ちょび☆でび

旧『働くぐ~たら主婦とアレルギーっ子&はぁととらぶるっ子の毎日』です。

かわいいけれど、時に(かなり?)小憎たらしくもある、愛する我が子
「小悪魔ちゃん」=「ちょびでび」たち。働くぐ~たら主婦と我が家のちょび☆でび達を
暖かく見守ってくださいませ☆


テーマ:

今日、保育園の年長さんたちで近くの畑に

たまねぎ獲りに行ってきたようです。


長靴はいて、たまねぎ入れるためのビニール袋と

リュックを背負って。


お迎えに行くと、yunが


「たまねぎ、いっぱい取れたよ~。

 8個も取れたよ~!」


と、嬉しそうに教えてくれました。


「たくさん取ったね。すごいじゃんっ。」


と言うと、


「取ったのは3個だったんだけどね、おまけで1こもらってね

 で、もう1つおまけでもらってね、でね・・・」


って、どんだけおまけもらってんねん・・・(笑)。



リュックからは、ぷわ~んとたまねぎの匂いが漂い・・・。



家に帰ってあけてみると




ちょび☆でび-SN3D01610002.jpg


ごろごろと入っております。



「たまねぎのお料理作って~」



と言うので、本日の晩御飯は




ちょび☆でび-SN3D01640001.jpg


☆肉じゃが ←yunのたまねぎ入り

☆オニオンスライス ←yunのたまねぎ入り

☆なすのおひたし

☆大根とにんじんのきんぴら(昨日の残り)

☆鮭と青じその混ぜご飯

☆豆腐のみそ汁


となりました。


自分で取ってきたたまねぎだから、


「おいしいね♪」

「これ、yunが取ったんだよっ!」


と、とっても嬉しそう。


また1つ、良い経験ができたみたいです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ちょび☆でび-SN3D0268.jpg

やられました。

showの腕に赤い歯型です。

showが何かやったという訳ではなく、
柵につかまっていたその腕をぱくっとされたみたいです。

集団生活では、よくあることですよね。
showのクラスは、0歳・1歳混合クラスだから尚更でしょう。

showも歯がむずがゆいのか、前触れなく突然私の肩や太ももを噛む事があって。

showもやってるんじゃないかと、そっちのほうが心配です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、yunとshowの保育園入園式。


showは、最後までおとなしくできるのかしら?と心配でしたが、全然大丈夫で、

自分の集合写真を撮り終わって、全部出番が終わったら、抱っこされた状態ですやすやぐぅぐぅ


yunの集合写真を撮る時は、園の先生が寝ているshowを抱っこしてくれて、身軽に撮影できました。



今回驚いたのは、yunの担任の先生。



男の先生なんです(☆。☆)


それも新任っビックリマーク



バスケが趣味というだけあって、背が高い細身の先生です。

園でも唯一の男の先生。それも新任ですから、かなり緊張されてました。


ずっと女の先生ばかりだったので、ちょっと声の太い手遊び歌が、ある意味新鮮です。


どんなクラスになるんだろう音譜



そして今日から慣らし保育。


去年のyunは、通りすがりの先生が 「おはよう」 と挨拶してくれても、照れなのかすたこらと

逃げていたのですが、今日は 「おはよう」 とお返事を返すことができました。


準備も一緒にこなして、さっそく遊んでいました。



そして、初の保育園生活を向かえたshow。


どうなることやら、と心配していたのですが、やっぱり今日は初日なので、まさかここで

ママがいなくなってしまうなんて事、想像もしていない訳で、


「行ってくるね~」


と言っても、もちろん理解できる訳はなく。



私がいなくなってしばらくは、おもちゃで遊んでいたみたいですが、しばらくしてふと気づいたら最後。


泣きはらしてたみたいです汗



お昼ごはんも、かぼちゃの煮付を少しなめたくらいで、まったく食べず、ミルクも断固拒否。

12時にお迎えに行ったら、showと思われる泣き声が入口まで響き渡っていました。


と、行ってもshow一人ではなく、いろんな子が泣いていたんですが・・・。



今日の夜ご飯は、昼の分を取り返すべく、いつもより多く食べてました。


明日からは、お別れの時、大号泣になりそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供たちが通っている保育園が、4月から民間委託化されるため、

