友よ 私が死んで土に還ったら その土で器を造ってくれ。 その器でお茶を飲む時 私の事を想い出してくれ。       

I'm just stuck with something beyond my control. Do I deserve it, called HIV?
Don't waste your time, even if the world is unfair. We were born in defferent shapes, places and times, but we were born equally. That's how we are.

いらっしゃいましぃ。 



今一度、ご確認下さーい。 HIV及び♂♂ネタ満載ですのよ。 



ちょろい肺炎にかかって、入院したら、うっかりHIVに感染してたって、よくある話よネ。 

HIV+肺炎の合わせ技で、いきなり発症、悲しいかな、流行にのってるワ。 



酸素吸入、救急車、ステロイド、アレルギー、障害認定・・・スリル満点、めくるめく禁断の日々。  

恐いもの見たさで、ちょっと覗いていって。 笑えるネタは少ないけど。 



これまでの人生があって、ここまで来たから、敢えて、後悔とか言わない。 これから先が長いのだ。 

HIVになって、ふたつ目の命が始まったのだ。 



HIVだからって、他の病気より、特別だとは思わないけど、今はこれに掛かりっきりだから。 



そんな中年オトコのぐだぐだな日常の記録。 






テーマ:
前回はぶちぶちと文句を垂れたが、ゆる~いところも心地よいのがタイらしさ。
「マイペンライ」を「いい加減」と勘違いしているなら、知らないことは使わない方が良くってよ、おバカ丸出しだからね。
 
 
BTS(スカイトレイン)の某駅で。  その駅の模型↑がよく出来ている。  線路の下の網あみの通路が歩行者用のスカイウォーク。  地上では信号は長いし、歩道はボコボコなので、高架道路や線路の下の空間を有効活用、ぶりりあんとぉ!  だけど、
 
 
線路がスカイウォークに落下して、壊れたままなの、半年以上。  樹脂のケースに入っているのに、なぜ?、不吉?  アタシが直しちゃるー。
 
 
♪雨にや~ぶれかけたぁ 街角~の ポスタぁにぃ♪
掃き溜めな裏道に時代を感じるビルダーのポスター。  こんなんで客が来るんかい?
 
 
ただの公園に遊具があるように見えて、実はウェイトトレーニングの機器なのだ。  露天よ。  タイのお兄さんたちはムキムキに熱心。  夕方になると、100人以上の半裸のおっさんがここでムキムキ。  じゅるる。ラブ
 
バンコクには露天のジムがあちこちにある。  屋根付きの有料のクラブもあるが、ここは無料。  あたしも混ぜてぇ。
ここはセパタクローのコートもあって、パンいちのおっさんがプレイしているのを、橋を渡るついでに、上から眺めている。  じゅるっ。
 
 
ジムと船着場の間で体脂肪率の高そうな豚が寝ている。  誰も捕って食わないので飼い豚なんだろう。  都会の真ん中で放し飼い!  (最終的に食べるんだろうか?)。
 
 
怪しげな誤字・誤訳あるある。  アテネの屋台で見たひらかなの、「うんど」、きっとうどんだと思ったが試す勇気はなかった。
 
 
おそらく美容整形の看板。  タイの名前には最後がポーンで終わるのが多い。  中央駅だってホアランポーン駅だしね。  でもアルファベットで書くと、PORNになってしまう、欧米人にしたらそこここにポルノの文字。  想像力豊かなアタシ。
 
 
和ものジャンクフード花盛りのバンコク。  たこ焼き屋の裏から盗撮。  油をじゃぶじゃぶ掛けながら焼くので揚げたこ焼き。  客は好きな具のをトングで容器に取って買う。  具はえび・ハム・チーズ等々・・・たこはあるんかい!
 
