GTZ&RSのブログ

GT-Z&RSでは、コンピュータ関連情報や地域情報を中心に発信しています。


テーマ:

第48回衆議院総選挙
小選挙区・新潟県(投開票日:2017年(平成29年)10月22日(日))
 (定数:6名/立候補者数:15名,有権者数:1,940,512名/投票率:62.56%)

  1. 1区:西村 智奈美(50歳):128,045票:立憲民主党:当選5回(前)
  2. 2区:鷲尾 英一郎(40歳):92,890票:無所属:当選5回(前)
  3. 3区:黒岩 宇洋(51歳):87,638票:無所属:当選3回(前)
  4. 4区:菊田 真紀子(47歳):108,727票:無所属:当選5回(前)
  5. 5区:泉田 裕彦(55歳):89,546票:自由民主党:当選初
  6. 6区:高鳥 修一(57歳):90,952票:自由民主党:当選4回(前)

北陸信越比例区
  • 1区:石﨑 徹(33歳):自由民主党:当選3回(前)
  • 2区:細田 健一(53歳):自由民主党:当選3回(前)
  • 3区:斎藤 洋明(40歳):自由民主党:当選3回(前)


第47回衆議院議員総選挙≫

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上越・北陸新幹線のあゆみ

上越新幹線・北陸新幹線の年表
1970年(S45年)5月18日全国新幹線鉄道整備法(昭和45年5月18日・法律第71号)の公布(佐藤榮作内閣総理大臣)
1971年(S46年)1月18日上越全国新幹線鉄道整備法・第4条(基本計画)の規定により東北新幹線及び成田新幹線と合わせて建設をすべき新幹線となる(運輸省告示第17号)。
1971年(S46年)10月14日上越運輸大臣が、日本国有鉄道及び日本鉄道建設公団に工事計画を認可。
1971年(S46年)11月28日上越上越新幹線着工。
1972年(S47年)7月3日北陸北陸新幹線の東京都-大阪市間の基本計画告示(運輸省告示第243号)。
1979年(S54年)1月25日上越大清水トンネル完成(全長:22,221m)
1982年(S54年)3月17日上越中山トンネル完成(全長:14,857m)。日本初の新オーストリアトンネル工法(NATN)。
1982年(S57年)11月15日上越大宮駅~新潟駅間開業(303.6営業㎞/269.5実㎞)。
1985年(S60年)3月14日上越上越新幹線が、東北新幹線と共に上野駅まで延伸開業。
1987年(S62年)4月1日日本国有鉄道を分割・民営化。
1989年(H元年)8月2日北陸北陸新幹線(高崎-軽井沢間)着工。
1990年(H2年)6月20日上越上越新幹線(新幹線200系F90編成)が、最高速度275㎞/h(一部の下り線のみ)で営業運転を開始(当時、国内営業最高速度)
1991年(H3年)6月20日上越上越新幹線が、東北新幹線と共に東京駅まで延伸開業(333.9営業㎞/300.8実㎞)。
1991年(H3年)9月4日北陸北陸新幹線(軽井沢-長野間)着工。
1997年(H9年)10月1日北陸北陸新幹線(高崎-長野間)開業(222.4営業㎞/226.0実㎞(東京駅から))。
1998年(H10年)2月7日北陸新幹線200系F17編成(12両)がF80編成(240㎞/h運転対応)に改造されて、北陸新幹線に乗り入れ。
2014年(H26年)3月15日北陸新幹線E7系(12両編成)が東京-長野間で営業運転開始。
2015年(H27年)3月14日北陸北陸新幹線が、金沢駅まで延伸開業(450.5営業㎞/454.1実㎞(東京駅から))。

    上越新幹線
  • 区間:大宮駅-新潟駅(303.6営業㎞/269.5実㎞)
  • 駅数:10駅
  • 最高速度:240㎞/h
  • 開業時車輌:新幹線200系・『あさひ』/『とき』
    北陸新幹線
  • 区間:高崎駅-金沢駅(345.5営業㎞/345.5実㎞)
  • 駅数:13駅
  • 最高速度:260㎞/h
  • 開業時車輌:新幹線E2系・『あさま』


