サモアがスーパー14へ加入か

テーマ:
サモアがスーパー14へ参戦するかもしれません。

南半球3カ国のクラブ選手権、
スーパー14は2011年から1チーム追加して
「スーパー15」へ拡大することが決まっています。
その新チームとして、サモアが名乗りを上げました。
(http://www.foxsports.com.au/story/0,8659,25759373-23217,00.html)

スーパー14を運営するニュージーランド、
オーストラリア、南アフリカの3カ国は、
先日、新チームの条件を発表しました。
・安定した運営ができる組織
・25000人収容のスタジアム
・地理的位置(豪州に近いこと、テレビ放送に向く時差)
・500万豪州ドル(3億6000万円)以上の資金

いくつかの地域が立候補しています。
有力視されているのは、メルボルン。
ラグビーが盛んな土地ではありませんが、
380万人とシドニーに次ぐ人口を持っています。

対抗馬としてゴールドコーストの名が挙がっていましたが、
500万豪州ドルという資金がネックになっています。
南アやNZからも希望している地域はありますが、
現実的ではなさそう。

そこで、新たに手を挙げたのがサモア。
ラグビーマニアの首相が後押ししているそうです。
本拠地は豪州に置くことを検討しています。
サモアと同じポリネシア系の住人が多い
ウエスタンシドニーが候補になっています。

また、3カ国は日本、フィジー、トンガ、
アルゼンチン、カナダ、米国の協会に対して、
「今回の新チームの対象として考えていない」という
文書を送付。
これらの国が参加する可能性はなくなりました。

現在、日本、フィジー、トンガ、サモアの
実力はそう離れていませんが、
もし、スーパーラグビー参加が実現すれば、
サモアが一歩抜け出すのかもしれません。
ただ、スーパーラグビーは2012年以降に
再び拡大する方向で議論が進んでいます。

日本ラグビー復興計画/宿沢 広朗

¥1,680
Amazon.co.jp

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
AD