 
たこ焼き屋の隣は寿司。  システムは隣と同じ。  右下にマヨの黄色いボトル。  タイ人の好きな甘いマヨ。  これがほとんどの寿司の上にビヤ~っと掛けられる。  トゥ~マッチ。
 
 
おっさんの常宿からの景色。  幹線道路がチャオプラヤを渡るのに高架になる所、真ん中をスカイトレインが走る。  決して閑静なロケイションではないが、この景色が好きなので、こっちの側をリクエスト。  スカイトレインから裸を見られてるかもしれないけど、誰も気にしちゃぁないわ。
 
 
夜になっても交通量は減らず、窓越しに見ると、クリスマスツリーかと思う程。  だったのが・・・、
 
 
国王が亡くなってから、日中は滞りなく経済活動が行われているように見えるが、夜になると引くのが早い。  この道がこんなに空いているなんて、夜間外出禁止令が出た時のようだ。
帰りの飛行機もバンコクからホー・チ・ミンまで、いつも満席に近かったのが、3分の1くらいしか乗っていない。
 
早く喪が明けて復活して欲しい、と願いつつ、需要が少ないうちに安く行きたいと思うビンボー人。
 
でも次はオーストラリアなのよ。
キャラバンパークでキャンプする金で、バンコクならキッチン・プール・Wi-Fi付きなんだよね。
白熊ちゃんでも愛でてくるわぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
バンコクは日に日に発展して便利になっていくが、残念ながら足らないところに目が行ってしまう。
 
 
世界中どこへ行ってもお馴染みの「i」のマークの案内所。  20年前はあちこちで確かに稼働していたのに、今は開いている所を見たことがない。  歩道を占有したまま放置されている。  こういう物こそ充実させなあかんと思うのだが。
 
 
街路樹の剪定にしても、じゃんじゃん切り落としてはほったらかして行く。  歩行者の不便さは後回し。  回収のトラックはなかなか来ない。
 
 
チャオプラヤの船着場。  右のボートが先発なので、乗客は左のボートを通り抜けて乗船。  おっさんの常識にはなかったので戸惑うなぁ。  安全面ではどうなんだろぅ。
 
 
道路標識のBRTってのは、バスを使った新交通システム。  バス停じゃなくて、ちゃんと駅があって改札もするので、線路の代わりにバスが専用車線を走るもの。
ところが、専用車線なのに他の車も走ってしまう。  コンクリブロックで車線が区切ってあっても、バイクは入れるので、年中渋滞のバンコクで抜け道になってしまう。  歩道をバイクが逆走しても捕まらない国だもんね。
 
 
何よりも残念なのは交通インフラに統一が足らないこと。
 
地図をみればバンコクの鉄道が発達したことはよく判る。  ロンドンのチューブの地図みたいじゃん。  おっさんが初上陸した時はディーゼルの国鉄が数路線あるだけだった。
 
しかし、ロンドンと違うのは、ロンドンなら乗り換え表示の駅間は地下をてくてく歩けば次の電車に辿り着くのに、バンコクでは、違う路線とは基本的に繋がってないと思った方がいいこと。
新しい路線が開業する時に、既存の路線と接続する事を考えていない。  上の地図で一見乗り換え出来そうに見えるのはまやかしだ。  将来的には繋げると言ってはいるが。
 
スカイトレインが出来た時に凄いと思ったが、次に地下鉄が来て、BRTが来て、エアポートリンクが来て、コミューター路線が増え・・・、とにかく乗り継ぐには一旦駅を出て移動するのだ。  段差があるとか通りの向こうとか、まだいい方で、1km以上離れているとか・・・。
 
そもそも、新しい路線を造る時に、システムの違う路線を次々に造り、工事は日本とか〇国が入札で落とすパターン。  駅の接続がなければ、相互乗り入れなど出来ないし、通し運賃もない。
 
長距離バスのターミナルは大きいのが4ヶ所あるが、どこも辺鄙な立地。  おっさんが利用する南バスターミナルは建て替えでチャオプラヤの西5kmに移転。  当然電車では行けない。  電車に乗ればどこまででも行ける日本が便利すぎるのか。
 
 
あれこれ文句を言ったけど、格段に良くなったことがある。
20年前のバンコクの繫華街はゴミまみれだった。  買い食い文化の国だからゴミが出る。  ゴミ箱が一杯でも上から上からゴミを捨てていく、夜中には町中のゴミ箱が山盛りだった。  そこいらの植え込みで立ち小便してるし。
 
