【アジア総局】タイ・バンコクでの軍・警察部隊とデモ隊の衝突で死亡したロイター通信の日本人カメラマン、村本博之さん(43)の妻恵美子さんら遺族は11日深夜、バンコクに到着、12日に市内の病院で遺体と対面した。

 「あの笑顔で『ただいま』と帰れなかったことがとても残念です」

 恵美子さんはバンコク到着後にコメントを発表。機内でしたためたメモを、ロイターの同僚男性が涙で声を詰まらせながら代読した。恵美子さんは「急なことでどうしたらよいか、戸惑うことばかりです」と動揺を隠せず、「彼は私たち家族にとって最高の夫、最高の父親でした」と亡き夫を悼んだ。

    ◇

 ロイター日本支局のネルソン・グレイブス編集局長は11日、成田空港で報道陣の取材に応じ、村本さんの死亡について「15年にわたりロイターに尽くしてくれたジャーナリストを失い、社は悲しみに沈んでいる。タイ政府も今回の事件を深刻に受け止め、今後の調査に力を注ぐと約束してくれている」と沈痛な表情で語った。

 同社では紛争などの危険が予想される取材の際には防弾チョッキの着用を義務付けている。グレイブス編集局長は「今回は写真で見る限り着用していなかったとみられる。その理由はわからない」と述べた。【斎川瞳】

 ◇殺人容疑で捜査 警視庁

 村本さんの死亡について警視庁組織犯罪対策2課は、刑法の「国外犯規定」を適用して殺人容疑で捜査する方針を決めた。今後、村本さんが銃撃を受けた際の状況についてタイの警察当局と協力しながら調べを進める。

<飛行船>東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)
「普天間」見通し立たず=鳩山首相、核サミットへ12日出発(時事通信)
【風】「高校、義務教育ではない」(産経新聞)
シカ被害 山林食害は古着で撃退 山梨の農家(毎日新聞)
星川清司さん、08年に死去=実は5歳年長で直木賞受賞最高齢に(時事通信)
AD