Guangzhongの備忘録

おもに日中戦争や中国傀儡政権(対日協力政権)に関することを話題としています。ご意見・ご感想などありましたら、コメントか右側のメールフォームにお願いします。


テーマ:

8月17日、東京五反田のゲンロンカフェで広中一成×辻田真佐憲 「『忘れられた』戦争・日中戦争のすべて(1937〜1945年)ーー最新研究で主要戦闘・主要事件総まくり」【愛国コンテンツの未来学 #8」を開催いたしました。

 

会場には予想をうわまわる多くの方々においでいただきました。日中戦争8年間の流れを1時間半で追うというのはかなり無茶な試みで、案の定、前半半分でわずか盧溝橋事件のことだけしか話すことができませんでした。日中戦争がいかに泥沼の道だったかを実感いたしました。後半は速戦即決になんとか終戦まで進むことができました。

 

イベントの模様は24日までの有料公開ですが、ダイジェスト版がyoutubeにあがっていますので、もしよければご覧ください。また、機会があれば開きたいと思いますので、その際はよろしくお願いします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

『文藝春秋』2017年5月号に掲載した、作家・保阪正康氏との対談「日中戦争80年「通州事件」の謎を解く」が、このたび「文春オンライン」に二回に分けて転載されました。

もし、まだお読みになっていないようでしたら、ぜひご覧ください。

 

保阪正康×広中一成「歴史に埋もれた中国兵による日本人虐殺“通州事件”を書いた理由 」#1

保阪正康×広中一成「歴史に埋もれた中国兵による日本人虐殺“通州事件”を書いた理由」 #2

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、通州事件が発生してからちょうど80年目にあたります。通州事件は1937年7月29日に北京近郊の通州で起きた冀東政府保安隊の日本居留民殺害事件で、その詳細は拙著『通州事件―日中戦争泥沼化への道』(星海社新書)で論じました。
 

いまから10年前の今日、私は事件現場の通州を訪問しました。もしかしたら、中国側が何か式典を開いてるのではないかと淡い期待を持ちましたが、当然のことながらそんなことは何も行われていませんでした。当時の地図を見ながら、日本居留民が殺害された場所をまわり、いつか事件の真相に迫りたいと強く思いました。

 

翌2008年、私は軍事史学会編『日中戦争再論』(錦正社)で、通州事件に遭遇した日本軍守備隊の一次史料を使って論文を執筆しました。自分で言うのも何ですが、おそらく、同論文が当時の史料を使った初めての通州事件の本格的な実証研究だと思います。

 

その後も、別の角度で通州事件についての論文を書き、それらをまとめたものとして上記『通州事件』を発表しました。

 

通州の事件現場で真相に迫ると誓ってから10年、もちろん完璧とはいえませんが、とりあえずの形ができあがってよかったと思っています。これに満足せず、引き続き事件の真相を追っていきます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご関心ありましたら、ぜひお越しください。予約は以下から。

 

広中一成×辻田真佐憲 【愛国コンテンツの未来学 #8】 「『忘れられた』戦争・日中戦争のすべて(1937〜1945年)ーー最新研究で主要戦闘・主要事件総まくり」

 

日時:2017/08/17 19:00-31:30

場所:ゲンロンカフェ(東京都西五反田1-11-9 司ビル6F)

 

【イベント概要】

日中戦争は地味だ。「忘れられた」といってもいい。メディアの特集も、8月15日(終戦記念日)や12月8日(真珠湾攻撃)にくらべ、7月7日(盧溝橋事件)はなんとも寂しい。
だが、日中戦争は、太平洋戦争につながる長期戦争のはじまりだった。その重要性は強調してもしすぎることはない。
開戦のきっかけを作ったのはなんだったのか(盧溝橋事件)。「虐殺」事件はいかにして起こったのか(通州事件、南京事件)。なぜ日中戦争は長期化したのか(徐州会戦、武漢攻略戦)。
さらには、「日中和平」はなぜ失敗したのか(汪兆銘工作)。日本は無差別爆撃の加害者だったのか(重慶爆撃)。
日本軍は敗れることがあったのか(ノモンハン事件、第二次長沙作戦)。逆に中国軍は勝利したのか(平型関・台児荘の戦い、百団大戦)。日本軍はどこまで戦い続けたのか(南寧作戦、大陸打通作戦)。日本軍はどのように終戦を迎えたのか。
……疑問をあげればきりがない。
今回は、中国近現代史研究者で『通州事件』『日中和平工作の記録』『「華中特務工作」秘蔵写真帖』などの著者・広中一成氏をふたたびお招きし、最新研究の観点から、主要な戦闘・主要な事件を総まくりし、知られざる日中戦争の全体像を明らかにする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年12月に『通州事件―日中戦争泥沼化への道』(星海社新書)を刊行したところ、通州事件で親族を亡くした被害者遺族の方数名からありがたいことにご連絡をいただくことができました。

 

先日、そのひとりのKさんに事件当時の思いなどをうかがいました。以下がその記事ですので、よろしければ、ぜひご覧ください。

 

ジセダイ総研 通州事件が遺した傷痕 被害者遺族Kさんが語る事件とその後80年 広中一成

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。