それが今では通りにゴミ箱がないんだよね。  通りが断然きれいになった。
 
ついでに路上の物売りの規制があったり、屋台が少なくなったりと、街がきれいになったらなったで、文句のあるおっさんだ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
草食おやじの甘もの好きはバレてるけど、甘すぎるのは苦手。  甘いばかりの野菜もフルーツもちょっとね。  デザートも然り、一粒で濃厚なのは求めていない。  だってお腹いっぱい食べたいから。
 
バンコクでもいいとこでケーキを買うと500円するけど、500円あれば米を4~5kg買える物価なんだよ。  三流一般人のおやじは並で良いわ。
 
バンコクのホテル選びに冷凍庫は欲しい。  24時間アイスクリームを食べたい。  保冷バッグ持参だもんね。
 
 
黒豆・タロ・コーン・さやいんげん・シログワイ等日本にない味もあるでぇ。  タイ語が読めないので何か分からんのもいっぱい食べた。  この中ではパインとタロがお気に入り。  チョコは別枠ね。
 
 
都心のデパートで1スクープ食べるのと同じ値段でこのデカいのが買える。  タイの物価は極端だ。
 
 
チョコアイスにチョコレートケーキをトッピング。  どんだけ食べるねん?  ガーン
 
 
モールで見つけた「よりどりなんぼ」的なケーキ。  高いのを買ってもホテルに帰り着くまでにダレちゃうんだよね。  常夏の落とし穴、タイではチョコは買わないおやじである。
 
 
旅先だからって不便なのは嫌だから、道具や食材は出来るだけ持ち込む。
牛乳を混ぜるだけのお手軽カスタードミックス。  ゼラチンは100%ジュースを固めてジェリーにしたり、ビーターを使ってババロアだって出来る。  きな粉は草食には必須アイテムで、黒蜜と練ってパンに塗るとか、きな粉ミルクに。
 
2週間の滞在で、ざっくり、フルーツ15kg、アイス2kg、ミルク10ℓを消費。  休暇中だから甘やかしてやろう。  でも意外と太らないんだよー、フルーツ主食だから。
 
チャンタブリーのフルーツ大食い大会に出られるんじゃないかと思う今日この頃。
 
次の旅行はタイじゃないので、食べ放題出来ないのが残念。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

♪悲~しく~て 悲ぁしくて~♪

常夏と思われるタイにも季節はある。  盛夏を過ぎると、市場のマンゴーは固くて濃い緑色。  彼方の人はカリカリのマンゴーにチリ砂糖を付けて食べる。

 

緑のマンゴーを放置しても上手く追熟しない。  黄色くなる前に、繊維が固くなるか、腐る。  (経験済)。  もちろん、スーパーやデパートに行けば、あるんだよ、黄色く熟れたのが、お高いけどね。

 

旬のフルーツをお腹いっぱい食べたいのだ。

田舎の家では、自家消費の果樹をやってた。  田植えの前には露地のいちご、夏休みには桃やすいかが食べ放題、秋には柿・梨・いちじくが成るっ、てな具合に。  学校のお弁当にいちごだけをタッパーに詰めて行ったり、すいか丸々1個を持って行ったことも。  どんだけ好きやねん。

 

マンゴーはダメでも、ホテルの冷蔵庫には常に10種類以上のフルーツを欠かさない。

 

 

ホテルに大型冷蔵庫は必須条件だ。  同型の容器に、茹で野菜や刻みパクチー、通りで買った野菜の惣菜等がずらりと並ぶ。  外食する必要無し。

 

マンゴーの旬は外しても他のものが来るもんね。

ランブータンやライチの陰に隠れた、じゃがいも顔のロンコンが最盛期だった。

 

 

繁華街でもビジネス街でも、ロンコン売りの流しのトラックが止まったら、躊躇している間はない。  少し捌いたら走り去ってしまうから。  2㎏で50バーツ。  2kgも買うのかぁ?って、「買うでしょ」。

 

今回初めて見つけたのがナツメ。

 

 