全国新幹線鉄道整備法

全国新幹線鉄道整備法(昭和45年5月18日・法律第71号)

  第一章 総則

 (定義)
 第2条  この法律において『新幹線鉄道』とは、その主たる区間を列車が200キロメートル毎時以上の高速度で走行できる幹線鉄道をいう。
 第2条  この法律において『新幹線鉄道』とは、その主たる区間を列車が200キロメートル毎時以上の高速度で走行できる幹線鉄道をいう。

-中略-

 (新幹線鉄道の建設及び営業)
 第4条  新幹線鉄道の建設は、日本国有鉄道又は日本鉄道建設公団が行なうものとし、その営業は、日本国有鉄道が行なうものとする。

  第二章 新幹線鉄道の建設

 (基本計画)

 第4条  国土交通大臣は、鉄道輸送の需要の動向、国土開発の重点的な方向その他新幹線鉄道の効果的な整備を図るため必要な事項を考慮し、政令で定めるところにより、建設を開始すべき新幹線鉄道の路線(以下『建設線』という。)を定める基本計画(以下『基本計画』という。)を決定しなければならない。
 第5条  運輸大臣は、鉄道輸送の需要の動向、国土開発の重点的な方向その他新幹線鉄道の効果的な整備を図るため必要な事項を考慮し、政令で定めるところにより、建設を開始すべき新幹線鉄道の路線(以下『建設線』という。)を定める基本計画(以下『基本計画』という。)を決定しなければならない。

-中略-

 (整備計画)

 第7条  国土交通大臣は、第5条第1項の調査の結果に基づき、政令で定めるところにより、基本計画で定められた建設線の建設に関する整備計画(以下『整備計画』という。)を決定しなければならない。
 第7条  運輸大臣は、政令で定めるところにより、基本計画で定められた建設線の建設に関する整備計画(以下『整備計画』という。)を決定しなければならない。


※赤字で記載したものは、昭和45年法律第71号公布時の原始条文である。
全国新幹線鉄道整備法

AD
いいね!した人

テーマ:

この歳になると、自分自身の努力だけでは、如何にも成らないことが多く、如何しても他力本願になります。

今年は、少し生活を変化させる為の活動をしても良い様です。
(少しだけ頑張ってみようと思います。)

厄年

西暦
年号
前厄本厄後厄
2017年
平成29年
1994年
平成6年生
(24歳)
戌(いぬ)
1993年
平成5年生
(25歳)
酉(とり)
1992年
平成4年生
(26歳)
申(さる)
1977年
昭和52年生
(41歳)
巳(へび)
1976年
昭和51年生
(42歳)
辰(たつ)
1975年
昭和50年生
(43歳)
1958年
昭和33年生
(60歳)
戌(いぬ)
1957年
昭和32年生
(61歳)
酉(とり)
1956年
昭和31年生
(62歳)
申(さる)
西暦
年号
前厄本厄後厄
2017年
平成29年
2000年
平成12年生
(18歳)
辰(たつ)
1999年
平成11年生
(19歳)
1998年
平成10年生
(20歳)
1986年
昭和61年生
(32歳)
1985年
昭和60年生
(33歳)
1984年
昭和59年生
(34歳)
子(ねずみ)
1982年
昭和57年生
(36歳)
戌(いぬ)
1981年
昭和56年生
(37歳)
酉(とり)
1980年
昭和55年生
(38歳)
申(さる)
1958年
昭和33年生
(60歳)
戌(いぬ)
1957年
昭和32年生
(61歳)
酉(とり)
1956年
昭和31年生
(62歳)
申(さる)

男女共の厄
西暦
年号
前厄本厄後厄
2017年
平成29年
2012年
平成24年生
(6歳)
辰(たつ)
2011年
平成23年生
(7歳)
2010年
平成22年生
(8歳)
2003年
平成15年生
(15歳)
未(ひつじ)
2002年
平成14年生
(16歳)
2001年
平成13年生
(17歳)
巳(へび)
1967年
昭和42年生
(51歳)
未(ひつじ)
1966年
昭和41年生
(52歳)
1965年
昭和40年生
(52歳)
巳(へび)
1949年
昭和24年生
(69歳)
1948年
昭和23年生
(70歳)
子(ねずみ)
1947年
昭和22年生
(71歳)

