岡田克也外相は12日午後、京都市内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「沖縄にはあまりにも多くの基地があり負担を軽減しなければならない。だが、日米同盟が重要という考え方は菅直人首相に引き継がれている。変えてはいけないものと変えなきゃいけないものがある」と訴えた。菅政権として同県名護市辺野古への移設を明記した日米合意を履行しつつ、沖縄の基地負担軽減策を図る考えを示したものだ。
 外相は「いざという時、日本の力だけでは国民を守れないことがある。米国の力を貸してもらわなければならない。これは政権を担う与党の政治家としてはゆるがせにできない」と、在日米軍の抑止力の必要性を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相退陣までのてん末~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】菅直人内閣閣僚名簿

参院代表質問 菅首相、在任中は靖国神社参拝せず(毎日新聞)
首相動静(6月15日)(時事通信)
野球部員が無免許、飲酒運転=甲子園出場の嘉手納高校―沖縄(時事通信)
【訃報】池田駿介氏(俳優、本名・紀生)(産経新聞)
全員参加か 抽出か 学テ再検討会議が初会合(産経新聞)
AD