アタシの知っているのはラグビーボール型だけど、皮の茶色具合ががきっとそうだと思って、屋台のお姉さんに、「お願い」って仔犬の眼をして聞いたら、「食べてみて良いよ」って。  サクサクしたリンゴ風の食感は確かにナツメ。  「タイのリンゴ」とも言うそうだ。

 

小学生の頃、校庭の壁の外にナツメの木があった。  きっと誰かの所有物だったろうに、子供だから勝手に食べてた。

家を建てて、庭にナツメを植えたけれど、花は咲くのに実がつかず、伐採。  タイでナツメに出会うとは。  懐かしい香りがした。

 

植物性のものなら何でも食べるアタシがギブしたのがこれ。  お金を払ったものを捨てるなんて悔しい。

 

 

何年も前から存在は知っていた。  中華の桃饅頭のように愛らしいルックス。  うっとりする甘美な香り・・・そんな期待は崩れ去った。

酸っぱくて渋くてモソモソして、フルーツらしい香りも旨味もない、野菜として食べるのも無理そう。  レモンみたいと言われたが・・・、完敗。

 

アタシの知らないフルーツがきっとわんさとあるから、これからも挑戦止めないわ。

 

♪おれのあん娘はフルーツが好きで  いつもプカプカプカ

あたいフルーツや~めないわ プカプカプカプカプカ♪  (←マイナー過ぎるネタ)。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイの屋台にも流行り廃りがあって、時々、「ほおっっ?」、と立ち止まって見ることがある。

 

屋外の寿司、たこ焼き、たい焼き・・・日式恐るべし。  抹茶ドリンクもすっかり定着したし。  今回は豆乳ドリンクの屋台を見かけた。  「トラディショナル・ジャパニーズ・ソイ・ミルク」の文字。  豆乳だけで商売になるんだなぁ。

 

日式ではないが、先の記事で書いた、サラダの話。  ある年、定宿の近くでサラダを売る屋台に遭遇。  安いが量が多すぎる市場の野菜と、割高なスーパーの野菜・サラダとの板挟みになっていた草食おやじの救世主。

 

 

袋一杯の野菜で80円程だ。  サタダ・バーの袋詰めとでも言うか。  見た目は悪いが、サイ・プラスチックの国だから没問題。

 

内容物はトマト、紫キャベツ、玉ねぎ、赤ピーマン、レタス、茹でカボチャ、山芋、人参、袋入りの麦とコーン等々、好みのドレッシング、ハム・カニカマ・ゆで卵から一つ。  (グリルした茄子やオリーブも欲しいところだけど)。  要らないものを伝えると、その分葉物を詰めて25バーツ均一。

 

タイのドレッシングやマヨは甘くてでかいので、時々抜いてもらうのが、タイ語の分らない私と、英語の分らないおばちゃんだから・・・あははは。

 

夕方5時前におっちゃんがバイクで搬入。  テーブルを組み立てて、仕込んだ野菜を並べるだけ。 後から来るおばちゃんがエプロンをしたら開店。  帰宅時間のピークが終わると閉店。

 

チャオプラヤの船着場から川沿いの幹線道路に交わる地点で、人の流れが抜群に良い。  おまけに高架道路の下に陣取っているので、雨にもマケズ。

 

物価の安いバンコクで屋台も大変だろうと思うのは勘違いなのかもしれない。  1日中路上でチキンを揚げたりするより、商売上手かもね。  出勤してくる時のおばちゃんは、おばちゃんと呼んではいけない位にちゃんとしたなりの女性だから。

 

屋台業界は出入りが激しいので、長く続けて欲しい。  「アタシの為に」。

 

さて、都市化の進むバンコクで、流しの屋台も少なくなったのが、寂しい限りだけれど。

 

 

トンブリーから王宮のある側へ渡る橋の上で、野菜売りの屋台のお兄さん。  高い橋を押して上がるのはさぞ大変だと思うのに、ニコニコの笑顔が逞しくて素敵だったので、後ろから無許可で写真を撮った。  私の好きなバンコクはまだここにあるなと思った瞬間。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。