イケメンにはなれなくて

テーマ:

現在5歳になる娘は、
幼稚園年少の頃、
独り言で「パパ髪の毛、生えてこないかなぁ。」と言っていたそうです。
そうですよね、何かの行事で幼稚園に行くと、
髪がたもカッコよく決めたイケメンのパパばっかりですもんねぇ。
それにくらべパパは・・・。
「パパは髪の毛が生えても、イケメンにはなれないんだよ。ゴメンね。」などと、
心の中でつぶやいたりしていたのですが。

それから1年ちょっとが過ぎ、
ある時、幼稚園にお迎えに行った時のこと。
パパのお迎えに娘は大はしゃぎで、
お友達にパパを紹介してくれるのです。

娘  「ねぇAちゃん、私のパパ、ハゲっ!ぶぁははははは・・・」
Aちゃん 「ぶぁははははは・・・」
娘  「Bくん、パパが迎えにきてくれた。パパハゲっ!ぶぁははははは・・・」

Bくん  「あっははははは・・・」
娘  「Cちゃん、見て見て私のパパ、ハゲっ!くさいっ!ぶぁははははは・・・」

Cちゃん 「くさいっ!ぶぁははははは・・・」

 

パパがハゲでくさいという不幸な境遇を笑いに変えるチカラ、スゴイです!
だって、ハゲで笑い取れるのって言ったら、
トレンディエンジェルか温水さんくらいですもんね。
まぁ、そんな簡単にはいかないと思いますし、
すべてのことに当てはめるわけにもいかないですが、
大抵の不幸は笑い飛ばしちゃった方がイイですよね~。
でも、時には泣くことも大切かなぁ。
そういえば、娘はすごく泣き虫ですし。

 

AD