民主党は22日、夏の参院選公約に、公務員制度改革の一環として、国家公務員の定員や給与などを管理する「公務員庁(仮称)」の設置を盛り込む方針を固めた。

 公務員の労働基本権を回復した場合、労使交渉の政府側窓口とする。労使交渉によって国家公務員の人件費2割削減を目指す考えだ。

 公務員庁は、幹部職員人事を一元管理する内閣人事局とは別に設置し、幹部以外の職員の定員管理や給与制度管理を集約する。労使交渉を担当する閣僚を置くことも検討する。

 民主党は昨年の衆院選政権公約で「公務員の労働基本権を回復し、民間と同様、労使交渉によって給与を決定する仕組みを作る」としていた。

名古屋市議会、市民税10%減税恒久化案否決(読売新聞)
ソニー、スカパー サッカーW杯を3Dで放送 6月19日から (産経新聞)
心神耗弱争わず 中大教授刺殺で検察側(産経新聞)
神戸スイーツ最強「定番」を創った時代の寵児 小山進(産経新聞)
共産党トップと駐日米大使、初の公式会談(読売新聞)
AD