【ソウル=水沼啓子】韓国の柳明桓外交通商相は20日の会見で、金賢姫元北朝鮮工作員(48)の訪日について「本人の意思を尊重するのがわれわれの立場だ」と述べ、訪日に反対しない方針を明らかにした。

 金元工作員自身は被害者家族に対し「慰労と勇気の言葉を伝えたい」として、訪日を希望しており、中井洽(ひろし)拉致問題担当相が5月中の日本招請に向けて調整を進めていることから、来月にも訪日が実現するとみられる。事件後、金元工作員の海外訪問は初となる。

 金元工作員の来日をめぐり、日本側はすでに外交ルートを通じて韓国側に協力を要請しており、中井氏は今月下旬、訪日の最終調整のために訪韓する計画を進めている。

【関連記事】
金賢姫元工作員の招致で中井国家公安委員長「当然取り調べ」
政府が金元工作員の証言を横田夫妻に伝達 旅券偽造問題で招致は?
【News解説】滋さん「直接会って事実聞きたい」
「待つつらさ、忍苦の河の流れのようだったと思います」 金元工作員の手紙
工作機関改編のたびに…拉致被害者は姿を消した

<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出(スポーツ報知)
<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り-宇宙機構(時事通信)
AD