1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-31

フリーダ・ジャンニーニ、仙台にてワークショップを開催

10月26日(日)、グッチのクリエイティブ・ディレクター フリーダ・ジャンニーニは、東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台市荒浜地区を訪問し、今なお残る津波の傷跡を目の当たりにしました。




また、仙台市内の夢メッセみやぎにてワークショップを開催し、東日本大震災で被災し『ユネスコ協会就学支援奨学金-GUCCI奨学生』の奨学金支援を受けている高校生たちとの初めての交流が実現しました。
ワークショップでは、フィレンツェの工房から来日したグッチのアルチザンがイタリア伝統の皮革工芸の技を披露し、奨学生たちはアルチザンの指導のもとレザーグッズの製作を体験しました。




『ユネスコ協会就学支援奨学金-GUCCI奨学生』には、地域社会への社会貢献の責任と、普遍的な価値を未来へと伝えていくというグッチの信念が貫かれています。

グッチは、教育はすべての子どもたちにとって永遠の贈りものだと考え、今後もこの奨学金を通じ、東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を継続してまいります。





『ユネスコ協会就学支援奨学金-GUCCI奨学生』について、詳しくはこちら をご覧ください。




 グッチ 公式オンラインショップ

 グッチ オフィシャルFACEBOOK

 グッチ オフィシャルTWITTER


2014-10-30

グッチ日本上陸50周年を祝してフリーダ・ジャンニーニが来日し、チャリティ ガラ ディナーを開催

グッチのクリエイティブ・ディレクター フリーダ・ジャンニーニが来日し、日本初のグッチ ショップ誕生から50年の歴史を祝すとともに、日本の皆さまへの心からの感謝をこめて、東京、そして仙台にてイベントを開催いたしました。

10 月25日(土)、ジャンニー二はグッチの社長兼CEOのパトリツィオ・ディ・マルコとともにチャリティ ガラ ディナーを主催し、公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟の活動をたたえました。この夜、ジャンニーニから、本年前半に展開した50 years in Japanカプセルコレクションのスカーフの売り上げ全額2,500万円が、東日本大震災で被災した子供たちを奨学金支援する『ユネスコ協会就学支援奨学金-GUCCI奨学生』の支援金として寄付されました。



ガラ ディナーは、東日本大震災の被災地域の高校生を含む160名の少年少女による感動的な歌声で開幕。大相撲の土俵の位置にステージを特設した一夜限りのスペシャル仕様の国技館で、ゲストの皆さまをお迎えしました。ミシュラン3つ星に輝く京都の老舗料亭「菊乃井」主人 村田吉弘氏と京都のイタリア料理店「イル・ギオットーネ」オーナーシェフ 笹島保弘氏によるスペシャルコースが供されるなか、横綱・白鵬のビデオレターによるメッセージ、「CHIME FOR CHANGE」のThe Sound of Change Liveコンサートでオープニングを務めたジェシー・Jによるライブ パフォーマンスが披露され、会場は一体となって盛り上がりました。





日本ユネスコ連盟 世界寺子屋運動広報特使「まなびゲーター」久保純子さんが司会を務めたほか、ガラ ディナーには日本ユネスコ協会連盟の理事長 野口昇さん、中田英寿さん、伊勢谷友介さん、武井咲さん、長谷川京子さん、福島リラさん、森泉さん、森星さん、ヨンアさん、高垣麗子さん、RIHITOさん、敦士さん、建築家 谷尻誠さん、書家 紫舟さんをはじめ、各界の著名人、文化人、セレブリティを含む250名の皆さまにご参列いただき、華やかな一夜となりました。

「このガラ ディナーを通じて、子どもたちにとって『学び』がかけがえのないものであること、そして子どもたちへの支援を継続することの大切さを日本の皆さまと共有し合える時間を過ごすことができて、とても光栄に思います」と、ジャンニーニ。グッチは、教育はすべての子どもたちにとって永遠の贈りものだと考え、今後も『ユネスコ協会就学支援奨学金-GUCCI奨学生』を通じ、東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を継続してまいります。

『ユネスコ協会就学支援奨学金-GUCCI奨学生』について、詳しくはこちらをご覧ください。


2014-10-22

東京国際映画祭にて、グッチとTFFによる修復版『理由なき反抗』を日本初上映

©1955 Warner Bros. Entertainment Inc.

