ちょび☆でび-120304_1149~01.jpg

義母が、某所から購入してきたいくらが

海臭くって。。。


我が家は、北海道の親戚から、味付けしていない

いくらを冷凍で送ってくれて、解凍時に醤油を

垂らして味をつけて食べるのに慣れてしまって

いるので、どうもいかんかった・・・。


いくらがあると必ずごはんをおかわりする

shunもyunも一杯で済んじゃってたし。


なんとかごまかせないものかと、クリームスパに

してみました。


クリームは、もちろん豆乳です。


ホワイトソースを作るのがめんどいので、

うちはいつも、具材を炒める時に小麦粉を

上からぱらぱら~っとかけて一緒に炒めちゃいます。


その後、パスタのゆで汁少しでのばして

豆乳を入れます。


なんとな~く、それっぽ~くなると思います。

AD


ちょび☆でび-SN3D00930002.jpg

グリーンカレーなんて、給食で出ちゃうのね~(泣)。


ってことで、朝からほうれん草ゆでて、マルチブレンダーのチョッパーで

細かくして、普通のカレーに混ぜてみました。


私もちょっと食べましたが、意外においしかったです。


あまり野菜を食べないパパに良いかも。

ブロッコリーとかでやると臭くなっちゃうのかなぁ??


うちのパパは、体にいい野菜を食べてくれないので困ります。


AD


ちょび☆でび-SN3D00940002.jpg

ミラノ風って、どんな風???


とよくわからず、ネットでレシピを検索したら、

パン粉に粉チーズを混ぜるみたいだったので、

粉チーズ抜きで作ってみました。


私が見たレシピは、鶏むね肉を使ってました(一般的にそうなのか??)。


鶏むね肉をたたいて、衣をつけて少なめの油で揚げ焼きに。

鶏むね肉って、ぱさぱさするので、あまり使わなかったのだけど、

たたいた事でぱさぱさ感がなくて、おいしかったです。


鶏むね肉は安いし、shunにも好評だったので我が家のレパートリーに

加えようと思います。



AD


ちょび☆でび-SN3D00900001.jpg

献立表の詳細を見ると、おそらく炊き込みピラフだと思うのですが、

炊き込みピラフなんて、普通でも作ったことないし、

朝からやってられないし、って事で炒めピラフにしちゃいました。


材料は、


ごぼうとにんじん(ごぼうを切るのがめんどかったので、きんぴら用の水煮パック使用)

ベーコン

たまねぎ


です。



本当は、エリンギとグリンピースも入ってるようでしたが、買い忘れました。


具財を炒めて、ご飯入れて、塩コショウと洋風だしで味付け。


いたって、いい加減です。



shunに


「おいしかった?」


と聞いたら、


「おいしかったけど、残した。」


って、それおいしくなかったんじゃないの?!