ほとんどの保育士さんが、ごっそり変わってしまうことになり、

今日は、今までの保育士さんたちの最後の日でした。


全員の保育士さんたちには無理だけど、担任をしてもらった方など

関わりの深かった方に何かしたい・・・でも逆にもらって負担になるようだと

いけないし、と悩んだあげく、L判写真用紙に子供たちの写真を数枚

レイアウトして、裏にお礼のメッセージを書いた紙を貼り付けたものを

お渡ししました。



shunの入園時に最初に担任をしてくれた先生


yunが産まれたり、乳児さんから年少さんになったり、環境の変化で

情緒不安定になっていたshunを暖かく保育してくださった先生


この1年間、できないとすぐに諦めるshunに「できなくても頑張る」気持ちを

教えてくれた先生


shunもyunも担任してくれた先生


shun入園時から、shunの食事に一番気を使ってくれたであろう

公務手(ご飯を作ってくれる方)さん



それぞれの先生に合わせ、その先生が担任をしてくれた時期の

shunやyun(yunの場合は、1年前だからあまり変わらないけど)の

写真と今の写真を並べたり、七五三の写真やおでかけした時の写真など

普段先生が見られない部分の写真にしてみました。



先生は、みなさん喜んでくれて、その当時のことを思い出して

涙を流してくれる先生もいました。


私も朝から思わず涙ぐんでしまいました。


他人の子なのに、こんなに愛情持って保育をしてくれていたんだな、と

改めて実感しました。


こんな暖かい先生方に囲まれて、shunもyunも本当に幸せだと思います。


来週から、顔見知りの先生たちが少なくなってしまうので、

子供たちの反応がどうなるか、とても心配ですが、

私も子供も前向きに頑張っていこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、保育園の生活発表会でした。


yunのクラスは、リズム遊び。


shunのクラスは、年少・年中・年長あわせての歌。

年中さん2クラス合同の歌と楽器。

あと、「ももたろう」の劇でした。


まずは、shunが出る歌。

ぐずぐず言っちゃったりするのかと、ひやひやしましたが

楽しそうに、大きく口をあけ、元気いっぱいに歌っていました。


その後は、再び年中さんの歌と楽器。

これまた元気に歌い、楽器はカスタネットを叩いていました。

いつのまにか、こうやってできるようになったんだなぁ、と

ちょっとうるうるしてしまいました。


その後は、yunのクラスのリズム遊び。

電車に乗って、ゴリラさんのいる森に遊びに行き

ゴリラさんと一緒にいろんなものを食べるという設定です。


yunは、一番手でダンボールでできた電車で登場。

たくさんの人に恐れおののいてしまうかと思ったのですが、

ぜんぜん平気なもよう。

音楽に合わせて、踊ったり歌ったりできました。


そして最後は、shunの劇。


「おじいさんと鬼をやる」


と言っていたshun。


おじいさんって、あっという間に出番がおわっちゃいそうだわ、

と思っていたのですが、幕が開くと、おじいさん役のshunと

おばあさん役のMちゃんが登場。


二人揃って


「むか~し、むかし、あるところに・・・」


とももたろうのお話を話しています。


おじいさんとおばあさんは、ナレーターの役のようでした。


ももたろうは、3人。さるやきじなどもそれぞれ2人~3人いる中

おじいさんとおばあさんは、1人ずつ。


結構おいしい役どころでした(笑)。


長い台詞も間違うことなく、大きな声でできました。


その後、おばあさんはさるに変身。


shunは、鬼に変身です。


鬼は、全部で4人いたのですが、

途中金棒を置いてから話す手はずだったところを

全員置く前に話し始めてしまい、


「あ、置かなきゃっ!」


とみんなで気づいて慌てて置いたりする

ぷちハプニングもあったりして、かわいらしかったです。


去年よりも、ぐ~んと大きくなって、長い台詞も

話せるようになって、と思ったら、またうるうるしてしまいました。


子供が大きくなるのは、早いものですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日のできごとなのですが・・・