八方塞がり(男女共)
西暦
年号
前厄本厄後厄
2017年
平成29年
2009年
平成21年生
(9歳)
2008年
平成20年生
(10歳)
子(ねずみ)
2007年
平成19年生
(11歳)
2000年
平成12年生
(18歳)
辰(たつ)
1999年
平成11年生
(19歳)
1998年
平成10年生
(20歳)
寅(とら)
1991年
平成3年生
(27歳)
未(ひつじ)
1990年
平成2年生
(28歳)
1989年
平成元年生
(29歳)
巳(へび)
1982年
昭和57年生
(36歳)
戌(いぬ)
1981年
昭和56年生
(37歳)
酉(とり)
1980年
昭和55年生
(38歳)
申(さる)
1973年
昭和48年生
(45歳)
1972年
昭和47年生
(46歳)
子(ねずみ)
1971年
昭和46年生
(47歳)
1964年
昭和39年生
(55歳)
辰(たつ)
1963年
昭和38年生
(55歳)
1962年
昭和37年生
(56歳)
寅(とら)
1955年
昭和30年生
(63歳)
未(ひつじ)
1954年
昭和29年生
(64歳)
1953年
昭和28年生
(65歳)
巳(へび)
1946年
昭和21年生
(74歳)
戌(いぬ)
1945年
昭和20年生
(73歳)
酉(とり)
1944年
昭和19年生
(74歳)
申(さる)

本来は、自分自身の心の持ち様だとは思いますが、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を送ることも良いかも知れません。

前年の神事・祭事はこちら≫

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

監視、断続的業務について労働時間の規制を回避する『適用除外申請』
1.労働時間の解釈|一般論と『待ち時間・休憩時間』
2.監視・断続的労働|労働基準監督署の適用除外許可申請
3.監視・断続的業務の該当性判断
4.監視・断続的労働の具体例|該当する典型業務
5.監視・断続的労働の具体例|該当しない典型業務
6.部分的な監視・断続的業務
7.監視・断続的労働|許可未了の場合
8.監視・断続的労働の『適用除外』が許可されても『不利益変更』に抵触する場合
9.『適用除外』が許可されても所定労働時間超過分の割増賃金は発生
10.『適用除外』が許可されても『深夜手当』は適用


 1.労働時間の解釈|一般論と『待ち時間・休憩時間』
  • 守衛、メーター監視及び寮などの住込み管理人などの業務は、常態的に精神的緊張が少ない、或いは常態的に手待ち時間が長い為、法定労働時間が適用されません。
  • これは、これらの業務に従事する者は、一般的な業務に従事する者に比べて労働の密度が低いと解され、一般的な『1日8時間以内、1週40時間以内』と言う尺度での労働対価を算定するのは適切ではないと言う考え方によるものです。
  • 労働基準法(昭和22年4月7日・法律第49号)
     (労働時間)
     第32条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
     ○2  使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。
  • 監視に従事する者とは、
    • 一定部署に所属。
    • 主な業務が監視。
    • 常態として身体的又は精神的緊張が少ない。
    ※昭和22年9月13日・基発17号、昭和63年3月14日・基発150号
  • 断続的労働に従事する者とは、
    • 休憩時間は少ないが、手待ち時間が多い。
    ※昭和22年9月13日・基発17号、昭和23年7月20日・基収2483号、昭和63年3月14日・基発150号
  • 手待ち時間とは、勤務時間ではあるが直ちに行うべき仕事が無く、その仕事の発生を待っている時間です。
  • 休憩時間とは、労働者が権利として労働から離れることを保障されている時間であって、労働者が自由に利用できる時間です。
    すなわち、使用者の指揮命令下にない時間であり、給与などの支給はありません。
  • 休息時間とは、法律等に定めが無い為、会社等が任意に就業規則に規定したり、又は運用上で休息時間を設けたりする場合があります。
  • 労働基準法(昭和22年4月7日・法律第49号)
     (休憩)
     第34条  使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
     ○2  前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
     ○3  使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。
  • 監視に従事する者断続的労働に従事する者
    火の番、門番、守衛、
    水路番、メーター監視など。
    役員など専属の自動車運転者、
    製パン業の仕込及び分割整形工程の業務、並びに、焙焼工程の業務、
    修繕担当、貨物の積卸、寄宿舎の賄人、
    鉄道踏切番(1日当たり10往復程度以下)など
    警備業務は、実態に即して判断する。
  • 労働基準法(昭和22年4月7日・法律第49号)
     (労働時間等に関する規定の適用除外)
     第41条  この章、第6章及び第6章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。
     一  別表第1第6号(林業を除く。)又は第7号に掲げる事業に従事する者
     二  事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
     三  監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

