夢に生きるためのココロとカラダのあり方

自分のやりたい夢にむかって、自分を変えていくために、本気で幸せになるために、ココロとカラダを鍛えていくブログです。どちらかというと私個人の妄想を少しのエロをスパイスにして気ままに書いているブログです。だから、気楽に見てくださいね!


テーマ:
他人のことばの圧力に押されて凹んでしまう。
やっぱり自分はダメな人間なのかもしれない。

何度もそう思うことがある。

自分や身内がいかに素晴らしいかを自慢気に語る人がいる。

それを聞いて自分と比較すると、なんて自分はダメな人間なんだと思う。
自分には素晴らしいところ自慢できるところなど1つもないと思う。

その人の自慢話は一体何のために話しているのだろう。

話している本人の気持ちはおさまるかもしれない。
でも、言われた側は心穏やかでいられない。

うわさ話も気持ちを惑わす。

本人は軽い気持ちでも言われた本人にとっては重要だ。
ましてや本人の前で言うならまだいいがヒソヒソ話は冷たさがある。

本当は他人のことばなんて気にしなければいい。

そうしたいがそうもいかない。

人の気持ちはいつも気になる。

いつも他人の気持ち、つまり他人のことばが気になる。

本当はそんなことば気にしなければいい。
もっと自分自身を信じていけばいい。

でもなかなか自分に自信をつけるのはむずかしい。

そんな中他人の強いことばが私の心を占拠する。
他人の発したことばに反応して、あっちへフラフラこっちへフラフラ。
気持ちが定まらない自分がいる。





ペタしてね
AD
いいね!(30)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
辛いことを感じる時。

つい自分が一番不幸だと思い込んでしまう。

それは真実なのだろうか。

何が不幸か不幸じゃないかというのは人によって大きく違う。

世の中には人間関係の悩みよりも今日食べるものに困っている人もいる。

お金が払えるかどうかよりも今日銃弾が心臓を貫通するかもしれない人もいる。

自分が生きたくても生きていけない環境の人達もいる。


少なくとも今の日本人は幸せである。

多少我慢していけば生命の心配なく暮らしていくことはできる。


でも、つい人を恨んでしまうこともある。

ただそれは、決して自分のためにはならない。

恨んだところで相手を変えることは出来ない。

ただ自ら惨めになり不幸に追い込んでいくだけ。


他人からの責めに対して恨んだり仕返ししようと思うかもしれない。

でもそれではその相手と同類の人間になり下がってしまう。

どんな相手でも恨み仕返ししようとすれば、必ず自分自身に返ってくる。

天に向かってつばを吐く行為だ。


仕返しや恨みは何も生まない。

それよりもそのエネルギーを人を活かすために変換したほうがいい。

それが人のためになることであり結局自分自身のためでもある。


辛いのは自分だけじゃない!


人は常に悩み苦しみ生きている。

誰も完璧なんて生きることは出来ない。

人間自身不完全なものなのだから。


だから辛ければ素直に、

「辛い!」

って言おう。

心ある人は必ず近くにいて助けてくれる。

お互いに助けあいして生きていくのが人間。


いがみ合うのはもうやめて、素直になろう。

所詮生きていられる時間は短い。


誰も得にならない生き方はもうやめよう。


ただ、寛容になることは難しいことかもしれない。

人はそう簡単に素直になれない癖のある生き物。






ペタしてね





AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



「一人で生きていけるから!」


そうやって頑張っている人がいる。
大したものだと私は思う。

でも、本当に一人で生きていけますか?

今のことの世の中、本当に一人では生きていけない。

今食べている食べ物も服も住まいもみんな誰かが作っているもの。
そこには多くの人の手から手へつながって作られたもの。

例えば食べ物も農家の方が作ったものを加工して梱包され輸送されスーパーに並び私達が手にする。
1つのものが手元にくる間にたくさんの人が手間暇をかけている。

一人で生きているつもりでも、人が動かす電車を利用している。
人が作った道路を利用して、人が作った車を使っている。

基本的なことを学ぶために学校で人から教えてもらっている。

人間というのは人なしで生きていけない。

生きているのが当たり前のように思っているけど私達は人によって生かされている。

人はお互いに助け合い生きている。
そうしていなければ生きれない生き物。

だから本当はとても弱い生き物。
たくさんの保護が必要な生き物。


もう一度言います。

本当に一人で生きていけますか?