保育園に迎えに行った時、駐車場で先生(担任ではありません)に

会いました。


すると、その先生が



「今日、5月のお誕生日会があって、ホールでみんなで

 人形劇を見たんです。


 yunちゃん、ノリノリで『あっ』って指差したり、歌ったり踊ったりして

 とってもかわいかったんですよ。」


と教えてくれました。



「そうなんですかぁ~。もう、うるさくてすみません。」


なんて、お話をして私は保育室へ向かいました。



まずは、shunのいる長時間保育室の前を通ります。


基本的には、幼児さんは長時間保育室、

乳児さんは、乳児室で延長保育を過ごすのですが、

人数が少なくなってきたりすると、乳児さんも

長時間保育室で一緒に遊んでいたりします。


その日は、shunもyunも長時間保育室にいました。




長時間保育室の前に着くと、保育室にいた先生(これまた担任ではない)が



「今日お誕生日会でね~、(以下、同内容のため省略)」



と再び教えてくれました。




その後、乳児さんの教室にyunの荷物を取りに行き、駐車場へ。



そこで、shunの担任の先生と遭遇。




そこでもさらに



「今日お誕生会でね~、(中略) yunちゃんが興奮して立ち上がると

 shunちゃんが『まぁまぁまぁ』と制してたよ(笑)。」



と教えてくれました。



それなりに、お兄ちゃんしてたのね(笑)。




そして、帰りの車の中。



乳児さんは、毎日園とやりとりする連絡ノートがあります。


そこに書いてくれる先生のコメントを読むのが、毎日の楽しみです。



連絡ノートを開くと



「今日お誕生会で・・・(以下省略)」



と書いてありました。





そして、翌朝。



shunと昇降口でばいばいした後、yunを乳児室へ。



乳児室に入ると、昨日の先生たちとはまた違う先生が



「昨日yunちゃん、お誕生日会でとってもかわいくて~・・・」



と話してくれ、別の先生も



「そうそう、yunちゃん、昨日ヒロインだったわよぉ~。」



と。





よっぽど先生たちの印象に残ったんだろうな・・・。


いったいどれだけの勢いで騒いでいたのだろうか(汗)。




それにしても、担任の先生でなくても、自分の子供のことを

知っててくれるのは、とても嬉しいし心強いなぁ、と感じます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、shunと同じく15時までの保育にしてもらいました。



お昼寝して、午後のおやつを食べて帰宅というパターンです。




送っていった時も、まったく泣く事はありませんでした。



迎えに行くと、おやつの終わりかけだったようで、

yunは、フレンチトーストを口いっぱいに入れて、もぐもぐしている

ところでした。



食べ終わると満足そうに歩きまわり、



「帰るよ~」



と、声をかけても、振り返る素振りもなし。




保育士さんが、今日の様子を話してくれたところによると


午前中、眠たくなって、おんぶで30分くらい寝て、

お昼をしっかり食べて、昼寝の時も少しぐずぐずしたけど、

寝てしまったら、起こすまでしっかり寝てました、とのこと。



yunは、寝るのが下手で、いつも寝ぐずりをします。



shunは、コテっと寝てくれるんだけど。




このまま、ず~っと泣かずに行ってくれるといいんだけどなぁ。



明日は、入園式。



4回目の入園式にして、パパ初参加です。



式は、もちろん同じ場所でやるからいいんだけども

式前とか式後は、それぞれの教室に分かれてしまうので

私一人だと、shunを一人にしなければならなくなるので、

パパにお願いして仕事を休んでもらいました。



shunは、今年の集合写真は、まともに撮影できるかなぁ?

