・・・・いったいどんだけ買うねん。 これ全て今日の冷蔵庫に入っている。 かのドリアン以外なら何でもって感じ。


殆どキロ買いか、スイカなんか丸々で38バーツ・・・、って値段の問題じゃないか。 どうやって食べ切るつもりなのか。 毎度、毎度、日本に着地するまで機内でも食べ続けるおバカさん。


ローカルな市場から、路上の屋台、スーパーまでなんぼでもハシゴする悪い癖。


誰かアタシを止めて。 普通の観光とか遊興に連れ出してぇ。


さて、ぼちぼち米がなくなったので買い出しに行かなきゃ。

パイナップルも仕込まなきゃ。 いざ。


マンゴーもっと食べておきたい・・・・。

AD

バンコク 16-3

テーマ:

さて、2軒目のホテルは過去の記事にも出てくる所。 設備・立地・料金で、やっぱりココかなぁ。


実はフロントの女性、ホテル・サイトのレビューで評判がすこぶる悪い。 もの言いが素っ気ないだけで、仕事は出来るのに。 相性がどうでも、「仔犬の眼をして、お・ね・が・い、ってやるんだよ」、(50男の発言とは思われないが)。


ちゃんと希望通りの部屋を用意してくれた。 上層階でスカイトレイン側。 反対側だと隣のコンドから丸見え、裸で過ごせない。


高級ホテルでもなきゃ、築数年でどんどんくたびれて行くホテルが多いなか、綻びを見せないようメンテされているし、冷蔵庫・ソファ・電気ケトル・食器等は随時入れ替えてある。


幹線道路脇の立地につき、レビューのネタが「騒音」だったが、寝室の窓が二重窓になっていた。




スカイトレイン(画像中央)を見下ろす景色が好き。 これなら裸で居てもOK?




冷蔵庫が新しくなって、冷凍庫が独立したので、アイスクリームの買い置きができる~。 しまった、保冷袋持って来てない、気温38℃なのに。




Wi-Fiは良好なんだけど、電波をいちばん拾うのがドアの近くなので、下駄箱がPCデスクに。 独りだから何でも良いよ。 どうせハダカだし。


まぁ、そりゃぁ4つ星のホテルと較べちゃいかんけど、キチネットにフルサイズの冷蔵庫があれば、こっちが良い。 トンブリ(川の向う)なんか辺鄙だと言う人は騒々しいスクンビットに泊まるが良いさ。


プールもいつものようにほぼ貸切で、一息ついたら、午後はサトーンに住む友人を訪ねてみよう。

バンコク 16ー2

テーマ:

飯食って寝ただけだから、朝が早い。 こっちの朝3時は日本の5時。 PCでアメーバ絡みの作業をして、昨晩の残りの半額サンドイッチで朝ご飯。 食事+命のお薬、これだけは止められないからね。


捨てホテルをチェックアウトする前に、恒例の市場詣へ。


以前の滞在で、市場に向かっていた時、道の向うからやって来たおじさんの両手に、マンゴー一杯の袋を見た瞬間、ホルモンがドッと噴き出して、心臓バクバク、「この方向に行けばマンゴーがあるわぁ」って。 どんだけ好きやねん。


今回も初日から飛ばしてる、と言うか、ある腫、依存症じゃないかと。 嬉しすぎて歯止めが利かない。



マンゴーの形が違えば種類が変わる。 3ヶ所でお買い上げ、15個で80バーツ(260円)、止められまへん。 市場へ来るとキロ買いが恐くなくなる。



トマトだって2種類。 小さいのは甘くておやつ向き。 みどりのは茄子、タイは茄子天国、カレーにしよう。 バナナはいつ買っても味や食感が違って新鮮だけど、品種を明記して売ってないので、次に同じのは買えない。 パクチーもゲット。



青菜だって知らないものばっかだけど、勘であれこれ買っちゃう。 大抵生でも美味しいし、加熱すると風味が全然ちがう。 画像のは加熱すると粘りがある。 それにしても束がでかい。 20バーツ也。


いきなり10kgは買っちゃったかも。 画像に映ってないものもあるし。 戦後のヤミ市にでも行くかのような。


ホテルを移動するのにどうするんだ、って、心配ご無用。



左手中層の茶色いビルが最初のホテル、中央の黒いコンドの右下、黄色っぽいのがメインのホテル。 徒歩2分の距離。 慣れたもんだね。


こうして巨大な農産物を抱えて、次のホテルへ。 12時にはチェックインして、プールへ。 ザブーン。