 2.監視・断続的労働|労働基準監督署の適用除外許可申請
  • 監視又は断続的労働に従事する者は、常態的に精神的緊張が少ない、或いは常態的に手待ち時間が長いとは言うものの、勤務時間内は時間的な拘束があります。
  • したがって、勤務時間内は勤務場所を離れることは出来ないものの、直ちに行うべき具体的な業務が無い時間は、仮眠を取っても良いし、ラジオ・テレビ等の視聴をしていても差し支えないものと解されます。
  • この様な監視又は断続的労働については、労働時間・休憩時間の規制の適用から除外する制度があります。
  • これを『監視又は断続的労働の『適用除外許可』制度』と言い、概要は次の通りです。
    対象業務監視・断続的労働に該当する業務
    手続き労働基準監督署の許可
    効  果
  • すなわち、ある・・業務を監視又は断続的労働の『適用除外』とする場合は、所定の手続きに拠り労働基準監督署の許可が必要となります。
  • なお、該当するある・・業務を途中から監視又は断続的労働の『適用除外』とする場合は、労働者の不利益変更禁止の原則から、対象となる労働者全員の了承を得ることが必要です。
  • ※最低賃金
    最低賃金法(昭和34年4月15日・法律第137号)
     (目的)
     第1条  この法律は、賃金の低廉な労働者について、賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り、もつて、労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び事業の公正な競争の確保に資するとともに、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

 3.監視・断続的業務の該当性判断
  • 監視・断続的労働に該当する業務とは、次の業務です。
  • 監視に従事する者とは、
    • 一定部署に所属。
    • 主な業務が監視。
    • 常態として身体的又は精神的緊張が少ない。
    ※昭和22年9月13日・基発17号、昭和63年3月14日・基発150号
  • 断続的労働に従事する者とは、
    • 休憩時間は少ないが、手待ち時間が多い。
    ※昭和22年9月13日・基発17号、昭和23年7月20日・基収2483号、昭和63年3月14日・基発150号
  • なお、実際の業務内容が上記の業務に該当しない場合は、『監視又は断続的労働の『適用除外許可』制度』の許可は受けられません。
  • また、『監視又は断続的労働の『適用除外許可』制度』の許可を受けたとしても、実際の業務が上記の範囲から逸脱している場合は『適用除外』にはなりません。

 4.監視・断続的労働の具体例|該当する典型業務

    AD
    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    現新潟県知事の任期満了が10月24日(Mon)に迫った新潟県知事選挙の投開票が行われました。

    今回の新潟県知事選挙では、現職の泉田裕彦氏が不出馬となった為、新人4人の争いとなりましたが、実質的には原子力発電を推進したい森民夫氏と、慎重な米山隆一氏の一騎打ちと言ったところでしょうか。

    米山隆一  528,455票
    森民夫  465,044票
    後藤浩昌  11,086票
    三村誉一  8,704票
    ※当日有権者数:1,944,049人 最終投票率:53.05%(前回比:+9.1ポイント)