「量が多かったもん」


だそうで。


きっと、食べれないほどではなかったけど、おいしくもなかったって

事ではないかと予想しております。


ま、適当にちゃちゃっと作っただけだから、仕方ないよね。

ごめんね、shun。

いつものように、献立表には、



『特別デザート』



の表記のみ。


おそらく、ケーキかななんかだろうとは思うけど、どんなものかは予測不可能・・・。


でも、ケーキなんか持っていかせたら、原型を留めることなんて、まず無理だし。


持って行きやすくて、少しお祝いデザートっぽくするには・・・


って、ことで














ちょび☆でび-いちごババロア.jpg

いちごババロア(もどき)。


お菓子の本を見ていたら、いちごのムースっていうのがあったから

それにしようかと思ったんだけど、メレンゲを入れるんだよね。


加熱するんだったらいいんだけど、未加熱のメレンゲを食べさせるのは、ちょっと怖い。


黄身ならまだしも白身だもんねぇ。


なので、ムースとババロアの作り方をいろいろ参考にしつつ、作ってみました。



【材料】

★ソース用

 ・いちご・・・・・・・・・数個

 ・砂糖・・・・・・・・・・適量

 ・水・・・・・・・・・・・・適量


★カスタード(もどき)用

 ・豆乳・・・・・・・・・・1カップ

 ・グラニュー糖・・・20g

 ・卵黄・・・・・・・・・・2個

 ・いちご・・・・・・・・・1パック弱

 ・豆乳ホイップ・・・・90cc

 ・粉ゼラチン・・・・・・5g


★飾り用

 ・豆乳ホイップ・・・適量

 ・いちご・・・・・・・・・1個


【作り方】

☆ソース用とカスタード(もどき)用のいちごをまとめて、ミキサーにかけ、 ピュレ状にする。


★ソースを作る

 ☆いちごピュレを少し鍋にいれ、砂糖と水を入れてひと煮たちさせたら、ボールに移して冷ます。


★カスタード(もどき)を作る

 ☆豆乳を鍋に入れ、グラニュー糖の1/2量を加え、沸騰寸前まで熱くし、火を止める。


 ☆ボールに卵黄を入れ、泡立器でほぐし、残り1/2量のグラニュー糖を加えてよく混ぜる。


 ☆熱くした豆乳を少しずつ加え、泡立器でよく混ぜ、残りのいちごピュレも入れて混ぜたら、

  鍋(牛乳を熱くした鍋でよい)へ戻す。


 ☆弱火にかけ、木べらで底を絶えずかき混ぜながら、とろみがつくまで煮る。


 ☆とろみがついたら火を止め、粉ゼラチンを加え、余熱で溶かす。

  (本には、粉ゼラチンをふやかすと書いてあったけど、ゼラチンのほうには、"ふやかさずに使える"と

  書いてあったので、そのまま入れちゃいました)

  木べらでよく混ぜ、ボールに移す。


 ☆豆乳ホイップを別のボールに入れ、八分どおり泡立てる。


 ☆ボールに移したカスタードを冷水を入れたボールに重ねて冷やす。ゴムへらで混ぜながら、

  泡立てた豆乳ホイップと同じくらいのとろみにする。


 ☆とろみのついたカスタード(もどき)に泡立てたホイップを入れて、さっと混ぜる。


☆型に流し込み、冷蔵庫で冷やす。


★飾りを作る。

 ☆豆乳ホイップを角が立つまで泡立てる。


 ☆いちごを半分に切る。


 ☆冷やしたババロア(もどき)にホイップを飾り付ける。


 ☆ソースをかける。


 ☆いちごを飾って、できあがり♪



本を参考にして作っているので、不要な作業や、もっとおいしくできる方法があると思います。



shunが学校に持っていく時は、冷たいものは保冷バッグに保冷材をたんまり入れて持たせるのですが、

それだとバッグの中でコケると思ったので、




ちょび☆でび-ランチジャー.jpg

ランチジャー の中に










ちょび☆でび-SN3D020100010001.jpg

こんな感じで詰めてみました。


これでカップが倒れる事は防げるはず。保冷もできるはず。


ま、ランチジャーごと倒されたら、どうしようもないですけど。




帰ってきたshunに


「どうだった?」


と、聞いたら



「嬉しかった。みんな、おいしそうって言ってたよ。特に女子に人気だった。」



だそうです(笑)。


給食で出たデザートは、やっぱりケーキだったみたいです。




夜ご飯の後、余っていた分を食べようとshunの前に出したら、ホイップを見て


「こういう風だったんだ。給食の時のやつは違ってたよ。」と。


作った時は、一緒だったんだけど、やっぱりホイップは溶けてしまったらしい。


豆乳ホイップは、ただでさえ溶けやすいから、もたなかったんだね。



しかし、


「女子に人気」


には、思わず笑ってしまいました。





ちょび☆でび-ホワイトデークッキー.jpg

英語教室のお友達にあげるホワイトデーのクッキーをつくりました。


shunも食べられるよう、乳製品不使用です。


普通のクッキーの作り方を参考に、材料を足したり引いたりして作ってみました。



【材料】

・太白ごま油・・・・・・150g

 (サラダ油でも良いと思います) 

・砂糖・・・・・・・・・・・・・70g

・メープルシロップ・・・10g

・卵黄・・・・・・・・・・・・2個

・豆乳・・・・・・・・・・・・大さじ2

・小麦粉・・・・・・・・・・220g


【作り方】

☆オーブンを175度(うちは、10度刻みなので、180度にしちゃいました。)で予熱。


☆卵黄と砂糖を良く混ぜる


☆油を入れ、さらに良く混ぜる。

  (砂糖が少しざらざらしていたので、少し暖めて混ぜました)