ちょっと心配・・・。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

yunの慣らし保育も3日目となりました。



今日は、お昼を食べて帰る12時までの保育です。



私もだいぶ準備の手順が確率できてきて、だいぶ早くなりました。



今日から保育園で食事なので、連絡ノート(毎日日記のように家での出来事や

食事の時間、内容、睡眠時間、排泄時間などを書くノート。園での様子も

書いてもらえる。)に



「yunは、大食い&早食いです」



と書いておいた。



毎朝、検温したら、体温計と連絡ノートを先生に見せる。


連絡ノートを読んだ保育士さんは、



「shunちゃんも大食いだったけど、さらに早食いなのね。」


とのご感想。・・・すみません。




yunは、教室の前に出してあるブロックに夢中。



私が



「yun、行ってくるね~。」



と顔を見ようとしても、ブロックに集中。



無理やり顔を向けさせれば、



「あうっ!(邪魔するなっ)」



と怒る始末・・・。




shunの慣らし保育3日目は、号泣だったっけ。



私がいなくなってからも、ずっと泣いていて、

おんぶされ続けていたのに。




yunは、そんな素振りもなく、黙々とブロックを積んで遊んでる。




12時前に迎えに行くと、すっかりご飯を食べ終わり、もう昼寝に

突入している子もいた。



yunは、保育士さんに手を洗ってもらったところだった。




「早食いじゃありませんでした?」



と聞くと



「今日は、ハヤシライスでね、みんなが早食いだったのよ~。」



との事で、yunの早食いは目立たなかったようでした。






15時にshunを迎えに行った時、公務手さん(食事の世話をメインにしてくれる方)が



「yunちゃん、ぜんぜん大丈夫だね。いつ見に行っても泣いてないよ。」



と笑ってました。




このまま行ってくれるといいんだけど。




明日は、shunと同じく15時まで保育してもらう予定です。



あさっては、入園式。



担任の先生がようやく分かります。



同じクラスのお母さんたちと、みんなで推理したりしてるんだけど、

当たってるかなぁ??



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日から、yunの慣らし保育が始まりました。


昨日と今日は、9時頃~お昼ごはんを食べる前の11時までです。



1日目は、慣れない雰囲気ながらも、いろいろ魅力的なものが満載で

掲示板に飾ってある、小鳥の絵を見て


「わんわんっ」


と指差してました。



ちなみに、今はどんな動物を見ても 「わんわん」 になってしまう

時期です。



あんぱんまんは、 「あんわんっ」 と、少々変化します(笑)。



今の保育園は、shunが年少さんになった去年の6月だか7月に

新築移転したので、shunが乳児さんの頃とは、いろいろ変わっているので

先生に 「これ、どこですか~?」 と聞きながら、

オムツやエプロンなどをセットしてまわっていました。


そして、ひと段落ついてあたりを見回すと、yunがいない!



どこいったんだ?と探してみると、教室の外に出て、お隣のクラスの前に

あるお遊戯コーナーへ出向き、他のお子ちゃまたちに混じって

遊んでました。



そんなこんなで、1日目は泣かずに ばいばい できました。



迎えに行くと、泣いた様子もなく、ごきげんなyun。



先生から



「初日とは思えないほど、大丈夫でした。」



というコメントをいただきました。



「朝のおやつは、自分の分は早々に食べ終わって

 お隣の子の分に手を伸ばしてたよ。」



と・・・。早速食い意地を発揮してたのね、あんた。





そして、今日2日目。



ちょうど、9時頃到着で、朝のおやつの準備や

オムツ換えをしている時間です。



おやつように机と椅子が並べられると、

早速座ろうとしているyun。



おやつを食べるところは、ちゃっかり覚えたのね。



準備をして、「ばいばい」と行こうとすると、

笑顔ながら、後をついてくる。



でもこれは、私を追ってきたのではなく、

その先のお遊戯コーナーを目指してたんだと思うんだけど。



先生に抱っこしてもらい、ばいば~い。


それでも泣くことはありませんでした。



yunを送ったあと、私は整形外科へ。



yun妊娠中から、腰が痛くて、出産しても直らず

最近は、左太ももの裏が痛くてたまらない。


もうだめだ~、と病院へ行くことにしました。

その詳細は、また別記事で。




病院がすいていたのにも関わらず、時間がかかってしまい、

yunのお迎えが少し遅れてしまいました。



11時すぎには、乳児さんはご飯が始まってしまうので、

そのご飯を見る前に迎えに行きたかったのだけど。



保育園に電話を入れ、急いでお迎えに。





教室へ着くと、廊下で抱っこされて、号泣のyun。



先生が気を利かせて、ご飯の前に廊下に連れ出してくれた

らしいのだけど、




「柵越しにshunちゃんが見えて、それで思い出したのか、

 shunちゃんのところに行きたかったのか、そこから

 泣き出しちゃって。」



と保育士さん。



ご飯を見て泣いたわけじゃなかったのね。



兄弟が同じ園にいて、良いような悪いような。



先生たちにさようならして、車に戻る頃には、機嫌を

直してくれたyun。



車に乗ったとたん、すやすや眠ってしまいました。



明日は、お昼を食べて12時まで預けます。



shunの時は、訳がわかってきた3日目から泣き出したんだよなぁ。



明日で3日目。どうなるんだろう?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、shunとyunの保育園入園決定通知書が届きました。