    なお、公職選挙法・第92条(供託)では、公職選挙に立候補する場合は、供託金(300万円)を供託しなければならず、一定の有効得票を得られないと没収(有効得票数の10%)となります。

    公職選挙法(昭和25年4月15日・法律第100号/改正平成28年5月27日・法律第49号)

     (選挙権)
    第9条  日本国民で年齢満18年以上の者は、衆議院議員及び参議院議員の選挙権を有する。
     2 日本国民たる年齢満18年以上の者で引き続き3箇月以上市町村の区域内に住所を有する者は、その属する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する。

     (被選挙権)
    第10条 日本国民は、左の各号の区分に従い、それぞれ当該議員又は長の被選挙権を有する。
     ~途中省略~
     四 都道府県知事については年齢満30年以上の者

     (供託)
     第92条 町村の議会の議員の選挙の場合を除くほか、第86条第1項から第3項まで若しくは第8項又は第86条の四第1項、第2項、第5項、第6項若しくは第8項の規定により公職の候補者の届出をしようとするものは、公職の候補者一人につき、次の各号の区分による金額又はこれに相当する額面の国債証書(その権利の帰属が社債、株式等の振替に関する法律(平成13年・法律第75号)の規定による振替口座簿の記載又は記録により定まるものとされるものを含む。以下この条において同じ。)を供託しなければならない。
     ~途中省略~
     四 都道府県知事の選挙           300万円

     (公職の候補者に係る供託物の没収)
     第93条 第86条第1項から第3項まで若しくは第8項又は第86条の四第1項、第2項、第5項、第6項若しくは第8項の規定により届出のあつた公職の候補者の得票数が、その選挙において、次の各号の区分による数に達しないときは、前条第1項の供託物は、衆議院(小選挙区選出)議員又は参議院(選挙区選出)議員の選挙にあつては国庫に、都道府県の議会の議員又は長の選挙にあつては当該都道府県に、市の議会の議員又は長の選挙にあつては当該市に、町村長の選挙にあつては当該町村に、帰属する。
     ~途中省略~
     四 地方公共団体の長の選挙        有効投票の総数の十分の一

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    この歳になると、自分自身の努力だけでは、如何にも成らないことが多く、如何しても他力本願になります。

    今年は、少し生活を変化させる為の活動をしても良い様です。
    (少しだけ頑張ってみようと思います。)

    厄年

    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2016年
    平成28年
    1993年
    平成5年生
    (24歳)
    申(さる)
    1992年
    平成4年生
    (25歳)
    1991年
    平成3年生
    (26歳)
    未(ひつじ)
    1976年
    昭和51年生
    (41歳)
    辰(たつ)
    1975年
    昭和50年生
    (42歳)
    1974年
    昭和49年生
    (43歳)
    寅(とら)
    1957年
    昭和32年生
    (60歳)
    酉(とり)
    1956年
    昭和31年生
    (61歳)
    申(さる)
    1955年
    昭和30年生
    (62歳)
    未(ひつじ)
    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2016年
    平成28年
    1999年
    平成11年生
    (18歳)
    1998年
    平成10年生
    (19歳)
    1997年
    平成9年生
    (20歳)
    1985年
    昭和60年生
    (32歳)
    1984年
    昭和59年生
    (33歳)
    1983年
    昭和58年生
    (34歳)
    1981年
    昭和56年生
    (36歳)
    酉(とり)
    1980年
    昭和55年生
    (37歳)
    申(さる)
    1979年
    昭和54年生
    (38歳)
    未(ひつじ)
    1957年
    昭和32年生
    (60歳)
    酉(とり)
    1956年
    昭和31年生
    (61歳)
    申(さる)
    1955年
    昭和30年生
    (62歳)
    未(ひつじ)

    男女共の厄
    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2016年
    平成28年
    2011年
    平成23年生
    (6歳)
    2010年
    平成22年生
    (7歳)
    寅(とら)
    2009年
    平成21年生
    (8歳)
    2002年
    平成14年生
    (15歳)
    2001年
    平成13年生
    (16歳)
    巳(へび)
    2000年
    平成12年生
    (17歳)
    1966年
    昭和41年生
    (51歳)
    1965年
    昭和40年生
    (52歳)
    巳(へび)
    1964年
    昭和39年生
    (52歳)
    1948年
    昭和23年生
    (69歳)
    1947年
    昭和22年生
    (70歳)
    1946年
    昭和21年生
    (71歳)