☆振るった小麦粉を入れて混ぜ、星口金をつけた絞り袋に詰める。


☆オーブンシートを敷いた天板に、生地を絞っていく。

 口金で小さく"の"の字を書くようにすると小花型に。

 わっかにしたり、アルファベットにしたり、ハートを書いたりもできます。


☆オーブンで7~8分焼く。焼き色が薄い時は、もう数分焼けば、できあがり♪



お友達にあげたものには、お友達の名前をアルファベットで作って入れてみました。

ただ、割れやすいので、食べる頃には原型が分からなくなってる可能性大汗



今回、行き当たりばったりで作ってみましたが、油をもうちょっと少なめのほうが

あっさりできて良かったかなぁ、と思います。


お砂糖ももっと少なめで良いかも。メープルシロップは、入れても入れなくても

いいと思うし、はちみつでもいいかもしれないですね。



ちょび☆でび-サーモンコロッケ.jpg

今日の代替品です。


献立表には、



『サーモンコロッケ(冷凍)』




の表記のみ・・・・。



一応、乳が多かれ少なかれ入っているのは分かるのだけど。


もし、クリーム状だったりしたらいけないので、作りました。



『乳成分含む』


くらいだったら食べられるからいいんだけどね。



何せ実物が分からないから、困り者です。



今日のコロッケは、いつもと同じで、お尻に火がつかないと動き出さない私らしく

朝急いで作りましたので、簡単に作っております。

(今日はカレーも持ち込みで作らなきゃいけなかった・・・)


じゃがいもを茹でてマッシュするのは面倒だったので、

じゃがいものフレーク を温めた豆乳でのばしてマッシュ状にしました。


その中に、ほぐした鮭の身を混ぜ、丸めて衣つけて揚げただけ。


中身は、全部火が通ってるので、焦げ目がつけば出来上がりです。


今日は、北海道から送ってきてもらった鮭を使ったんですけど、

結構しょっぱい切り身を選んでしまったので、何も味をつけなくても

大丈夫でした。




ちょび☆でび-ミルクビーンズ.jpg

水曜日の給食代替品だったミルクビーンズです。


☆大豆

☆ハム(本当はベーコンだったけど、買い忘れてしまったので)

☆たまねぎ

☆じゃがいも

☆にんじん


を、ひたひたのお湯で煮て、洋風だし を入れたら

豆乳を入れて、ぐつぐつしたら完成です。


シチューやシチュー相当のとろみが欲しい時は、

シチューの素 を使うんですが、スープみたいなものの時は

豆乳で作っちゃいます。


最初から豆乳だけで煮ると分離しちゃうし、

作る分量に対し、あんまりお湯の分量が多いと、コクがないというか

しゃびしゃびになっちゃうので、


『ひたひた』のお湯で材料を煮るのがポイントですメモ


ちょび☆でび-かぼちゃのコロッケ.jpg

かぼちゃのコロッケくらいなら、きっと食べられるとは

思うんですが、給食の材料表には



かぼちゃコロッケ(冷凍)



という表示しかなく・・・。


パン粉くらいは大丈夫だけど、もしチーズとか入ってたら

いけないんで作りました。


朝、バタバタと作ったので、ひき肉とかぼちゃのマッシュを混ぜたものに

衣つけて揚げただけ。炒めたたまねぎも入れれば良かったんだけど。


卵が使えるようになったので、衣付けも楽ですね♪

それまでは、小麦粉をどろっと溶いたものにパン粉つけてました。


パン粉は、なるべく乳製品が少なめのものを選んで買うように

してます。・・・価格は高めで、量も少ないんだけどね(悲)。


ちょび☆でび-お豆のドライカレー.jpg

今日の給食代替品です。


材料は、


☆大豆

☆ひき肉

☆にんじん

☆たまねぎ

☆カレーの素(S&Bの王子様シリーズです)

☆ソース

☆ケチャップ

☆砂糖


作り方は、材料を 肉→野菜→大豆と炒めて

カレー粉振って炒めて

砂糖、ソース、ケチャップで味付けただけです。


味付けは、いつも目分量なんで、かな~り適当です(汗)。