またしても悲しいお知らせです。

昨夜、アメリカ・アカリスのミラが亡くなりました。


シリウスの一件で落ち込んでいたためか、

ミラの異変に気づきませんでした。

いえ、このところ食事の量が減ってきているので、

おかしいなとは思っていたのです。


ただ、もともと警戒心の強い子で、

めったに触らせてくれませんでしたから、

僕から逃げ回っているうちは大丈夫・・・

などと楽観視してしまったのがいけなかったのでしょうね。


無理にでも捕まえて、

病院へ連れて行くべきでした。


とても残念ででなりません。

またミラにも本当にすまないことをしてしまいました。


それにしてもこの半年で、

我が家のリスたちは激減してしまいました。

残ったシマリス・ベガとその子供シンフォニーには、

みんなの分まで長生きしてもらいたいものです。


AD

いつかまた、どこかで・・・

テーマ:

今日はシリウスの49日です。

なんだか、あっという間でした。


僕のほうもシリウスのいない生活にすっかり慣れ、

残ったリスたちと毎日を過ごしているわけですが。

それでも時折、シリウスが僕の中で、

どれほど大きな存在だったのか思い知らされるときがあります。


まあ、当の本人は今頃は空の上の世界で、

スピカやりすこ、ソレイユやルナたちと一緒に走り回っていることでしょうけど。

もしかしたら『あのひと』も一緒かな?


まるで根拠なんかないのですけど、

シリウスとは再びめぐり合えそうな気がします。

なぜかそんな気がしてならないのです。


いつかまた、どこかで・・・



AD

で、『COLIBRI Lady 26』ですが、

この1週間で30kmほど試走しました。

このところちょっと忙しくてサイクリングの時間が取れなかったので、

まだあまり走っていません、


感想としては「値段のわりには良いほう」だと思います。

ギアシフトもシマノ・アルタスにしては滑らかですし、

ブレーキの効き具合もGood!

全体的な作りもしっかりしているので、

街中で乗る分には段差などを超えても特に問題はないようです。


不満な点はこれと言ってないのですが、

やはりホイールに多少ゴリゴリ感があります。

でもこれはまあ、お値段がお値段だけに、

そこまで求めるのは酷というものでしょうね。


あとは前輪のフェンダー(泥除け)が、

悪路を走ると振動して音鳴りする程度です。

おそらくフェンダーがフラットなせいでしょう。

ただし許容範囲ですし、

気にしなければ間にならないといった程度です。


とりあえず試乗もすんだことですし、

ほんの少しだけカスタムしてみました。


この自転車を手にした目的は「お買い物用」なので、

当然、前かごは必須です。

荷台が木製なので木製つながりということで、

こんなのをチョイスしてみました。


ぐうぐうシリウス

『リクセンカウル』というドイツのメーカーが出している、

籐(ラタン)のバスケットです。

これの優れた点は自転車への着脱がワンタッチで行える点です。

たとえばスーパーへ買い物に行ったとき、

カゴを自転車からはずして店内へ持ち込み、

買ったものをかごに入れたまま自転車に再び取り付けられるのです。

つまり自転車のカゴがそのままエコバックとして使えるというわけです。


実際にやってみましたけど、

コレ、すごく便利です。


ちなみにリクセンカウルにはさまざまな種類・サイズのカゴやバッグがあり、

また取り付け用のアタッチメントも共通なので、

用途に応じて付け替えることもできます。


たとえば買い物の量が多いときは大きなバッグ、

ちょっとした買い物には小さいもの。

雨の日は防水タイプ・・・等々。

日本の自転車メーカーがどうしてこういうものを作らないのか不思議でなりません。


あと気になっているのがグリップです。

色が白くて車体にマッチしているのですが、

なんだかすぐ汚れそうです。

それに荷台とカゴを木製で統一したので、

グリップも木製にしたいものです。


それでこんなのを見つけました。


ぐうぐうシリウス
『ダイアコンペ』の木製グリップです。

えっと~、シールや印刷じゃなくて、

ホンモノの木を削って作られたグリップです。

実際に握ってみると手触りが良く、

木のぬくもりが伝わってくるようです。


それでラタンバツケットとグリップを付けたら、

こんな自転車になりました。



ぐうぐうシリウス

かわいくてオシャレでしょ。

前カゴにバケット(フランスパン)入れたら、

すごく似合いそうですね。

あ、カゴいっぱいの花でもいいかも。



ハンドル周りはこんな感じ。



ぐうぐうシリウス


木製グリップがいい雰囲気出しています。


やってみて気づいたのですが、

コレってお買い物用自転車と言うより、

なんだかピクニック仕様になってしまいました。

コレに乗ってどこか広い公園にでも行って、

芝生の上でお弁当広げたい気分です。




AD