私達人間は他の生き物を支配しているかのごとく偉そうにしている。

でも、野生生物は1匹でも生きていける。
人間はその足元にも及ばない。

生まれた時から保護が必要で、しかもその保護が一生続く。


人ひとりが、

「頑張る!」

といったところでたかが知れている。

でも、知識は発達した。
そのお陰で現在の近代文明を楽しんでいる。

ただその代償として、何もないところで生きれなくなった。
すべて人工的に作られた場所でしか生きれなくなった。



人は人の力を借りて強くなることができる生き物。
だから素直に人に甘えればいい。

助けが欲しい時には、

「助けて!」

と叫べばいい。

我慢しなくていいし、頑張らなくていい。

人は一人じゃ強くない。


人の心の中は寂しい。
誰でも助けは必要。

一人で生きていける強い人なんかいない。
みんな人の力を必要としている。

甘えることは恥ずかしいことじゃない。
そうしなければ人は生きていけない。

お互いに助け助け合い励まし合って生きていく。

それが本来の人の生き方なんじゃないかと思う。


人が死ぬ時。

一人で死のうとする人もいる。
でも、死んだ後必ず誰かの補助が必要になる。
代々死後の世話が必要になる。

一人で生きると豪語する人も死ねば必ず誰かが後処理をする。

引き継ぎたくなくても後継者はその使命を負う。


人は死ねば誰かの世話にならなければならない。

生まれた時と一緒である。


それがわかれば誰かを傷つけようとか思わないはずだ。

当たり前のように現代の世の中で暮らしていると、本当に大事なものを見失う。
それは、自分の命と他人の命。

お金やモノじゃない。
それらは生きていてはじめて価値のある物となる。

死んでしまえば全てが消えて無となるだけだ。


もう意地張って頑張るのはやめましょう。
もっと他人に委ねれば案外楽に生きられる。

所詮人間なんてそんなもの。
一人で頑張ったところで知れている。
多くの人の力が合わさって力を発揮できるのが人間。


この広い宇宙の中ではその程度の生き方でいい。






AD
いいね!(9)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
まじめに生きていて楽しいですか?

一体誰のためにまじめに生きている。

私自身もそれが正しい生き方と信じている時もあった。
でも、そんな生き方は窮屈でつまらない。

楽しさなど全くない。

いや、でもその時は楽しいと思うこともあった。
でも今思えばそれほどでもない。

本当の楽しさを知らなかった。

自分の人生は他の誰のためでもない。

自分のため。

他人は所詮他人。
肉親でさえ違う人間。
決して交わることはない。

誰かのためと人を背負おうとしてもそんなこと出来ない。
だって人は同じことを考えていない。

人は他人のことをほんの薄っぺらい表面しかわからない。
どんなにわかろうとしても本当の中身はわからない。
なぜなら自分自身のこともよくわかっていないから。

人は本能で生きることを忘れてしまった生き物。

心の奥底へ生き物本来の本能を仕舞いこんでしまった。
それを覆い隠すように何層もの感情を挟み込む。

人はそこからさまざまな感情を表現する。

私達がその人から見る事ができるのは、わずかに表に出ている一面でしかない。

知らない間に私達は自分自身の本性の存在すらどこにしまったのかわからないようになってしまった。

自然に表現しているようで無意識に取り繕う。

まじめに…

という理性がはたらき過ぎるとなおさら自分自身を見失う。


本能を出すことは出来ないにしても、本当の喜びを得ることは出来るかもしれない。

そのためにはアホになること!

考えすぎると理性がはたらく。
物事を頭で考え出す。

すると自分を演技して表現する。
つまり本当の自分が封印されてしまう。

これでは自分らしくない。違和感がある。
本当の自分を出すことが出来なければ本当の喜びは得られない。


失敗したっていいじゃない。
間違っていたなら謝ればいい。

たまには思ったとおりに気持ちをぶつけてみてはどうだろうか。
アホになってやりたいことをしてみてはどうだろうか。

直感的にそうやって動いてみると案外楽しくて充実感がある。
その行動は決して上手くいくとは限らない。
散々な結果になるかもしれない。

ただ心の底から楽しいことができる。

そして何より今までの悩みもアッという間にどこかえ消えてしまう。

どのみち人生は思い通りにならないもの。
だったら時には思いっきりアホになって楽しむのも悪くない。




いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今やらなければならない問題をいくつ抱えているだろうか?

本当は今直ぐやらなきゃならないのに大切に取っておく。
問題を先送りして得なことがあるのだろうか。

「今、忙しいから…」

「後でやるから…」

今、その問題以上に重要なことをしているのだろうか。

何が重要か重要でないか。

それはその後の結果がどうなるかによっても違う。

そんなこと予測できない。

今いいと思っていることも明日には最悪の結果になることもある。

人は失敗もするし忘れる。
間違いを犯すしムダなことをする。

私自身もそんなこと数え上げたらキリがない。
それなのに人の失敗を責める。

「自分だったらそんなことしない!」

そんなことが言えるのだろうか。



今やらなければならないこと。

それはまず自分自身を変えることなのかもしれない。
確立されていないから意志が定まらない。

いろいろなことを後回しにしているのは本当に大事なことをしていない証拠なのかもしれない。

具体的に自分自身をどう変えていけばいいのか。

それは失敗をしないことなんかじゃない。
間違いもしてもいいしムダなことも問題ない。
大事なのはすべての責任を持つということ。
自分の行動、発言、意識すべてに責任を持つ。
素直に自分自身を受け入れる。

これは簡単にできることじゃない。
日々常に自分を見つめることを習慣にする。


もう一つは、

他人を責めない。
自分の行いが完璧でないことを理解すれば他人を責める理由はない。
他人も自分と同様でありすべてが完璧なわけではない。
むしろ人というのは欠陥ばかりだ。
そのことを理解できれば他人のことも受け入れられる。


これもすべて自分自身を見つめることで世界が変わる。
自分の中の視点が変われば、物事の本質を見ることができる。

何が大事か大事でないか。

自分にとってどうか?

今、最も大事なことは何なのか?

その答えが自然と導き出される。



もちろんそんな回りくどいことをしないで直ぐやななければならないことを直感的に決め行動する。
それでもいいだろう。

直感が冴えていればいいが、そうでない時もあるだろう。
思うようにならなくて頭を悩ませることもあるかもしれない。

だからやはりまず、自分自身を知ることが先決だ。
そうすれば今まで見ることが出来なかった景色が見えてくるだろう。

それは多分今まであなたが想像していた未来かもしれない。




いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。