めでたく、兄妹揃って同じ保育園に行けることになりました♪



昨年までは、同居していなかったので書類も簡単でしたが、

両方の親がいるため、面倒くさいったらありゃしない・・・。


ひとつ間違ったら(って言葉の使い方は合ってるのか??)、

入園できない可能性もあったわけで・・・。



実母は、働いてるので、就労証明書を出せばOKですが、


義母は無職&65歳以下で、同一地番に住んでいるので



「保育できる人」



にカウントされてしまう訳ですよ、普通でいけば。



かといって、義母の体調は不安定ですし、

第一、私自身、子供らを毎日長時間義母に預けるなんて

ありえない選択です!



それに、義母は、春になったら義祖母とともに九州へ帰ると

言っているし。


義祖母は、やっぱり生まれ育った土地が良いわけで

義祖母の体が動くうちは、寒くなったらこちらに

暖かくなったらむこうへ帰る




渡り鳥生活




をするそうですわ。





しかし、入園手続きをする時点では、こちらに存在してますし、

義母の住民票は、うちの住所ですし、とにかく




「義母は、保育できません」



という証明をしなければいけませんでした。




そうそう、昨年は、私が育休なので、本当は

保育園を一時辞めなければいけなかったんですが

yunの心臓病のおかげ(?)で、「yunの看護」という

名目で続けることができました。


実際、入院中は保育園に通っていて、助かりました。


その時は、義母は九州にいたので、



「遠隔地に住んでいます。」



という証明をもらいました。



そのためには、規定の用紙に



地区の民生委員さんの署名捺印が必要



で、うちの地区の民生委員さんを教えてもらい、

直接電話して、うちへ来ていただきました・・・。


これまた、めんどくさい・・・。




今年は、私は育休から『外勤』になるので問題なし。


旦那も実母も働いているので、問題なし。



問題は、家にいる 義母です。



申請の方法としては、



1.春になったら九州へ帰るので、昨年同様「遠隔地」申請


2.義祖母は、ペースメーカーを入れているため、障害者扱いなので、

  「義祖母の介護」申請


3.義母自身、鬱のなりそこないでもあり、通院もしているので、

  義母自身の「体調不良」申請



の三択となりました。



1.は、また民生委員さんに来てもらわなければならなくなり、

毎年それをするのは面倒なので、パス。


2.でもいいのですが、もし万が一 子供らが保育園に通っている間に

義祖母が亡くなってしまったら、また理由をつけて申請し直しになる。


また万が一、義母に「介護要」の判定がおりなければ入園不可になる。


市役所に「障害者手帳のコピーを提出すれば、介護要と認められるか?」

と聞いたところ、


「手足が動かないとか、あきらかな場合は障害者手帳だけで認められる

 可能性もあるけど、ペースメーカーの場合だと、どれくらい動けないかというのは

 障害者手帳だけではわからないから、医師の診断書がいるね~。」


とのこと。・・・・・・・・う~ん、めんどい。



これは、3.でいくのが、後先考えても一番良い!と判断。



たまたま、義母の精神科の通院に息子さん(旦那)もついてきて

と言われていた所だったので、旦那に頼んで診断書を書いてもらいました。




義母の診断書を出すまでは、保育園の園長先生に



「乳児さんの申請が多くて、調整が入りそうなのよ。

 くっき~さんのところも、今の状態だと調整のメンバーに入っちゃうから

 義母さんの診断書がもらえるといいけど・・・。」



と言われていたので、診断書がもらえて私も一安心。



園長先生は、義母の診断書が届くまでの間、念のため

もし診断書がなくても入れるように、策を練っていてくれたみたいで



「ようやく、診断書なくても入れる目処がついたところだったのよ。

 でも診断書があれば、心強いわ!」



と言って下さいました。ありがとう、園長先生(嬉泣)。




おかげさまで、二人とも入園が決まって、ほっと一安心です。




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。