2012年にもブレディスローカップが
再び日本で開かれるかもしれません。
http://www.nzherald.co.nz/all-blacks/news/article.cfm?c_id=116&objectid=10607900

ニュージーランドラグビー協会には、
オールブラックスの試合を誘致する
オファーが殺到中。

来年は、2008年にも開催した香港が
有力です。
日本開催は2011年のワールドカップの
翌年が最有力ということです。

香港が優先されるのは、
商業的な理由です。
先日、NZ Herald紙の記事では、今年の日本開催の方が
収益が大きいだろうと書いてありましたが、
NZ協会のSteve Tew専務理事によると、
実際は、香港の方が上だったようです。

ただ、日本はグッズの売り上げが
大きかったようです。
オールブラックスのレプリカジャージなどを販売する
アディダスの今大会での収益は
2000万円に達しました。

アディダスは2007年にサッカーのクラブW杯で
ACミラン(イタリア)が来日した際の
収益400万円を目標にしていました。
オールブラックスの営業力は
ミランを圧倒しました。

ところで、世界的な不況のさなか、
NZ協会はオールブラックスの
海外興業を増やす予定です。

ドイツラグビー協会からは、
ハンブルグでの試合開催のオファーがありました。
2011年のW杯後には、
米マイアミでのアルゼンチン戦や、
ドバイでのイングランド戦も
検討しています。

他のプロスポーツ同様、
中国もターゲットに入っています。
Tew専務理事は
「5年以内に中国(香港以外)で
試合をやる可能性もある」。

米バスケットボールのNBAが
10年前に、中国でのテレビ放映権料を
無料にして露出を増やした例なども
研究しているということです。

今回はブレディスロー杯が日本での初開催ということで、
スタジアムもほぼ満席。
グッズ販売も絶好調でしたが、
新鮮さが薄れる次回以降はどうでしょうか。
盛り上がりに欠けるようなら、
中国や他国でしか見られなくなるかもしれません。

世界のサッカーマスコット大行進!/斉藤 健仁

¥1,680
Amazon.co.jp

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


AD

ブレディスローカップの黒字額

テーマ:
先日行われたブレディスローカップ。
ニュージーランドとオーストラリアが
好ゲームを魅せてくれましたが、
試合の収益も最大で450万NZドル
(約2億9千万円)に達すると
見込まれています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10606548&ref=rss

推定すると、入場料収入だけでも
(平均チケット価格1万5千円)×(有料入場者数4万人)=6億円
くらいでしょうか。
さらにWOWOWのテレビ放映権料や、
日本協会が支払う出場料などが収入になります。
支出としては遠征費用や試合開催費用、
選手に払う出場料、電通へのマネジメント費用などでしょう。

ブレディスロー杯は昨年、初めての海外興業として
香港で行われました。
その際は収益3万NZドル(1億9千万円)をNZ、豪州で
折半したと報じられています。
今年はそれを大きく上回る額。
興行的にも成功だったと言えそうです。

ただ、せっかく両国が来日しながら、
日本代表との対戦がなかったのは残念です。
日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチは
NZ紙のインタビューで、
日本代表とオールブラックスが
2年以内に対戦すべきだと答えています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10606702&ref=rss
何としても実現してほしいものです。

オールブラックス スペシャルBOX [DVD]

¥6,290
Amazon.co.jp

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
AD

オールブラックスの選手がNEC入り

テーマ:
ニュージーランド代表の
アンソニー・トゥイタヴァケ(27)が
NECに加入することが決まりました。
所属する North Harbourラグビー協会が
発表しました。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10606072&ref=rss

トゥイタヴァケのポジションはセンター、ウイング。
2008年に代表デビューし、キャップは5つです。
かつては7人制NZ代表の主力でもありました。

来年のスーパー14終了後に
チームに参加ということなので、
来年のトップリーグには開幕から参戦できそうです。

バックスの決定力を欠き、
今季も苦戦しているNECにとっては
絶好の選手と言えそうです。

だれでもできるタグラグビー/鈴木 秀人

¥1,470
Amazon.co.jp

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
AD