グッチは、マーティン・スコセッシが設立したザ・フィルム・ファンデーションとのパートナーシップにより2005年から名画の修復事業を支援しています。

10作目の修復作品となるニコラス・レイ監督『理由なき反抗』は、主演のジェームズ・ディーンの存在感とともに、映画史上最も影響力のある作品のひとつとしていまも多くの映画ファンに愛される作品です。

修復は、ワーナー・ブラザーズ・モーション・ピクチャー・イメージングで行われ、オリジナルのシネマスコープ(ワイドスクリーン2.55:1)カメラのネガを8Kスキャンすることによって作業が進められました。オリジナルのカメラのネガでは退色が進み、満足な光化学プリントを作成することができなくなっていたためです。

さまざまな工程を経て、丁寧に修復された4Kデジタル修復版は、2013年11月、ロサンゼルス郡立美術館(LACMA)でのワールドプレミアで上映され、このたびの第27回東京国際映画祭で国内初公開されます。

ニコラス・レイ監督が当初描いた通りの映像で、不朽の名作『理由なき反抗』が生まれ変わります。
ぜひ足をお運びください。

日時: 10月27日(月) 13:20~ (111分、1955年アメリカ)
会場: TOHOシネマズ 日本橋
http://2014.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=213


2014-10-21

「GUCCi 50 years in Japan」カプセルコレクション 秋冬ライン

日本初のグッチショップ誕生から50周年を祝し、フリーダ・ジャンニーニがグッチ不朽のアイコン「フローラ」をモチーフにデザインした日本限定のカプセルコレクション。待望の秋冬ラインの登場です。

四季折々の43種類もの花が登場する「フローラ」プリントが誕生したのは、日本初のグッチショップ誕生と同じ1960年代。モナコのグレース大公妃のために特別にデザインされました。その後、母から娘へと時を超えて受け継がれながら、世界中の女性に愛されるグッチのアイコンとなったのです。

「GUCCi 50 years in Japan」と記された限定インナープレート付。
ユーカリリーフ(グリーン)はグッチ公式オンラインショップ限定色です。
詳しくはこちら http://on.gucci.com/50th
 

  

 

2014-09-30

明日より阪急うめだ本店にて「The House of Artisans」を開催

日本で初めてのグッチ ショップ誕生から50周年を祝し、イタリア フィレンツェのグッチ工房からレザーグッズ、シューズ、シルク、ジュエリーのアルチザンが一堂に揃う「The House of Artisans」を開催いたします。
限定カラーのハンドバッグやウォレットをはじめ、グッチのアイコニックな製品を熟練のアルチザンがお客さまの目の前で仕上げます。ご購入いただいたお客さまにはイニシャルの刻印(レザーグッズ、ジュエリー)、ハンドライティング(スカーフ)や、スペシャルプレート(シューズ)をお付けするサービスをいたします。

期間:10月1日(水)-7日(火)15:00
場所:阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー/アートステージ 


製作工程は下記お時間にてご覧いただけます。
10月1日(水)、4日(土)、5日(日) 10:30-12:30、13:30-15:30、16:30-19:00
10月2日(木)、3日(金)、6日(月) 13:00-15:00、16:00-19:00
10月7日(火) 10:00-12:00、13:00-15:00
※製作工程の状況により変更する場合もございますので、予めご了承ください。




さらに阪急うめだ本店では、50周年を記念するさまざまなイベントを全館スケールで同時開催いたします。

1階コンコースウインドー 3Dフローラ モチーフ展示
1階コトコトステージ11 50 years in Japan カプセルコレクション秋冬ライン先行発売
9階 グッチ カフェ期間限定オープン(10月7日15:00まで)
9階祝祭広場 チームラボとグッチのコラボレーションによるデジタル ファッションショー(10月6日まで)

カプセルコレクション秋冬ラインの新作を豊富に取り揃え、みなさまのご来店をお待ちしております。
詳細はこちら http://on.gucci.com/artisan2014uh

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>