    八方塞がり(男女共)
    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2016年
    平成28年
    2008年
    平成20年生
    (9歳)
    2007年
    平成19年生
    (10歳)
    2006年
    平成18年生
    (11歳)
    1999年
    平成11年生
    (18歳)
    1998年
    平成10年生
    (19歳)
    寅(とら)
    1997年
    平成9年生
    (20歳)
    1990年
    平成2年生
    (27歳)
    1989年
    平成元年生
    (28歳)
    巳(へび)
    1988年
    昭和63年生
    (29歳)
    1981年
    昭和56年生
    (36歳)
    酉(とり)
    1980年
    昭和55年生
    (37歳)
    申(さる)
    1979年
    昭和54年生
    (38歳)
    未(ひつじ)
    1972年
    昭和47年生
    (45歳)
    1971年
    昭和46年生
    (46歳)
    1970年
    昭和45年生
    (47歳)
    1963年
    昭和38年生
    (55歳)
    1962年
    昭和37年生
    (55歳)
    寅(とら)
    1961年
    昭和36年生
    (56歳)
    1954年
    昭和29年生
    (63歳)
    1953年
    昭和28年生
    (64歳)
    巳(へび)
    1952年
    昭和27年生
    (65歳)
    1945年
    昭和20年生
    (74歳)
    酉(とり)
    1944年
    昭和19年生
    (73歳)
    申(さる)
    1943年
    昭和18年生
    (74歳)
    未(ひつじ)

    本来は、自分自身の心の持ち様だとは思いますが、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を送ることも良いかも知れません。

    前年の神事・祭事はこちら≫

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    成行注文(なりゆき)とは、今直ぐに売買したい場合に行う注文方法。
    ただし、スリッページ(slippage)に注意!!
    スリッページとは、画面表示されているレートと約定レート(やくじょう)の差を言う。
    スリッページは、FX証券会社の約定力によって異なる。

    (例)スプレッド手数料スリッページ取引コスト
    1.4pips00.0   1.4銭(有利)
    1.0pips(有利)02.0×2   5.0銭(不利)

    スプレッド(spread)とは、売値と買値の価格差のこと。
    このスプレッドは、値が小さいほど良い(低コスト)。
    スプレッド=|Ask(買値)Bid(売値)|
    単位は、pip又はポイント(銭)であり、1~3が普通である。
    1円=100銭=100pips=100ポイント

    取引コストスプレッド+手数料+スリッページ

    ◇◆◇概況◇◆◇
    21日(金)の21時頃からドル安傾向となり、25時頃に76.092円の最安値が表示される。
    その後、ドル高傾向となり、26時頃に76.261円を表示する。
    その後、再度ドル安傾向となり27時30分頃に、再びボットムとなった様である。

    この場合、約1時間で、0.169円の差があり、10,000ドル(1通貨単位)では、\1,690円の差益となる。

    なお、FXの取引時間は、次のとおりである。
    日本時間の月曜日の午前7時~土曜日の午前7時までサマータイム時以外
    日本時間の月曜日の午前6時~土曜日の午前6時までサマータイム実施時期中
    (3月の第2日曜日~11月の第1日曜日)
     ・ウェリントン市場(最早)⇒東京⇒ロンドン⇒ニューヨーク(最遅)

    FX入門≫

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    FX(Foreign eXchange,外国為替証拠金取引)

    証拠金をFX証券会社に預託して、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引のこと。
    すなわち、FXは、為替自体(外国為替取引)が、2種類の通貨(2国間で通貨を交換する取引)の交換比率を表している。

    ※円高で外貨を買い、円安で外貨を売って、利益を得る。

    ※ドル高でドルを売り(Bid)、ドル安でドルを買って(Ask)、利益を得る。

    ※基軸通貨はUSドルであるから、USドルで考えること。

    こだわりは独断専行であり、レアもの狙いは機会喪失である。 ≫

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    テーマ:

    この歳になると、自分自身の努力だけでは、如何にも成らないことが多く、如何しても他力本願になります。

    今年は、少し生活を変化させる為の活動をしても良い様です。
    (少しだけ頑張ってみようと思います。)

    厄年

    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2015年
    平成27年
    1992年
    平成4年生
    (24歳)
    申(さる)
    1991年
    平成3年生
    (25歳)
    未(ひつじ)
    1990年
    平成2年生
    (26歳)
    1975年
    昭和50年生
    (41歳)
    1974年
    昭和49年生
    (42歳)
    1973年
    昭和48年生
    (43歳)
    1956年
    昭和31年生
    (60歳)
    申(さる)
    1955年
    昭和30年生
    (61歳)
    未(ひつじ)
    1954年
    昭和29年生
    (62歳)
    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2015年
    平成27年
    1998年
    平成10年生
    (18歳)
    1997年
    平成9年生
    (19歳)
    1996年
    平成8年生
    (20歳)
    子(ねずみ)
    1984年
    昭和59年生
    (32歳)
    子(ねずみ)
    1983年
    昭和58年生
    (33歳)
    1982年
    昭和57年生
    (34歳)
    1980年
    昭和55年生
    (36歳)
    申(さる)
    1979年
    昭和54年生
    (37歳)
    未(ひつじ)
    1978年
    昭和53年生
    (38歳)
    1956年
    昭和31年生
    (60歳)
    申(さる)
    1955年
    昭和30年生
    (61歳)
    未(ひつじ)
    1954年
    昭和29年生
    (62歳)

    男女共の厄
    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2015年
    平成27年
    2010年
    平成22年生
    (6歳)
    2009年
    平成21年生
    (7歳)
    2008年
    平成20年生
    (8歳)
    子(ねずみ)
    2001年
    平成13年生
    (15歳)
    巳(へび)
    2000年
    平成12年生
    (16歳)
    1999年
    平成11年生
    (17歳)
    1965年
    昭和40年生
    (51歳)
    巳(へび)
    1964年
    昭和39年生
    (52歳)
    1963年
    昭和38年生
    (53歳)
    1947年
    昭和22年生
    (69歳)
    1946年
    昭和21年生
    (70歳)
    1945年
    昭和20年生
    (71歳)

    八方塞がり(男女共)
    西暦
    年号
    前厄本厄後厄
    2015年
    平成27年
    2007年
    平成19年生
    (9歳)
    2006年
    平成18年生
    (10歳)
    2005年
    平成17年生
    (11歳)
    1998年
    平成10年生
    (18歳)
    1997年
    平成9年生
    (19歳)
    1996年
    平成8年生
    (20歳)
    子(ねずみ)
    1989年
    昭和64年生
    (27歳)
    1988年
    昭和63年生
    (28歳)
    1987年
    昭和62年生
    (29歳)
    1980年
    昭和55年生
    (36歳)
    申(さる)
    1979年
    昭和54年生
    (37歳)
    未(ひつじ)
    1978年
    昭和53年生
    (38歳)
    1971年
    昭和46年生
    (45歳)
    1970年
    昭和45年生
    (46歳)
    1969年
    昭和44年生
    (47歳)
    1962年
    昭和37年生
    (54歳)
    1961年
    昭和36年生
    (55歳)
    1960年
    昭和35年生
    (56歳)
    子(ねずみ)
    1953年
    昭和28年生
    (63歳)
    巳(へび)
    1952年
    昭和27年生
    (64歳)
    1951年
    昭和26年生
    (65歳)
    1944年
    昭和20年生
    (72歳)
    申(さる)
    1943年
    昭和18年生
    (73歳)
    未(ひつじ)
    /td>
    1942年
    昭和17年生
    (74歳)

    本来は、自分自身の心の持ち様だとは思いますが、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を送ることも良いかも知れません。


    前年の神事・祭事はこちら≫
    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    AD

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。